By Comnena / 最後の更新 2021年04月27日

GPTについて

現在、パーティション情報をハードドライブに格納するため、GUIDパーティションテーブル(GPT)とマスターブートレコード(MBR)の2つの異なるパーティションレイアウトがあります。HDDを使用する前に、2つのレイアウトを区別する必要があります。

伝統的なMBRと比較して、GPTディスクには多くの利点があります。GPTには、パーティションの量とサイズの制限はありません。GPTのサイズ制限は、オペレーティングシステムとそのファイルシステムによって異なります。Windowsでは、GPTドライブに最大128のパーティションを使用できます。MBRはブートデータを1つの場所に保存し、GPTはこのデータの複数のコピーをディスクに保持します。

従って、ブートデータが破損したときに、GPTディスクのデータはより安全です。以前選択したMBRをGPTに変更したい場合は、Windows 10/8/7でデータを失うことなくて、MBRからGPTに変換できます。

OSをGPTディスクからSSDに移行する理由

GPTディスクからSSDへの理由を2つのポイントから説明できます。

  • なぜGPTディスクからOSを移行するのですか?前に説明したように、GPTにはMBRと比較した場合の利点があります。したがって、ますます多くのユーザーがGPTレイアウトを設定します。GPTディスクは、間違いなく、ほとんどのディスクパーティションレイアウトを占めます。

  • なぜSSDに移行するのですか?ここでは、HDDとSSDの違いに注意する必要があります。SSDの性能(読み書きスピードなど)がHDDよりはるかに超えます。さらに、小型で軽量、音がしないので静か、低消費電力、低発熱など長所があります。より良い体験をしたい場合は、SSDに換装することをお勧めします。

OSをGPTディスクからSSDに移行する方法

実際には、適切な方法を見つけだす限り、転送は非常に簡単です。

信頼性の高いパーティション管理ソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalは、数回クリックするだけでGPT OSからSSDドライブへの移行を完了できます。すべてを再インストールする代わりに、SSDで個人設定を維持できます。このソフトウェアは、OSを移動するためのウィザードを提供するため、リスクが少なくなります。もう1つ、AOMEI Partition Assistant Professionalはパーティションを自動的に調整して、移行中のシステムパフォーマンスを最適化します。

では、詳しい手順に従ってこのOS移行タスクのやり方をお学びいただきます。まずはAOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードしてください。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. SSDをパソコンに接続して。AOMEI Partition Assistantをインストールして開きます。左側の「OSをSSDに移行」を選択して「次へ」をクリックしてください。

OSをSSDに移行

ステップ 2. 移動先SSDの未割り当て領域を選択して、「次へ」をクリックします。

未割り当て領域を選択

ステップ 3. OSを格納しようとするパーティションのサイズを改めて変更できます。両頭の矢印をドラッグするまたはボックスに直接に入力します。

矢印をドラッグ

ステップ 4. SSDまたはHDDからOSを起動する方法についての注意が表示されます。それを読んで「完了」をクリックします。

OSを起動する方法

ステップ 5. メインインターフェイスに戻って、「適用」をクリックして、この操作を開始します。

適用

ヒント:移動したOSがSSDから確実に起動するようにするには、起動設定を変更するか、GPTディスクを切断する必要があります。

まとめ

明確かつ簡単に、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、OSをGPTディスクからSSDに正常に移行できます。さらに、この万能なソフトウェアは、システムパーティションを拡張する、データの損失なしにベーシックディスクをダイナミックディスクに変換する、パーティション間で空き領域を割り当てるなど、他のディスク/パーティション管理を処理できます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Partition Assistant Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。