By Akira / 最後の更新 2022年07月18日

実例:クローンしたSSDからWindows10 OSが起動できない

新しいSSDを買って、今の古いHDDを換装しようとしました。HDDからSSDへのシステムクローンは無事に成功したようですが、その後クローンしたSSDからパソコンを起動しても、起動できませんでした。どうすればいいでしょうか?教えてください。

- あるユーザーからの質問

ssd

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)は従来のHDD(ハード・ディスク・ドライブ)よりも優れた特性を持っていることは、ほとんどの人が知っています。HDDと比較して、SSDは、より低い音声でより滑らかに走り、より速いです。したがって、Windowsユーザーの一部は、より良いパフォーマンスを得るために古いHDDをSSDに換装しようとしています。OSの再インストールを避けるために、SSDへのHDDクローンを選択します。しかし、Windows 11/10/8/7でクローンしたSSDは起動しないという大きな問題が早く見つかるでしょう。

起動しないHDD&SSDの故障原因

SSDに換装後、クローンしたSSDから起動できない原因はたくさんあります。ここでいくつかの原因をまとめました:

接続ケーブルの不具合・電力不足

こちらは、外付けHDDが起動しない際に考えられる原因です。

USBに接続した外付けHDDが認識されない場合には、ケーブルやコネクタに問題があるというケースが以外にも多いです。外付けHDDが起動しない際には、まずはケーブルの接続を確認してみてください。

また、特にノートPCをご使用の際には電源不足であることも考えられます。USBポート1つのみでは起動に必要な電力が十分でないため、起動できなくなっている可能性があります。

物理障害

HDDがそもそも認識されない場合には、物理障害の可能性が高いです。

物理障害とは、HDD本体や内部の部品が物理的なダメージを受けていたり、劣化していることを指します。

HDDは、データを記録する精密機械であり、微細な動きをする多くの部品から構成されています。この部品が動作不良や衝撃によるダメージを受けたり、経年劣化により故障するとデータを読み込むことができなくなり、パソコンが起動しないというトラブルに発展してしまいます。

論理障害

パソコンの電源を入れ、メーカーのロゴが表示されるがそれ以上先には進めない、エラーメッセージが表示されるなどの場合、論理障害の可能性が高いです。論理障害とは、HDDを動作させるプログラムに問題が発生することを指します。

解決済み:クローンしたSSDが起動しない

上述のように、クローンしたSSDが起動しない原因はさまざまなので、ここでは問題を効率的に解決するためにさまざまな方法を提供しています。

方法 1. クローンしたSSDをSATAケーブルで正しく取り付ける

ディスククローンソフトウェアは、USBケーブル使用時に外付けSSDが正常に起動することを保証できません。SATAケーブルで接続するのがベストです。

1. USB接続ケーブルの代わりに、SATAケーブルを使用します。

2. SATAケーブルでSSDをパソコンに正しく取り付けます。

SATAケーブル

3. コンピュータケースを閉じ、コンピュータを再起動します。

SSDが起動したら、おめでとうございます。あなたの問題は解決されます。そうでない場合は、方法2を続行してください。

方法 2. 起動順序を変更する

クローンした後、起動順序が正しくないことが原因である可能性があります。したがって、起動モードを変更する必要があります。手順は以下になりまます。

1. PCにSSDが接続していることを確認してください。

2. PCを再起動して、特定のキー(通常はF2、F8、F12、Delキー)を押し続けてBIOSセットアップに入ってください。

3. BIOSセットアップに入ったら、矢印キーを使って「Boot」タブの下の最初の起動順序としてクローンしたドライブを選択してください。

bootモード

方法 3. BIOSでUEFIまたはレガシーから起動するように設定する

GPT HDDをMBR SSDにクローンした場合、またはMBR HDDをGPT SSDにクローンした場合は、ブートモードをUEFIからLegacyまたはLegacyからUEFIに変更する必要があります。間違ったブートモードでは、クローン後にSSDが起動しなくなります。

ブートモードを変更するには、以下を参照してBIOSの設定を行いましょう。

1. 特定のキー(通常はF2、F8、F12、Del)を押し続け、BIOSセットアップに入ります。

2. 次に、矢印キーを使用して「Boot」タブを選択します。ここでは、LegacyまたはUEFIとして「UEFI/BIOS Boot Mode」を選択できます。

bios

方法 4. Windowsの起動環境を修復する

クローンしたドライブもう1つの理由は、MBRエラーです。MBRエラーを解決するには、Windowsシステム修復ディスクを通して回復オプションを使用できます。修復ディスクに入って、「スタートアップ修復」を試してください。それでも動作できない場合、Bootrec.exe(ブート領域の破損でWindowsが起動しない問題を修復できるコマンドです。Windowsが起動できない状態でも、回復環境のコマンドプロンプトから実行することができます。)を試してみてください。回復オプション「コマンドプロンプト」を開いて次のコマンドを順番に入力してください:

bootrec.exe
bootrec.exe /fixmbr
bootrec.exe /fixboot
bootrec.exe /scanos
bootrec.exe /rebuildbcd

修復ディスクがない場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、簡単な手順でMBRエラーを修復できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

1. AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して起動可能なUSBを作成します。インストールされている起動可能なUSBドライブをコンピュータに接続し、起動可能なUSBドライブから起動します。

2. 起動したら、自動的にAOMEI Partition Assistant Professionalのメインインターフェースに入ります。ターゲットドライブを右クリックして、「MBRを再構築」を選択してください。

MBRを再構築

3. OSのMBRの種類を選択してから「はい」をクリックします。

種類を選択

4. ツールバーの「適用」>「続行」をクリックして開始します。

適用

方法 5. HDDからSSDに再クローンする

システムファイルが失われた可能性があります。したがって、システムディスクを他のドライブにクローンするという解決方法もあります。AOMEI Partition Assistant Professionalはいくつかの簡単な手順で、システムディスクをSSD&HDDにコピーするのに役立つツールです。

1. AOMEI Partition Assistant ProfessionalをPCにインストールし、HDDを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

2. 必要に応じて「ディスクの高速クローン」或いは「セクター単位のクローン」を選択します。

ディスクの高速クローン

3. 次に、SSDをターゲットディスクとして選択します。「SSDの性能を最適化」オプションをチェックして、「次へ」をクリックします。

SSDの性能を最適化

4. ターゲットディスクのパーティションを編集できます。または、後でHDDを再分割することもできます。

ディスクを編集

5. クローンドライブから起動する方法についての「注」をご覧になりましたら「完了」をクリックします。

完了

6. 最後に、ツールバーの「適用」>「続行」をクリックして操作を実行します。

適用と続行

結語

この記事では、クローンSSDが起動しないエラーを解決するために有効な、信頼できる5つの方法を集めました。もし解決しなかった場合は、AOMEI Partition Assistantの「MBRを再構築」機能で起動ディスクを修復する必要があるかどうかを検討する必要があります。

Windows Serverユーザーは 、ハードディスクの問題を解決するためにAOMEI Partition Assistant Server版に申し込むことができます。