ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年10月20日

「AOMEI」という名前をクリックすると、他のディスク管理についての文章を読めます。問題があれば、こちらへどうぞ!

お使いのSSDが破損している、正常に機能しない、または正常に応答しない場合は、この記事の方法に従うか、SSD修復用のフリーソフトを試してSSDドライブを修復します。

SSDにエラーがあれば、どうしますか?

SSDは、既存のHDDに比べ高速で消費電力が低く、発熱が少なく耐衝撃性に優れ、軽量で動作音も発生しないです。SSDの価格性能比は年々向上しているため、2019年現在、少なくともPC市場においてはHDDとSSDを同時に搭載する機種が主流となっています。

ただし、耐衝撃性に優れていますが、損傷を受ける可能性もあります。こんな場合、万が一のために、SSD修復ツールが必要となっていると思います。

SSDにはエラーが発生したら、どうすればよいでしょうか。心配しないでください!以下の内容を参照してください。

●症状1. 読めないデータファイルがある

システム内のファイルを読み取れないなら、データが不良セクタのあるSSDに保存しているかもしれません。こんな場合、SSDから何かも読み取れません。

●症状2. 修復するファイルシステムがある

下記に示されているように、WindowsのBoot BCDエラーが表示されると、SSDに不良セクタがあるかインターフェイスに問題がある可能性があります。このような場合、オペレーティングシステムによってパソコン内蔵修復ツールも違います。その対応のツールを使用してファイルシステムを修復してみます。

Windowsエラーメッセージ

●症状3. 起動中にWindowsが頻繁にクラッシュする

SSDドライブにインストールされたシステムが起動中に頻繁にクラッシュし、リセットキーを使用した後もクラッシュするなら、SSDの寿命に迫っていくかもしれません。

●症状4. SSDドライブが読み取り専用になる

SSDが読み取り専用モードになっていて書き込み操作を拒否しているのに、手動でディスクを読み取り専用に設定していない場合は、SSDが破損している可能性があります。

●症状5. SSDドライブの動作が遅い

お使いのSSDの動作が遅いなら、SSDはおそらく傷つきます。

WindowsPCで破損したSSDを修復!

もし上記の症状のいずれかにイライラしているなら、プロのSSD修復ツールを使用する前に、まず次の3つの方法を試すことができます。

    ※ 注意:

    ● 破損したSSDに大切なデータがあれば、後の操作を実行する前にデータ復元ソフトを使用してデータを回復することをお勧めします。

    ● 現在のPC上のデータを読み取れないなら、このSSDを別のPCに接続してください。

方法 1. 動作していないSSDのファームウェアを更新する

まず、SSDのモデルを確認します。ファイルエクスプローラを開き、エラーのあるSSDを右クリックし、「プロパティ」→「ハードウェア」タブをクリックします。その後、SSDメーカーの名前が表示されます。

SSDの製造メーカーがわかったら、特定のSSDファームウェアアップデートツールをオンラインで検索、ダウンロード、インストールします。

そして、SSDファームウェアアップデートツールを実行し、SSDのファームウェアバージョンを確認してください。ヒントに従ってファームウェアのアップデートを実行します。

方法 2. ドライバを更新してSSDを修復する

まず、「スタート」ボタンをクリックし「検索」ボックスに「デバイスマネージャ」と入力し、Enterキーを押して開きます。

次に、「ディスクドライブ」をクリックして展開し、SSDドライバを右クリックして「ドライバーの更新」を選択します。(ステップ2)

処理が完了したら、コンピュータを再起動します。

または、ステップ2で「デバイスのアンインストール」を選択してからコンピュータを再起動し、ディスクドライバが自動的に再インストールされます。

方法 3. CHKDSKを実行してSSDの不良セクタをチェックして修復する

まず、「スタート」ボタンをクリックし、検索バーに「cmd」と入力して「cmd.exe」を右クリックし、「管理者として実行」を選択し、「コマンドプロンプト」画面を開きます。

次に、コマンドプロンプト画面で、「chkdsk g: /f /r /x」と入力してEnterキーを押します。(「g」を破損したSSDのドライブ名に置き換えてください。)

これで、ターゲットSSDのディスクエラーをスキャンし、エラーがあれば修復できます。

[超簡単]SSD修復フリーソフトでエラーを効率よく修復!

上記の方法のほかに、AOMEI Partition Assistant Standard版のようなサードパーティ製のSSD修復ツールを利用することもできます。このフリーソフトは、破損したSSDを修復するのに役立つ4つのオプションを提供しています。

1. パーティションエラーをチェック

CHDDSKコマンドを実行してSSDエラーをチェックして修復できない場合は、このソフトウェアを使用してSSD不良セクタを修復できます。

ステップ 1. このSSD修復フリーソフトをPCにダウンロード、インストール、実行します。SSDを右クリックして、「詳細処理」→「パーティションをチェック」を選択します。

詳細処理

ステップ 2. 表示された方法から1つを選んでパーティションエラーをチェックしてください。ここで一番目のオプションを選びます。これで不良セクタをチェックするだけでなく、エラーを修正することもできます。

不良セクタをチェックしてエラーを修正

ステップ 3. チェック、修復の完了まで少々待って下さい。

この方法でパーティションエラーをチェックすることができますが、SSDを右クリックして 「不良セクタをチェック」を選択してディスクエラーをチェックすることもできます。

不良セクタをチェック

2. 破損したSSDを再フォーマット

データを別のディスクに移行してから完全フォーマットを実行すると、破損したSSDドライブを修復することができます。特に、SSDがファイルシステムの破損により書き込み禁止になっている場合。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standard版を実行します。SSDの任意のパーティションを右クリックして、「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

ステップ 2. 必要の応じてファイルシステムを選択して、「はい」をクリックします。

ファイルシステムを選択

ステップ 3. 適用」をクリックして保留中の操作を確定します。

破損したSSDを再フォーマット

3. SSDのMBRを再構築

SSDドライブのMBRが破損すると、その中に保存されているデータへのアクセスも失われます。その後、AOMEI Partition Assistant Pro版を介してMBRを簡単に再構築できます。

※ 注意:この機能を使用すると、Pro版にアップグレードする必要にあります。ここでProの体験版を無料ダウンロードして試してみましょう。

ステップ 1. 表示されたメインインターフェイスで、SSDドライブを右クリックして「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

ステップ 2. 現在のオペレーティングシステムに適したMBRタイプを選択し、「はい」をクリックします。

オペレーティングシステムに適したMBRタイプを選択

ステップ 3. 適用」→「続行」をクリックして、保留中の操作を確定します。

SSDのMBRを再構築

4. SSDを完全消去

上記のすべての方法で破損したSSDドライブを修復できないなら、SSDを完全消去してみてください。この方法でSSDを修復してしまうユーザが多いです。幸いなことに、AOMEI Partition Assistant Pro版はそのような機能を提供します。つまり、「SSDの完全消去」機能です。これでターゲットSSD上のすべてのデータを完全に消去することができます。

SSDを完全消去

ここまでSSDの修復方法を紹介してしました!複数の方法がありますから、読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。パソコン内蔵ツールでも専門的な修復ソフトでも、エラーを修復できればいいと思います。パソコン上級者なら、どちらも大丈夫だと思います。パソコン初心者なら、多分その強力なSSD修復ソフトを使用する方が簡単かつ効果的です。

とにかく、ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!