By AOMEI / 最後の更新 2020年08月05日

ケース

「16GBの東芝USBフラッシュメモリを持ていて、私の兄弟のコンピュータから映画をコピーするのに使ったが、コピーした後は映画を再生できないので、感染されてPC上でフォーマットされるかもしれないと思う。残念なことに、Windowsは東芝USBメモをフォーマットすることはできない。今、コンピュータで東芝ペンドライブ(Gパーティション)にアクセスできなくなった。DISKPARTコマンドを使用しても、動作していない。皆さん、何か東芝USBメモリフォーマットツールがありますか?」

どのように東芝(TOSHIBA)USBフラッシュメモリを正しくフォーマットする?

その前に、なぜこれが起こったのか知る必要があります。以下の理由が考えられます:

東芝(TOSHIBA)USBメモリは書き込み禁止になる可能性があります。

● (解除方法ではリンクへ~)

ウイルス、不良セクタや不適切な操作のためにファイルシステムが壊れています。

上記の問題に対する最善の解決策は、東芝(TOSHIBA)USBメモリを正しくフォーマットすることです。一般に、USBフラッシュメモリには2つの主要なファイルシステムがあります--FAT32とNTFS。適切なファイルシステムを選択して東芝(TOSHIBA)USBメモリをフォーマットします。

これから、この問題を解決する2つの方法、つまり「ディスクの管理」と東芝(TOSHIBA)USBメモリフォーマットツールを紹介します。

【1】「ディスクの管理」で東芝ペンドライブをフォーマットする

通常、「ディスクの管理」は「Windowsがフォーマットを完了できませんでした」という問題を修正する可能性があります。詳細な手順は簡単です:

>デスクトップで、「コンピュータ」- >「管理」を右クリックします。

>「コンピュータの管理」というウィンドウが表示されます。

>左側の列の「記憶域」下にある「ディスクの管理」を選択します。

>東芝(TOSHIBA)USBメモリを右クリックし、「フォーマット」を選択します。

>フォーマットするファイルシステム、例えば、FAT32、NTFS、またはその他のフォーマットを選択します。

ディスクの管理

ディスクの管理

次に、東芝(TOSHIBA) USBメモリがフォーマットされているかどうかを確認します。

注:この問題が引き続き発生する場合は、東芝USBメモリフォーマットツールでフォーマットしてみてください。

【2】最高のUSBメモリフォーマットツール*無料

AOMEI Partition Assistant Standardは、Windows 10/8/7用の最高の無料のUSBフラッシュメモリフォーマットツールであり、強力なフォーマット機能を提供します。この東芝(TOSHIBA)USBメモリフォーマットツールを使用して、Windowsオペレーティングシステムでペンドライブを簡単にフォーマットすることができます。

AOMEI Partition Assistantにはフォーマット方法が二つあります:「フォーマット」と「NTFS to FAT32 Converter」。前者では、東芝フラッシュメモリドライブにあるデータがすべて失われますが、後者では、データを失うことなくフォーマットされます。たぶんそれはあなたが探しているものかもしれません。フォーマットする前にAOMEI Partition Assistantをダウンロードしてください。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

方法1:パーティションのフォーマット

ステップ 1. コンピュータとToshiba USBを接続します。AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。Toshiba USBメモリを右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。

フォーマット

ステップ 2. 適切なファイルシステムで「ファイルシステム」を編集します。次に、「はい」をクリックします。このプログラムでサポートされているファイルシステムは、FAT32、NTFS、Ext2、Ext3です。

ファイルシステム

ヒント:必要がない場合は、「パーティションラベル」と「クラスタサイズ」オプションを使用しなくてもいいです。

ステップ 3. 左下にある「保留中の操作」をプレビューし、ツールバーの「適用」をクリックしてフォーマット操作を確認します。

適用

方法2:NTFS to FAT32 Converter

「NTFS to FAT32 Converter」機能を使用すると、NTFSからFAT32への変換、FAT32からNTFSへの変換をサポートしています。このフォーマット操作を行うのは便利です。下のテキストは、データを失うことなくNTFS形式のToshiba USBをFAT32にフォーマットする方法についてです。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. 東芝(TOSHIBA) USBメモリを挿入し、AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。左側の「ウィザード」列の下の「NTFS to FAT32変換器」を選択します。

NTFSからFAT32への変換

ステップ 2. 次のウィンドウで「NTFS to FAT32」オプションを選択し、続行します。

NTFS to FAT32

ステップ 3. 「NTFSパーティション一覧」でToshiba USBディスクストレージを選択し、「次へ」を選択します。

NTFS Partition List

ステップ 4. 「操作を確認」ウィンドウで操作をプレビューし、「続行」を押して変換を開始します。

USBフォーマット操作を適用

ヒント:必要に応じて、「Check and repair the partition before converting it」(変換前にパーティションを確認して修復する)にチェックを入れて、パーティションのエラーを修正してください。

上記の3つの方法を使用すると、東芝(TOSHIBA)USBメモリをフォーマットことができます。パーティションのフォーマットを除いて、AOMEI Partition Assistantはハードディスクを管理するためのより多くの機能を提供します。例えば、パーティションの拡張、パーティションのコピー、パーティションリカバリ、OSをSSDへの移行Windows to GO Creatorなど。