Byゆき / 最後の更新日時 2020年06月18日

SSD移行ツールが必要とされる理由

パソコンをよく使う人にとっては、ハードディスク(HDD)の交換やアップグレード、OSの移行は珍しいことではありません。

最近、SSDはその優れた性能と手頃な価格で従来のHDDに取って代わる可能性があります。

ますます多くの人々は、SSD移行ツールを使用して古いHDDを新しいSSDに換装したり、小容量SSDを大容量SSDにアップグレードしたりしようとします。

  • クリーンインストールと比べて、SSD移行ツールでHDDのデータをまるごとSSDにクローン、コピーするのは、システムの再構築やアプリケーションの再インストールなどを必要としないため、時間と労力を節約できます。

最高のSSD移行ソフト・紹介

一般に、Samsung(サムスン)やIntel(インテル)などのSSDを購入する時に、SSDメーカーから専用データ移行ソフトウェア「Samsung Data Migration」や「Intel Data Migration Software」も提供されています。

Samsung独自のソフトウェアのダウンロードインテル®データ・マイグレーション・ソフトウェア

それらは独自移行ソフトなので、別のブランドのSSDに対応しません。また、不適切なSSD移行ツールを使用すれば、クローン先のSSDは起動しないことが発生するかもしれません。

そのため、ここでは最高のサードパーティ製SSD移行フリーソフト - AOMEI Partition Assistant Standard無料)を強くお勧めします。

Windows 10/8/7/XP/VistaでAOMEI PA Standard版の「ディスクをコピー」ウィザードを利用してソースディスク(コピー元、HDD)からターゲットディスク(コピー先、SSD)にデータすべてをそのまま、丸ごと移行することができます。

メリット:Kingston SSD、OCZ SSD、SanDisk SSD、Crucial SSDなど、全てのブランドのSSDに対応できるし、操作後、クローンしたSSDが起動できます。

こちらからダウンロード

✂-----------------------------------そのほかのバージョン-------------------------------------✂

割引でAOMEI Partition Assistant StandardをAOMEI Partition Assistant Professional(有料版)にアップグレード(❀おまけ付き)すると、パーティションの分割、HDDの消去、OSのみ移行など、もっと便利かつ高度な機能を使用できます。※注:起動ディスクをMBRからGPTへまたはGPTからMBR/GPTへクローン・コピーする場合にも、アドバンスト版にアップグレードする必要があります。

また、Windows Server 2019、2016、2012(R2)向けServer版、台数無制限のコンピュータで使用可能なUnlimited版と、クライアントに有償技術サービスを提供するIT専門家や技術者向けTechnician版もあります。必要に応じて最適なバージョンを選択してください。異なるバージョンの比較

HDDからSSDに移行する方法

移行を行う前の準備:▶外部ディスク・エンクロージャーまたはSATA-USB変換アダプターを使用してコピー先のSSDをパソコンに接続します。SSDがWindowsに認識されることを確認します。

▶AOMEI Partition Assistant Standardを無料でダウンロードしてインストールします。

▶クローン後、HDDをSSDに交換するためにねじ回しを必要とします。

✍次は、Windows 10で最高のSSD移行ソフト(無料)を使用してHDDからSSDにコピー、クローンする方法を見てみましょう~

  • ステップ 1. AOMEI PA Standardを起動して左側の「全てのツール」⇒「ディスククローン」ウィザードをクリックします。全てのツール

  • ステップ 2. そしてポップアップでこの移行のためのクローン方法を選択します。ディスクのコピー

  • >>ここでは、「ディスクの高速クローン」と「セクタ単位のクローン」2種類のコピー方法を提供します。自分のニーズによってそれらの1つを選択してください。

    ●ディスクの高速コピー:この方法はソースディスク上の使用済み領域だけをクローンします。クローンプロセスにより少ない時間がかかります。

    ●セクタ単位のコピー:これは誤ってフォーマットしてしまったセクターを含むソースディスク上の全てのセクターをクローンするため、より多くの時間がかかります。


  • ステップ 3. 現在のHDDをソースディスクとして選択して「次へ」をクリックします。ソースディスクの選択

  • ステップ 4. SSDをターゲットディスクとして選択して「次へ」をクリックします。ターゲットディスクの選択


  • データをSSDに移行するので、「SSDの性能を最適化」のチェックボックスにチェックを入れてください。

  • ステップ 5. 次はターゲットSSD上のパーティションを編集するための3つのオプションがあります。パーティションサイズをそのまま保持するか、変更するか、好きなようにできます。パーティション編集

  • ステップ 6. ここではクローンしたSSDから起動する方法についての説明は表示されます。読んだ後「適用」⇒「続行」をクリックして操作を実行します。起動方法適用

補足:クローンが完了した後の交換移行が完了した後、まずクローン先のSSDを取り外します。そしてコンピューターをシャットダウンします。今は手動で古いHDDを新しいSSDに交換する時間です。交換を行う前にバッテリーを外す必要があるかもしれません。こういう時、用意したねじ回しを使用してノートパソコンの裏蓋またはPCケースのネジを緩めることができます。

問題があるなら、コンピューターHDD換装についてのスクリーンショットがある詳細な手順をGoogleで検索できます。全ての操作が完了したらクローン先のSSDから起動します。【最新】HDDからSSDに交換・換装!コピー・クローン方法解説!


MBRディスクからGPTディスクに移行する場合、システムのブートモードはUEFIに変更される必要があります。そうしないなら、SSDは正常に起動できないかもしれません。

結論

HDDをSamsung SSDにクローンしても、ntel SSDにクローンしてもAOMEI Partition Assistant Standardは使用可能な素晴らしいSSD移行フリーソフトです。HDDからSSDに移行することだけでなく、SSDからHDDに移行することもできます。