By AOMEI / 最後の更新 2021年05月11日

SSDからSSDへ移行を行う原因とは?

サムスンとインテルの製品をはじめ、SSDは従来のHDDを置き換え、ますます多くPCのブートデバイスになり続けています。初期のSSDは小容量なのに値段が高いです。一部のユーザーがこの時にSSDを購入してノートPCまたはパソコンのHDDをSSDと取り替えることにした。新しいテクノロジーの便利を楽しんできたが幾つかの問題があります。特に容量が本当に小さすぎます。時間が経って、OSやユーザーに作られたファイルがどんどん増えていくので、大容量のSSDを買い換えなければ行けない時点になました。

皆が小容量のSSDを買ったわけではない、大容量のSSDでも長年の使用後、寿命がそろそろ尽きます。SSDはストレージデバイスとしての耐震性能が高いものの、ハッカーやウイルスなどの攻撃を受ける可能性もあります。したがって、SSDからSSDへのデータ移行は、システムを保護するための良いソリューションです。

現在使ってるSSDと同じレイアウトで重要なファイルのセキュリティの配慮があるかもしれません。とりあえず、どんな原因でも、SSDの間でデータを移行する方法を見つけないといけません。

Windows7/8/10でSSDからSSDへデータを移行するソフト

サムスンSSDが持っている場合は、サムスンのSamsung Data Migration(SDM)を持ってSSDからSSDへの移行を行うことができます。HDDをサムスンSSDにクローン を参考にしてみます。Windowsの組み込みツールはあまり役に立たないが、WindowsのファンであってどうしてもWindowsを使いたいならば、バックアップと復元ツールを使って直接にSSDのデータをバックアップして新しいSSDへ復元しても悪くない。

より賢明な選択肢はAOMEI Partition Assistant Professionalを試します。この製品は「ディスクのコピー」機能でごく簡単に移行できます。この機能はコピー先のSSDのセキュアブート機能を保ちます。目標SSDがはソースSSDより大きい場合は、移行中に各パーティションを拡張できます。余計な面倒なく、下記の手順に従って、SSDを移行しましょう。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI Partition AssistantでSSDからSSDへ移行する方法

1. 新しいSSDかより大きいSSDをパソコンに接続します。Windowsが認識できることを確認した上で、先に重要なファイルをバックアップしておいてください。

2. AOMEI Partition Assistantを開いて、メインインタフェースの左側のパネルに、全てのツール⇒ディスクのコピーをクリックしてコピーの方法を選択します。

ディスクのコピー

コピー方法

3. コピー元のSSD(ソース)とコピー先のSSD(ターゲット)を正しく選択します。

コピー元

コピー先

4. コピー先のSSDに3つのディスク編集の選択肢があります。コピーした後でもこのソフトウェアでパーティションをリサイズできます。調整が終わったら、注意をよく読みます。

ディスク編集

注意

5. 仮想結果が出ていました。適用をクリックして、最後の確認をチェックした上で続行をクリックし、コピー作業を実行します。

適用

AOMEI Partition Assistantの使いやすさは見れば分かります。理解しやすいUIで素人から上級者まで、誰でも楽に出来上がれます。スクリーンショットのように、他にも沢山の機能がこのソフトウェアに入っています。例えば、OSをHDDからSSDに移行 します。ところで、AOMEI Partition AssistantはEZ Gig IVの代替ソフトとしてSSDにOSを移行できます。