Byゆき / 最後の更新日時 2020年08月20日

概要:クリーンインストールなしでHDDからSSDにWindows OSを移動したいですか?実はAOMEI Partition Assistantを使ったら、Windows 10/8/7 OSとプログラムを新しいSSDに移行するのはとても簡単になれます。

OSをSSDに移行する理由

一般的に、性能悪いあるいはHDD故障は古いHDDを新しいのと交換する主な原因そうです。

ご存知のように、HDDと比べてSamsung EVOやIntel 600PなどSSDは多くのメリットがあり:より耐久性と低いノイズがあり、読み書き速度が速くて起動時間が短く、消費電力は少なくて耐衝撃性に優れています。

そのため、日常の生活で SSDをOS用、HDDをデータ保存用にする組み合わせは普通です。お使いのコンピューターに2つのドライブを同時にインストールできるなら、HDDからSSDにOSを移行するだけでいいです。

OSを既にSSDにインストールしたユーザーは1つのSSDから別SSDにOSを移動したいかもしれません。

ますます多くのアプリケーションはSSDにインストールされてることおよびSSDのメリットを考えると、OSドライブを大容量SSDに移動するのは必要です。更に、現在SSDの価格は下がっているため、SSDからSSDへの移行は普通のことになります。

別の観点に立って考えると、システム移行は新規インストールと比べて、すべてのデータをそのまま維持したり、時間と労力を節約したりできます。

新しいSSDはシステムパーティション(場合によっていくつかのシステム関連パーティションもあるかもしれない)のすべての内容を格納するのに十分な容量があるかぎり、手順はかなり簡単です。

十分な容量がないSSDにOSを移動するつもりなら、システムドライブから個人ファイルをほかの場所に移動してシステムパーティションの使用容量を減らしたほうがいいです。

OSをSSDに移動するための最善の専門ソフト

システムを別ドライブに移行する際に頼もしいソフトウェアを探して助けをもらうのは賢い行動です。

AOMEI Partition Assistantはこのようなタスクのためにわざわざ「OSをSSDに移動」という機能を開発し、OSおよびプログラムをSSDにそのまま移動できます。また、それは正常に起動できることを保証します。

必要ならば、「ディスクのコピー」ウィザードはHDD全体をSSDにクローンすることができます。

このパーティション管理ソフトは使いやすいウィザードがあり、Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows XPとWindows Vistaでうまく稼働できます。それをダウンロードして試してみてください。

Windowsをインストールせず、OSをSSDに移動する方法

最初、新しいSSDをマシンに接続します。デスクトップパソコンにはそれを直接インストールできますが、ノードパソコンにSATA-USB変換ケーブル経由で接続する必要があります。SSDはWindowsによって検出されることを確認してください。移動後、古いドライブを取り出すためにねじ回しが必要です。

開始する前に重要なデータをバックアップしたいかもしれません。次の例を参照することができます。

ノートパソコンでHDDからSSDにOSを移動する手順

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Proの体験版を無料ダウンロードし、インストールし、起動します。「OSをSSDに移動」をクリックして前書きを読んでください。

ステップ 2. SSDを宛先ディスクとして選択します。SSDの上にパーティションがある場合、「私は、このディスク2の上のすべてのパーティションを削除してディスクにシステムを移動したいんです。」チェックボックスをチェックして「次へ」を使用可能にします。

ステップ 3. 新しいドライブでシステムパーティションをリサイズできます。ドライブ文字を変更することもできます。

ステップ 4. 注意点を真面目に読んでください。後でそれを必要とするかもしれません。

ステップ 5. 「適用」→「続行」をクリックして保留中の操作を実行します。

ステップ 6. コンピューターをシャットダウンしてクローン先のSSDを取り外します。ノートパソコンの裏蓋を外してねじ回しを使って古いHDDをクローン先のSSDに交換します。最後は新しいSSDから起動します。

ヒント:

デスクトップパソコンでこれを行う場合、「ステップ 6」をスキップしてBIOSでSSDが最初に起動するように優先順位を変更する必要があります。

OS移行で再起動が必要です。

AOMEI Partition AssistantはMBRディスクからMBRディスクへのOS移行だけをサポートします。HDDの上にGPTパーティションスタイルがある場合、まずGPTをMBRに変換するか、 Professional版にアップグレードして再試行する必要があります。

SSDへ移行後、古いシステムドライブをフォーマット

OSをSSDに移動した後、古いHDDにはまだOSパーティションがあります。システムドライブをフォーマットして補助記憶装置として使用したい場合、まだAOMEI Partition Assistant を使用することができます。その「フォーマット」機能は役立ちます。

デスクトップパソコンでSSDから起動してシステムパーティションを含む HDDを直接再フォーマットできますが、一般的にノートパソコンに1つのドライブベイがあるので、まずブータブルメディアを作成してWinPE環境でシステムドライブをフォーマットする必要があります。次の詳細な手順を参照できます。

