By Akira / 最後の更新 2022年03月04日

実例:クローンしたSSDからWindows10 OSが起動できない

新しいSSDを買って、今の古いHDDを換装しようとしました。HDDからSSDへのシステムクローンは無事に成功したようですが、その後クローンしたSSDからパソコンを起動しても、起動できませんでした。どうすればいいでしょうか?教えてください。

- あるユーザーからの質問

ssd

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)は従来のHDD(ハード・ディスク・ドライブ)よりも優れた特性を持っていることは、ほとんどの人が知っています。HDDと比較して、SSDは、より低い音声でより滑らかに走り、より速いです。したがって、Windowsユーザーの一部は、より良いパフォーマンスを得るために古いHDDをSSDに換装しようとしています。OSの再インストールを避けるために、SSDへのHDDクローンを選択します。しかし、Windows 11/10/8/7でクローンしたSSDは起動しないという大きな問題が早く見つかるでしょう。

クローンしたドライブが起動できない原因

SSDに換装後、クローンしたSSDから起動できない原因はたくさんあります。ここでいくつかの原因をまとめました:

起動するドライブを間違って設定しました。
起動モードを間違って設定しました。
GPT/MBR競合エラーが発生しました。
クローン作成中にシステムが壊れている可能性があります。
「システムで予約済み」パーティションのクローン作成に失敗しました。
HDDをSSDに交換している間にドライブ文字が変更された可能性があります。これによってブートファイルが失われる可能性があります。

解決済み:クローンしたSSDからWindows10 OSが起動できない

上述のように、クローンしたSSDが起動しない原因はさまざまなので、ここでは問題を効率的に解決するためにさまざまな方法を提供しています。

方法 1. 起動順序を変更する

クローンした後、起動順序が正しくないことが原因である可能性があります。したがって、起動モードを変更する必要があります。手順は以下になりまます。

1. PCにSSDが接続していることを確認してください。

2. PCを再起動して、特定のキー(通常はF2、F8、F12、Delキー)を押し続けてBIOSセットアップに入ってください。

3. BIOSセットアップに入ったら、矢印キーを使って「Boot」タブの下の最初の起動順序としてクローンしたドライブを選択してください。

bootモード

方法 2. BIOSでUEFIまたはレガシーから起動するように設定する

GPT HDDをMBR SSDにクローンした場合、またはMBR HDDをGPT SSDにクローンした場合は、ブートモードをUEFIからLegacyまたはLegacyからUEFIに変更する必要があります。間違ったブートモードでは、クローン後にSSDが起動しなくなります。

ブートモードを変更するには、以下を参照してBIOSの設定を行いましょう。

1. 特定のキー(通常はF2、F8、F12、Del)を押し続け、BIOSセットアップに入ります。

2. 次に、矢印キーを使用して「ブート」タブを選択します。ここでは、LegacyまたはUEFIとして「UEFI/BIOS Boot Mode」を選択できます。

bios

方法 3. Windowsの起動環境を修復する

クローンしたドライブもう1つの理由は、MBRエラーです。MBRエラーを解決するには、Windowsシステム修復ディスクを通して回復オプションを使用できます。修復ディスクに入って、「スタートアップ修復」を試してください。それでも動作できない場合、Bootrec.exe(ブート領域の破損でWindowsが起動しない問題を修復できるコマンドです。Windowsが起動できない状態でも、回復環境のコマンドプロンプトから実行することができます。)を試してみてください。回復オプション「コマンドプロンプト」を開いて次のコマンドを順番に入力してください:

bootrec.exe
bootrec.exe /fixmbr
bootrec.exe /fixboot
bootrec.exe /scanos
bootrec.exe /rebuildbcd

修復ディスクがない場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、簡単な手順でMBRエラーを修復できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

1. AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して起動可能なUSBを作成します。インストールされている起動可能なUSBドライブをコンピュータに接続し、起動可能なUSBドライブから起動します。

2. 起動したら、自動的にAOMEI Partition Assistant Professionalのメインインターフェースに入ります。ターゲットドライブを右クリックして、「MBRを再構築」を選択してください。

MBRを再構築

3. OSのMBRの種類を選択してから「はい」をクリックします。

種類を選択

4. ツールバーの「適用」>「続行」をクリックして開始します。

適用

方法 4. AOMEI Partition AssistantでSSDのクローンを実行する

システムファイルが失われた可能性があります。したがって、システムディスクを他のドライブにクローンするという解決方法もあります。AOMEI Partition Assistant Professionalはいくつかの簡単な手順で、システムディスクをSSD&HDDにコピーするのに役立つツールです。

1. AOMEI Partition Assistant ProfessionalをPCにインストールし、「全てのツール」>「ディスクをコピー」をクリックします。

ディスクをコピー

2. 必要に応じて「ディスクの高速コピー」或いは「セクター単位のコピー」を選択します。

ディスクの高速コピー

3. ソースディスクとしてシステムディスクを選択します。

ソースディスク

4. 宛先ディスクを選択します。ここで「SSDの性能を最適化」オプションをチェックするのがお勧めです。

目標ディスク

5. 宛先ディスクのパーティションを編集できます。または、後でHDDを再分割することもできます。

ディスクを編集

6. クローンドライブから起動する方法についての「注」をご覧になりましたら「完了」をクリックします。

完了

7. 最後に、ツールバーの「適用」>「続行」をクリックして操作を実行します。

適用と続行

結語

SSDに換装とクローンはネット上で公開されている情報を見ながらやれば、パソコンに慣れていないような方でもほぼ実行可能でしょう。しかし、クローンをした後に起動しないとか、SSDがうまく認識されないとか、クローンそのものがうまくいかないなどのトラブルが発生したときに対応ができなくなる可能性が非常に大きいので、実行するかどうかは慎重に判断したほうがいいでしょう。万が一、クローンしたSSDが起動しないことにあったら、この記事で紹介した方法で解決してみましょう。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較