ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年10月20日

理由:未割り当て領域でパーティションを作成できない

未割り当て領域はパーティションになる前に、どんな操作もできません。私はパーティションを作成しようとしましたが、「ディスクの管理では未割り当て領域にパーティションが作成できない」、「この未割り当て領域には新しいボリュームを作成できません」などのような問題は表示される場合があります。なぜそんなことが起こりますか?ハードディスクのフォーマット--MBRGPTと関係があるかもしれません。

MBR(Master Bootable Record)は、最大容量値2TBをサポートしますし、多くとも4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションをサポートします。

一方、GPT(GUID partition table)は2TB以上をサポートしますし、無制限のパーティションをサポートします。したがって、お使いのMBRディスクは2TBを超えると、残りの未割り当て領域が制御不能になります。「ディスクの管理」で未割り当て領域にパーティションが作成できない場合は、まずディスクのサイズとフォーマット(形式)を確認してください。

解決済み:シンプルボリュームを作成できない

未割り当て領域を最大限に活用するには、MBRをGPTに変換することをお勧めします。2つの方法がありますが、Windows XPなどのハードディスクがGPTに適合するわけではないことにご注意ください!事前にチェックしてください。

    方法1:「ディスクの管理」を使用してHDDを再初期化する

    「ディスクの管理」はWindowsシステムに組み込まれているツールであり、ディスクをGPTに再初期化するために使用できます。ただし、この状況ではディスクを消去する必要がありますから、データが失われるかもしれません。ですから、まずバックアップを取っておかなければなりませんが、バックアッププロセス全体には時間がかかりすぎます。さらに、コピーできない不可視のファイルやフォルダが多いです。

    方法2:AOMEI Partition Assistant経由でディスクを変換する

    AOMEI Partition Assistant Proのようなディスクパーティション管理ソフトウェアを使用することは理想的なソリューションの1つです。使用すると、データを失うことなく、「この未割り当て領域には新しいボリュームを作成できません」という問題を完全に解決することができます。では、シンプルボリュームが作成できないことを解決する操作を見てみましょう。


ステップ 1. まず、ディスク管理専門ソフトAOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、起動します。変換したいディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

mbrからgptへ変換

ステップ 2. ポップアップウィンドウが表示されます。確認後、「はい」をクリックします。

GPTディスクへ変換することを確認する

ステップ 3. 次に、「適用」→「続行」をクリックして実行します。実行中のプログラムがある場合は、再起動が必要です。

mbrからgptへ変換する操作を適用する

ステップ 4. MBRからGPTへの変換が完了すると、Partition Assistantで未割り当て領域を使用して、ボリュームを作成したり、ボリュームを拡張したりすることができます。

未割り当て領域にパーティションを作成する

とにかく、 「ディスクの管理」で未割当領域にパーティションが作成できないという問題が発生する場合は、AOMEI Partition Assistantを利用して、新しいパーティションを作成できます。そのディスクパーティションのサイズを自由に変更することができます。

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。