ブータブルメディアを作成

1. USBドライブあるいはCD/DVDをコンピューターに挿入します。AOMEI Partition Assistantを実行して「ブータブルCD/USBの作成」をクリックします。

2. USBブートデバイスを選択して「続行」をクリックします。USBドライブ上のデータはすべて上書きされるため、事前に重要なデータをバックアップしてください。

3. プロセスが完了することを待っています。そして「完了」をクリックします。

4. ノートパソコンをシャットダウンします。古いHDDをインストールしてUSBスティックから起動します(BIOSで起動順位を変更します)。ログイン後、AOMEI Partition Assistantは自動的に実行されます。システムパーティションを普段通りにフォーマットすることができます。

ノート:フォーマット後、HDDは起動できなくなります。

クローン先のSSDは起動できない時に考えられる原因

ほとんどの場合、クローン先のSSDは正常に起動できますが、SSDが起動できない時にどこか問題がある可能性があります。例えば、ブートモードを間違ったパーティションテーブルに設定します。

具体的に言えば、MBRパーティションスタイルはBIOSから起動しますが、GPTディスクはUEFIモードを有効にする必要があります。必要ならば、パーティションスタイルを変更してください。

起動しようとする時、「Operating system not found(オペレーティングシステムが見つかりません)」または「Missing operating system」といったエラーメッセージが表示される場合、無効なMBRがある可能性があります。

MBRには(SSDのパーティションテーブルと起動のための少量の実行可能コードを含む)記憶装置のデータ構造など重要な情報が保存されています。有効なMBRは正常に起動することを保証します。

作成されたブータブルドライブから起動した後、AOMEI Partition Assistantを使ってSSD上のMBRを修復できます。

実際に適切なツールを見つけたら、WindowsでOSをSSDに移動するのはとても簡単です。OSのために定期的なバックアップを作成する場合、イメージを使用してシステム復元を実行するだけで新しいSSDへのOS移行を実現できます。

AOMEI Partition Assistantは優れたパーティション管理ソフトで、ますます強力になります。新しい機能「REに統合します」のはもうこのソフトウェアに追加されました。それはHDDの回復環境を設定できます。より多くの機能を発見するために、今すぐダウンロードしませんか?

内蔵ツールでその問題を解決

ハードディスクドライブ(HDD)からSSDへWindows7をクローンする新しい方法

Ghostは、Windows XP/ Vista時代の最高のディスク分割/クローニングツールでした。しかし、単純で原始的なパーティション/クローン機能はWindows7の誕生後に無力になってきます。

また、今日、その魅力的な価格と強力なパフォーマンスのため、より多くの人々は、システムドライブとしてソリッド・ステート・ドライブを使用しています。

しかし、我々は、Ghostの助けを借りずにどのようにHDDからSSDにWindows 7を移行しますか?

SSDへWindows7を完全に転送するには、Cパーティション、システム予約パーティションそれにMBRパーティションテーブルなどのすべての関連ファイル/パーティションをコピーする必要があります。残念ながら、Ghostが、このような仕事にとって古すぎます。

Ghostではなければ、他の何かを使用しますか?HDDにインストールされたWindows 7やソフトウェアを再インストールする必要がありますか? もちろんありません!実は、Windows 7内蔵のツールを使用してSSDにwin7を移行する新しいオプションがあります。

内蔵のツールでSSDへWindows7を移行!

Windows 7自体はバックアップ&復元機能を持っています。それを使用して、MBRパーティションテーブルが含まれているパーティションのイメージファイルを作成することができます。

一方、我々はまた、Windows7 USB/ DVDダウンロードツールを使用してWindows 7のブータブルUSBドライブを作成することができます。

ご注意ください:このメソッドを使用したら、SSDのストレージは、古いHDDストレージより大きくでなければなりません。システムパーティションとシステム予約パーティションのイメージファイルを作成します。

ステップ 1. 「スタート」をクリックして「コントロールパネル」を選択します。 「コントロールパネル」で「システムとセキュリティ」を選択します。

ステップ 2. 「システムとセキュリティ」ホームで、「バックアップと復元」を選択します。そして、下の写真のように「システムイメージの作成」をクリックします:

ステップ 3. バックアップを保存する場所を選択します。その後、宛先パーティションを選択します。次に、「次へ」をクリックします。

ステップ 4. ここでは、バックアップファイルを含むパーティションを選択します。システムパーティションやシステム予約パーティションがデフォルトの選択肢です。イメージファイルに複数のパーティションを追加することができます。次に、「次へ」をクリックします。

ステップ 5. バックアップの場所とバックアップイメージのサイズを確認することができます。「バックアップの開始」をクリックして設定を確認します。

ステップ 6. イメージファイルはSSDの「Windowsイメージバックアップ」メニューに保存されます。

Windows 7 USB/ DVDダウンロードツールを使用してWindows7ブータブルUSBドライブを作成します

ステップ 7. Windows 7 USB/ DVDダウンロードツールを ダウンロード してインストールします。

ステップ 8. ブータブルUSBドライブを作成する前に、まず、Windows7 ISOイメージのインストールファイルを見つけてください。

ステップ 9. Windows 7のバックアップデバイスを作成したいメディアタイプを選択します。ここでは、USBデバイスを選択します。ただ、4 GB以上のUSBデバイスを接続します。

