Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月21日

Windowsで4TBのHDDは2TBだけを表示します

1.5TBのHDDから4TBのHDDへ移行した後、「ディスクの管理」で4TBのHDDは2TBまたは1.6 TBとして表示されることを見つけるかもしれません。クローン後、残り容量は未割り当て領域として表示されます。この未割り当て領域を右クリックし、ヘルプとプロパティ以外すべてのオプションがグレーアウトすることを見つけます。そのため、未使用領域で新しいボリュームを作成できません。

もしプライマリーパーティション上のボリュームを拡張したいなら、「大容量のMBRディスクの、最初の2TBのみが利用可能です。2TBより大きなサイズのパーティションの作成、およびディスクのダイナミックスへの変換はできません。」といったメッセージボックスが表示されることになるようである。

HDDを購入したら、インストールした後4TBの未割り当て領域があるはずですが、新しいパーティションを作成しようとする時、大きなHDDの2TBだけを使用できます。なぜこれが発生しますか。大容量ディスクの全領域を使うことは可能でしょうか。

なぜ4TBのHDDは2TBとして表示されますか

答えは、4TBハードディスクのパーティションテーブルは最大2TBのデータをサポートするMBRであることです。そのパーティションはマスターブートレコード(MBR)というスキームを使用して組織されます。それは個人的なコンピューターで広く使用されたパーティションスキームです。しかし、MBRスキームは初期のコンピューターのためにデザインされ、新しいディスク配置にとって十分に柔軟ではありません。

GUIDパーティションテーブル(GPT)はUnified Extensible Firmware Interface(UEFI)の一部として導入されます。GPTはMBRのパーティションスキームより、ディスクパーティションに柔軟な機構を提供します。そのため、MBRパーティションスキームから4TBのHDDをGPTに変換する必要があります。

どのようにGPTにMBRを変換しますか。4TBのHDDに既にコンテンツがある場合、強力で頼もしいパーティションソフトウェアを見つける必要があります。貴方もクローンをもう一度実行したくないでしょう。AOMEI Partition Assistant ProfessionalはWindows 10/8/7向けのパーティションマネージャーです。これはユーザーフレンドリーなインターフェイスがあり、データ損失なしでGPTに4TB MBRディスクを変換できます。今すぐダウンロードして試してみます。

AOMEI Partition Assistantで4TB MBRをGPTに変換します

ステップ 1. Partition Assistant Standardをインストールして起動します。GPTディスクに変換したいHDDをクリックして「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクへ変換

ステップ 2. ポップアップで「はい」をクリックして変換操作を確認します。すると、対象MBRディスクがGPTディスクに変更されることが見つかります。

GPTディスクへ変換

適用

ステップ 3. 確認後、このタスクを実行するために「適用」⇒「続行」をクリックすることを忘れないでください。

続行

ヒント:

  • ● MBRとGPTスタイル間のシステムブートディスクの変換では、システムが起動できることを確保するために、変換が完了した後BIOSに入ってブート設定を変更する必要があります。

  • ● ラップトップ上のMBRとGPTディスク間の変換では、電源が十分であることを確認してください。

  • ● データは一致することを確保するために、変換プロセス中でこのプログラムを異常終了しないでください。

MBRからGPTへの変換は3つだけの手順で完了できます。変換後、4TBのHDDの未割り当て領域を他のプライマリーパーティションに割り当て、新しいボリュームを作成することができます。スナップショットからAOMEI Partition Assistantは他の沢山の現実の問題を解決できることが分かります。

例えば、Windows 7でFAT32ファイルシステムをNTFSに変換、1つのSSDからWindows OSを他のSSDに移行し、ブータブルUSBドライブを作成します。また、高度なエディションとしてのAOMEI Partition Assistant ProfessionalおよびAOMEI Partition Assistant Serverはよりすごい機能を持っています。例えば、Professionalを使用してデータパーティションからシステムドライブに直接に空き領域を割り当て、GPTディスクからGPTディスクにOSを移行します。後者はWindows Serverユーザー向けに設計されています。