ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月14日

エラー:「デバイスの準備ができていません」

DVD shrink、DVD decrypter、SSD、HDD、SDカードやUSBメモリーなどの中身にアクセスしようとしたところ、「デバイスの準備ができていません」というエラーメッセージが表示されます。実際には、このエラーは異なる原因によって発生します。次は、一般的な原因を分析しましょう。

    ▶ デバイスがコンピュータにしっかりと接続されていない

    コネクタが破損している、またはUSBポートが破損しているなどの理由で、外部記憶装置が正しく接続されていません。

    ▶ デジタル機器が破損している

    ▶ コンピュータと外部デジタル機器は互換性がない

    ▶ ファイルシステムエラー

    ディスクの管理では、ファイルシステムエラーのあるデバイスはrawとしてマークされます。

「デバイスの準備ができていません」の12つの解決策

下記は、「デバイスの準備ができていません」問題に対する12つの解決策を詳しく説明します。

方法 1:ドライブを別のUSBポートに再接続

外付けHDDでエラーが発生した場合は、次の手順 で接続問題を確認してください。

手順 1. デバイスをコンセントから抜き、同じポートに差し込みます。エラーが消えた場合、それは接続の問題です。再度発生する場合は、手順2を参照してください。

手順 2. デバイスを抜き、同じコンピュータの別のポートに差し込みます。エラーが消えた場合、それは以前のUSBポートが破損していることを意味します。再度発生する場合は、手順3を参照してください。

手順 3. デバイスを抜き、別のコンピュータに接続します。エラーが消えた場合は、デバイスが破損しており、問題はUSBポートが破損していることが原因です。

方法 2:デバイスドライバを再インストール

デバイスドライバがインストールされていない、破損している、または見つからない場合は、警告メッセージも表示されます。この時デバイスドライバを再インストールしてください。

手順 1. 検索ボックスに「device manager」と入力して開きます。

手順 2. デバイスの準備ができていないデバイスを探し出し、右クリックして「削除」を選択します。

デバイスマネージャー

手順 3. デバイスを接続したままにしてPCを再起動します。Windowsはドライバの再インストールを試みます。

方法 3:CHKDSKユーティリティで不良セクターをチェックし、修復

手順 1. ファイルシステムエラーまたは不良セクタがあるドライブを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

手順 2. 次のウィンドウで「ツール」タブ下の「チェックする」オプションをクリックして、ファイルシステムエラーをチェックします。

チェックオプション

手順 3. そして「不良セクターをスキャンし、回復する」を選択して、コンピュータを再起動して変更を有効にします。

方法 4:CMDでディスクをチェックし、修復

手順 1. 検索ボックスに「cmd」と入力して、それを右クリックして「管理者として実行」を選択します。

手順 2. コマンドプロンプトで「chkdsk N:/f」と入力して「Enter」を押します。(Nは「デバイスの準備ができていません」エラーと表示するドライブ文字です。例えば:chkdsk G:/f)

ディスクをチェック

方法 5:SFC Scannowで破損したファイルシステムを修復

手順 1. 前のようにコマンドプロンプトを管理者として実行します。

手順 2. sfc /scannow」と入力して「Enter」を押します。

SFC

方法 6:フラッシュドライブを交換してエラーを解決

メディアが入っていないCD/DVDドライブ、またはカードが入っていないカードリーダーにCMDを使ってアクセスすると、このエラーも発生します。

フラッシュドライブの場合は、まずドライブ文字を確認する必要があります。それが正しい場合、フラッシュドライブは壊れているかもしれず、おそらく交換する必要があります。

方法 7:トラブルシューティングツールでデバイス構成を修復

ディスクに障害が発生した場合、またはメインボードのストレージコントローラが破損している場合は、次のエラーが表示されます。

    Diskpartでエラーが発生しました:

    デバイスの準備ができていません


解決するには、トラブルシューティングツールを実行してハードウェアの問題を解決するか、ストレージコントローラを直接アンインストールします。ここでは、トラブルシューティングツールを実行する方法を紹介します。