ステップ 10. プログラムがブータブルUSBドライブを作成します。完了したら、コンピュータををシャットダウンしてSSDを接続してください。次は、SSDへWindows7をクローンする手順です。

ステップ 11. 起動中にBIOSに入てUSBドライブにブートタイプを変更します。

ステップ 12. ここで、Windowsのインストールインタフェースが表示されています。「今すぐインストール」を選択しないでください。 「コンピューターを修復する」をクリックします。

ステップ 13. 「以前に作成したシステムイメージを使用して、コンピュータを復元します」をチェックします。

ステップ 14. USBドライブ上のイメージファイルが自動的に検出されます。 「次へ」をクリックして復元プロセスに従って復元プロセスを完了します。そして、システムを再起動したら、Windows7がすでにSSDにクローンされました。

富士通のSSDならば:

富士通 OSをSSDに移行する方法

OSを富士通のSSDに移行する方法は?AOMEI Partition Assistantソフトでは、簡単かつ安全にOSを富士通のSSDに移行できます。

SSD(ソリッドステートドライブ)は、HDD(ハードディスクドライブ)に比べて、新たな記憶装置として多くの利点を有する。読み書き速度が速い、より安定した信頼性があり、データをHDDのデータよりも安全にします。SSDは、従来のHDDに最適な代替品でなければなりません。したがって、より多くのコンピュータユーザは、より良い性能を得るためにHDDからSSDに切り替えることを望んでいます。

富士通はエンタープライズストレージ技術の世界的リーダーであり、2014年6月ごろに民生用SSD市場に参入しました。富士通SSDは多くの利点を持っています。

SATAIII 6GB /秒の伝送速度

Intel MLC同期チップ

信頼性、および高性能

SMART、TRIM機能をサポート

高温耐性、無音作業環境

耐衝撃性ポンプは、データの安全性を保護

フラッシュメモリ技術革新

3年間の製品保証

これらのメリットにより、多くのユーザーがOSを富士通 SSDに移行してより良いパフォーマンスを得ることを望んでいます。しかし、OSを富士通のSSDに移行する方法は?

OSを富士通 SSDに移行するには、パーティション管理専門ソフトAOMEI Partition Assistantをご紹介します。この機能は、OSをSSDに移行する機能を持ち、OSをSSDに移行するのに役立ちます。Windows 10/8/7/Vista/XPでもうまく動作します。さらに、パーティション管理ソフトでもあるため、HDDを分割するために使用することもできます。または、パーティションのサイズ変更、パーティションの作成、パーティションの削除、パーティションのフォーマットなどに使用できます。

AOMEI Partition AssistantでOSを富士通 SSDに移行する方法は?

AOMEI Partition Assistantを使用してWindowsオペレーティングシステムを富士通 SSDに移行する前に、次のことを準備する必要があります。

Windowsコンピュータ。 すべてのWindows PCは、AOMEI Partition Assistantによってサポートされます。

AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールします。

準備が整い次第、AOMEI Partition Assistantを使用してOSを富士通 SSDに移行する方法を、次の内容で順を追って説明します。

ステップ 1. 富士通のSSDをコンピュータに接続し、Windowsで検出できることを確認してください。

AOMEI Partition Assistantを起動します。OSを富士通のSSDに移行するには、左ペインの「OSをSSDに移行」をクリックしてウィザードを開きます。

ステップ 2. 次に、OSをSSDに移行ウィザードに進みます。このウィザードは、現在のOSをソリッドステートドライブまたは従来のハードドライブに移行するのに役立ちます。「次へ」をクリックします。

ステップ 3. 次に、富士通SSDの未割り当て領域を選択する必要があります。「次へ」をクリックします。

ステップ 4. このウィンドウでは、コピー先のディスク上のパーティションのサイズ、場所、およびドライブ文字を変更できます。「次へ」をクリックします。

ステップ 5. SSDまたはHDDからOSをブートする方法についてのノートが表示されます。それを読んで、「完了」をクリックします。

ステップ 6. メインインターフェイスに戻ります。「適用」をクリックしてください。

注意:

PreOS Modeで操作が完了します。OSをMBRディスクとGPTディスクの間で移行する場合は、OSの移行が完了したらBIOSに入り、起動設定を変更してください。

まとめ

AOMEI Partition Assistantは、素晴らしいフリーOS移行ソフトで、OSをSSDに移行機能を使用すると、OSをSSDまたはHDDに移行できます。また、内蔵/外付けハードドライブの管理にも使用できます。

また、MBRからGPTディスクへの変換にも使用できます。データを失うことなくNTFSをFAT32パーティションに変換します。AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードして、SSDのパーティションを最適な状態に保つことができます。Windows Serverコンピュータ上でOSを移動する場合は、Server向けパーティション管理ソフトが適しています。