ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

Windows 10/8/8.1/7でAOMEI Partition Assistantを使用してOSを再インストールせずに、GPTまたはMBRディスクからSSDドライブにオペレーティングシステム(OS)を移行する方法を学びます。

GPTについて

今日、パーティション情報をハードドライブに格納するため、GUIDパーティションテーブル(GPT)とマスターブートレコード(MBR)の2つの異なるパーティションレイアウトがある。ハードディスクを使える前にはこの2つのレイアウトの中の一つに変換しておかなければならない。GPTに比べて、MBRは伝統的でよく使われていると言われている。GPTはパーティション数とサイズの制限がありません。GPTのサイズ制限は、オペレーティングシステムとそのファイルシステムによって異なります。Windowsでは、GPTドライブに最大128個のパーティションを割り当てることができます。MBRは起動データを1か所に格納して、それよりGPTはこのデータをディスクに複数でコピーします。

従って、ブートデータが破損したときに、どちらがより堅牢であるのかわかりやすい。以前選択したMBRをGPTに変更したい場合は、Windows 10/8/7でデータを失うことなくて、MBRからGPTに変換 できます。しかし、MBRは古い周辺機器やデバイスとの互換性が高いから、いままでもディスクに普及されています

OSをGPTディスクからSSDに転送する理由は?

GPTディスクからOSを移行するのはなぜですか。前に説明したように,MBRと比べて、GPTは幾つかのメリットが有り、ますます多くのユーザーがGPTレイアウトを選択することは理にかなっています。今日、GPTディスクが最も幅広く使われているパーティションタイプに違いない。

なぜSSDへ。それは、HDDとSSDの違いを認識する必要があります。SSDは、物理的な動きはありませんので、優れた性能を持てる。読み書きにはHDDより物凄く速いから、OSをインストールするのに最適なデバイスになります。実際は、今現在OSをMBRやGPTのHDDからSSDに移行するのは珍しいことではありません。GPT OSをSSDに移行するのは、ほとんどがパフォーマンス向上のため、たとえSSDを手元に持っていなくても、新しいHDDを買い替え、古いHDD上のOSを転送して、パソコンの処理速度が向上させられます。

どうやって再インストールせずにGPTディスクからSSDにOSを転送する?

実際には、適切な方法を見つけだす限り、転送は非常に簡単です。GPTディスクからのOSの移動は、MBRからの移行と共通点はいくつかあります。信頼性が高くて、全面的なパーティション管理ソフトウェアAOMEI Partition Assistant ProfessionalはGPT OSをSSDドライブに移行する完了までわずか数回のクッリクだけである。すべての再インストールは要らない、既に存在する個人設定はこのままSSDに移行する。このソフトウェアは、なるべく間違えなくて安全にOSを移動させるために各ステップの手順を案内するウィザードが付いています。さらに、AOMEI Partition AssistantはOSを移行しながら、パーティションを整列させ、システムのパフォーマンスを最適化します。では、詳しい手順に従ってこのOS移行タスクのやり方をお学びいただきます。 まずはAOMEI Partition Assistantをダウンロードしてください。

1. SSDをパソコンに接続して。AOMEI Partition Assistantをインストールして開きます。左側のウィザードに「OSをSSDに移行」をクリックして、 出ているウィンドウに「 次へ」をクリックする。

migrate OS to SSD

2. 目標ディスクとしてのSSDを選択する。

Select destionation disk space

3. OSを格納しようとするパーティションのサイズを改めて変更できます。両頭の矢印をドラッグするまたはボックスに直接に入力します。

Resize Partition

4. ここにはOSをSSDからうまく起動できるように、注意しなきゃいけないメモがある。

Note

5. ここに映された画面はOS移行の仮想結果である。今システムがあったのはドライブラベルにFが付いてある2番目のディスクです。適用をクリックして保留中の操作を実行する。

Apply

ヒント:

AOMEI Partition Assistantからのご提案:移行されたOSがSSDから起動できるように、起動設定を変更するかもとのHDDを抜いておきます。

AOMEI Partition Assistantを利用して、明瞭で簡単にGPTディスクからSSDにOSを移行することができます。スクリーンショットから見えるように、このAOMEI Partition AssistantはFAT32とNTFSファイルシステムの相互変換したり、 隣接していないパーティションを合併して拡張したり、ディスクのタイプをダイナミックディスクとベーシックディスクの間で相互変換したりすることなど、様々な機能が持っています。AOMEI Partition Assistantはこれらの機能あってのいいパーティション管理ツールであり、何かHDDに関した問題があれば、ぜひお試してください。