Byゆき / 最後の更新日時 2020年07月08日

私のUSBメモリがRAWになった!!

  • 私は数ヶ月前に、写真や動画を保存するために東芝(TOSHIBA)のUSBメモリを購入しました。このUSBはいつも問題なく使えるし、データの持ち運びにも便利です。

    しかし、先日USBメモリをいつもどおりパソコンに接続してUSBに保存した動画ファイルをコピーしようとしますが、USBメモリを起動してみたら「ディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」というメッセージが表示されます。

    エクスプローラーからの読み込みができないため、私は「ディスクの管理」を開き、USBメモリの状態を確認します。対象のUSBメモリはDドライブなので、ファイルシステムを見たところ、元のNTFSファイルシステムがRAWに変更されます。

    私はそれをちょっとググってみると、要するにRAWファイルシステムが認識できていない状態です。フォーマットされていない状態とほぼ同意義ですね。ただ上述のようにUSBメモリそのものは認識されています。エクスプローラーに表示されますが、開けなくて読み取れません。

    なぜ、私のUSBメモリが突然RAWになってしまいますか?RAW USBメモリを修復する簡単な方法がありますか?私は、大切な写真や動画データを失いたくないです!゚(゚´Д`゚)゚

    图片日文名

USBメモリがRAWになった・考えられる原因

USBメモリがRAWになる原因というと、それは主に誤操作、間違ったパーティション分割、下品のソフトの使用などにより、パーティションテーブルまたはファイルシステム(FAT、NTFS)が破損してしまい、Windows 7、8、10がUSBメモリに保存されているファイルを認識しないからです。そして、不良セクタが大量存在している場合も、突然RAWになる可能性があります。次は、これらの原因をもう少し詳しく説明しましょう。

最も考えられる原因は以下のとおりです:

1. 不良セクタが含まれる

USBメモリの重要な領域に不良セクタ(特にパーティションブートセクタ)がある場合、USBメモリは異常に動作し、そのファイルシステムもRAW形式となる可能性があります。

2. ファイルシステムの管理情報(構造)が壊れる

実は、USBメモリのファイルシステムがWindows環境で破損や破壊された時、Windows 7、8、10でファイルシステムは認識しなくなり、「RAW」と表示されます。WindowsはUSBメモリから有効なファイル情報を正しく読み込むことができないので、USB上の文書、写真、メールなどにはアクセスできません。

3. パーティションテーブルが破損している

パーティションテーブルは、HDDの先頭セクタにあります。パーティションの開始位置と終了位置を記録しているので、非常に重要なデータです。パーティションテーブル(先頭セクタのデータ)の破損により、USBメモリのパーティションの状態が「NTFS」や「FAT32」から「RAW」になるかもしれません。

4. そのほかの原因

上述の原因以外、ウイルス攻撃、マルウェア感染、突然シャットアウト、「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をクリックせずにUSBを抜くこと、Windows OSがサポートしないファイルシステムを使用していること、またはUSBメモリが物理的に損傷していること、様々な理由でRAWの表示が発生します。

データ損失なしでRAWになったUSBメモリを修復する方法

さて、USBメモリがRAWになる原因はだいたい分かった後、RAWの修復方法をいくつかご紹介したいと思います。しかし、その前に注意すべき点があります。


データの安全性を確保するために、まずは頼もしいデータ復旧ソフトRecoverit Proを使用してRAW USBメモリからデータを復元したほうがいいです。

そして、以下はデータを失うことなくRAW USBメモリを修復・復旧する簡単かつ効果的な方法です。

参考になれば幸いですヾ(*´∀`*)ノ~

RAW USBメモリの不良セクタをチェック

RAW USBメモリに不良セクタがあるかどうかをチェックするために、CHKDSKを実行するのは一般的な方法です。しかし、「ファイル システムの種類は RAW です。 RAW ドライブに CHKDSK は使用できません。」というエラーメッセージが表示されたことがあるでしょう。

【Windows 10】RAWドライブにCHKDSKは使用できません

そのため、こういう時、不良セクタをチェックするCHKDSKコマンドに代わるサードパーティ製ツールが必要とされます。

♪おすすめ~ここでは、専門的なパーティション&ディスク管理ツール - AOMEI Partition Assistant Standardを強く推奨します。こちらからダウンロード
このソフトを使用すると、複雑なコマンドを実行することなく、数回のクリックだけでUSBメモリ上の不良セクタをチェックできます。このエディションは無料ですし、Windows 7、8/8.1、10、XP、Vistaに対応します。パソコン初心者にもおすすめ~