手順 1. 検索ボックスに「Troubleshooter」または「Troubleshooting」と入力して、リストから選択します。

手順 2.ハードウェアとサウンド」で「デバイスを構成する」を選択します。

デバイスを構成する

手順 3.詳細設定」をクリックして、「自動的に修復する」にチェックを入れます。

手順 4. 次へ」をクリックして、修復を始めます。

方法 8:ディスクの管理でディスクを初期化

Windowsによって認識されず、「初期化されていません」と表示されるディスクの初期化に失敗すると、次のエラーメッセージが表示されます。

    仮想ディスクマネージャ:

    デバイスの準備ができていません

デバイスの準備ができていません

こういう時、ディスクを初期化して「デバイスの準備ができていません」エラーを修復する必要があります。

手順 1.Win+R」を同時に押し、検索ボックスで「diskmgmt.msc」と入力して「OK」をクリックして「ディスクの管理」を開きます。

手順 2. 初期化されていないディスクを右クリックし、「ディスクの初期化」を選択します。

ディスクの初期化

方法 9:ディスクの管理でパーティションを作成

このような場合は、未割り当て領域を新しいパーティションを作成してみてください。しかし、パーティションが空ではないと思わない場合は、まずパーティションを復元しようとします。

手順 1. ディスクの管理で、未割り当て領域を右クリックして、一覧から「新しいシンプルボリューム」を選択します。

新しいシンプルボリューム

手順 2. ウィザードに従って最後のステップまで進み、次に「完了」をクリックして操作を始めます。

方法 10:RAWファイルシステムを修復してエラーを解決

RAWファイルシステムを修正するには、NTFSまたはFAT32ファイルシステムに変換することを選択できます。そして、再びハードディスクにアクセスすることができます。

方法 11:Diskpartを使用してエラーを解決

手順 1. コマンドプロンプトを管理者として実行します

手順 2. コマンドプロンプトで「diskpart」と入力して「Enter」を押します。

手順 3. 次のコマンドを順番に入力し、「Enter」を押して実行します。

    list disk

    select disk n(nはRAWハードドライブです)

    online disk(オンラインでない場合)

    attributes disk clear readonly

    clean

MBRを再構築

    convert mbr(またはconvert gpt)

    create partition primary

    select part 1

    active(起動ドライブの場合)

    format fs=ntfs label=new quick(newはボリュームラベルで、希望の名前に置き換えます)

MBRを再構築

    list volume(NTFSフォーマットのパーティションを見ることができるはずです)

    exit

MBRを再構築

方法 12:パーティション管理ソフトでパーティションを再フォーマット

    【推奨】無料パーティションマネージャーAOMEI Partition Assistant Standardを利用してこのエラーを解決できます。それを使えば、面倒なことなくRAWをNTFSにフォーマットできます。

    ▶完全無料▶膨大な機能がある▶Windows 10/8/7/Vista/XPをサポート


手順 1.
AOMEI Partition Assistantをダウンロードして起動します。RAWパーティションを右クリックして「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

手順 2. リストからファイルシステムを選択します。

NTFS

手順 3. 適用」>「続行」の順にクリックして変換始めます。

適用

    注意:RAWドライブをFAT32のような他のファイルシステムでフォーマットすることもできます。また、システムディスクのGPTからMBRへの変換、空き容量の割り当て、SSDへのOSの移行など、より高度な機能を利用したい場合は、有料版AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードする必要があります。より詳細はAOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較へどうぞ( ^ω^)!

終わりに

Windows 7/8/10で「デバイスの準備ができていません」が表示される時、この記事では12つの解決策を紹介しておいていますから心配しないでください。自分の場合によって、最適な方法を探し出し、実行しましょう。

その他の問題を解決する場合、右欄の「人気記事」をご参照ください。もしより多くのディスクパーティション問題の解決方法を知りたいなら、一番上の「三浦大和」をクリックし、百篇以上の文章を参照することができます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。