Windows 10でAOMEI Partition Assistant Standard版を使ってRAW USBメモリの不良セクタをチェックしましょう:

  • ステップ 1. まずは、おすすめのフリーソフトを無料でダウンロードし、インストールし、起動する必要があります。そして、そのメイン画面でRAWになったUSBメモリ(※ここでは「未フォーマット」と表示されるかもしれません)を右クリックし、「不良セクタをチェック」を選択します。不良セクタをチェック

  • ステップ 2. 「高速チェック」チェックボックスにチェックを入れて「開始」をクリックします。高速チェック

RAW USBメモリをNTFS、FAT32、exFATでフォーマット

上述の方法はまだRAWの問題を解決していないなら、RAW USBメモリを他のファイルシステム(例えば、NTFS、FAT 32またはexFAT)でフォーマットすることができます。AOMEI Partition Assistant Standardはこの操作を実現できます。

AOMEI Partition Assistant StandardでRAWファイルシステムになったUSBメモリをNTFSに戻す方法は次のとおりです:

  • ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standardを起動した後、RAW USBメモリのパーティションを右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。パーティションをフォーマット

  • ステップ 2. すると、ポップアップウィンドウが表示されるので、ファイルシステムのドロップダウンリストから「NTFS」を選択し、「はい」をクリックします。NTFSでフォーマット

  • ステップ 3. 最後は「適用」⇒「続行」をクリックして保留中の操作を実行します。高速チェック

RAW USBメモリのMBRを再構築

RAWになったUSBメモリのパーティションのフォーマットまたは不良セクタのチェックのほか、MBRの再構築もRAWの表示問題を解決できるかもしれません。

※今すぐアップグレード※AOMEI Partition Assistantのアドバンスト版(例えば、PC向けのAOMEI Partition Assistant Professional)は「MBRを再構築」という高度な機能を備えます。
こちらから様々なAOMEI Partition Assistant体験版を無料でダウンロードして、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることができます。無料体験
ノート:必要があれば大きな割引で無料版または体験版を完全版にアップグレードできます。

AOMEI Partition Assistant ProfessionalでRAW USBメモリのMBRを再構築するシンプルな手順を見ていきましょう:

  • ステップ 1. インストールされたAOMEI Partition Assistant Proを起動します。RAW USBメモリを右クリックし、「MBRを再構築」を選択します。適切なタイプ

  • ステップ 2. 現在のOSのバージョンにおいて、ドロップダウンリストから適切なタイプをひとつ選択し、「はい」をクリックします。適切なタイプ

  • ステップ 3. 「適用」⇒「続行」をクリックしてMBRの再構築を始めます。続行

結論:ご覧のように、AOMEI Partition Assistantは強力なソフトでしょう。RAW USBメモリの修復、復旧にいくつかの方法を提供しています。すべての操作は分かりやすくて、楽に完成できます。それに、無料版または体験版からアドバンスト版へアップグレードしたら、もっと素晴らしい機能を使用できるようになります。各エディションの機能比較

USBメモリがRAWにならないようにするヒント

最後にそしておそらく最も重要なことに、RAWになったUSBメモリをFAT32またはNTFSに戻す方法やRAW USBメモリの不良セクタをチェックしたり、MBRを再構築する方法を知るだけでは不十分で、USBメモリがRAWになる問題の発生を未然に防ぐ方法が必要だと思います。

丁寧にUSBメモリを挿入して取り外します。特に不適切な方法でUSBメモリをパソコンから抜かないでください。具体的に言えば、USBメモリを無理やりに挿入したり取り出したりしなく、「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」オプションをクリックした後、外してください。

USBメモリがRAWになる場合に備えて、日頃からディスクや重要なファイルのバックアップを取っておいたほうがいいです。USBメモリが突然RAWになったら、作成したイメージからデータを簡単に復元できるので、何の心配なくUSBメモリを直接フォーマットできます。バックアップフリーソフトのおすすめはコレ!

USBメモリを頻繁にフォーマットしないでください。また、安全でないウェブサイトにアクセスしなく、コンピュータで定期的なウイルススキャンを実行してください。