ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月01日

USBメモリ

ユーザからの悩み:USBに「このフォルダーは空です」が表示される

▼例示1:

パソコンで「このフォルダーは空です。」って表示されるんですが、前までそこに画像とかあって、空なはずなのに、プロパティでは「ファイル数:4」とか「サイズ:~」とか出るのですが、元に戻せませんでしょうか?

あまりパソコンに詳しくないので、お聞きしました。

どうか知っている方がいましたらご協力お願いします。

▼例示2:

PCを立ち上げて外付けHDDを開こうとしたら「このフォルダーはからです」と表示されてファイルが全く表示されなくなってしまった。

ドライブのエラーチェックでも異常が認められなかった。

ファイルのスキャンをしましたがこちらも問題なくスキャンが完了しました。

エクスプロ―ラーでHDDの使用領域を確認しましたが使用GBも表示され空きも十分にあります。

念のため隠しファイルの表示にチェックを入れましたが、ファイルは表示されませんでした。

他のHDDは、特に問題がありません。

大切なファイルがたくさん入っています。

解決方法を教えてください!

▼例示3:

バックアップを久しぶりに取ろうと思い外付けHDDをUSB接続したのですが、

外付けHDDを認識するのですが、「このフォルダーは空です」と表示されて中にアクセスできません(Windows8.1)。

他のPC(XP)では表示されました。

どの様にしたら良いでしょうか?

▼例示4:

いつも通りUSBを使おうとしたら、「フォルダが空」と表示されました。

プロパティでデータ容量を確認したところ、データはあるみたいでした。

自分としてはUSBのデータを削除した記憶はないので、データはあるけどUSBのデータを読み込むところが壊れているからデータを表示できないのかな?と考えているんですが…

DOSを開いて「f:」とか入力していったら何とかなるって聞いたことあるんですが、私はパソコンの事はよくわからないので、できるだけくわしく教えていただけたらと思います。

よろしくお願いします。

なぜUSBには「このフォルダーは空です」と表示される?

● USBメモリにあるファイルが非表示になりました。

● USBメモリはウイルス/マルウェアに感染しています。

● USBメモリにあるファイルは削除されました。

● USBメモリのファイルシステムは間違っているか破損しています。

● USBメモリが壊れている可能性はあります。

どのようにUSBの「このフォルダーは空です」エラーを修復?

方法1:Windows内蔵ツールで隠しファイルを表示

▼ファイルエクスプローラを使って隠しファイルを表示

実際には、ファイルやフォルダが消えるのは、単なるファイルを隠すだけである可能性があります。データを再度表示するには、次の手順を実行します。

1. Windows 10の場合は「PC」をダブルクリックし、ファイルエクスプローラを開きます。

2. 左上の「ファイル」をクリックし、「フォルダと検索オプションの変更」を選択します。

フォルダと検索オプションの変更

3. 画面で「表示」をクリックし、「隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライバを表示する」を選びます。次に、「適用」をクリックします。

隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライバを表示

4. ファイルとフォルダが表示されます。

コマンドプロンプトを利用して隠しファイルを表示

コマンドプロンプトを利用してUSBメモリ上のファイルを再表示したい場合は、次の手順を実行します。

1. まず、キーボードでWindowsキー+Rキーを合わせて押して、「cmd」と入力してEnterキーを押し、コマンドプロンプトを管理者として実行します。

2. それから、次の画面で「attrib-h-r-s/s/d n:\*.*」と入力してEnterキーを押します。

NOTE:「n」を、USBドライブパーティションに割り当てられたドライブ文字に置き換えてください。

3. その後、この画面を閉じるには「exit」と入力してEnterキーを押します。前から隠していたファイルとフォルダがすべて見えるようになります。

CMDでUSBメモリ上のファイルを再表示

4. 最後に、USBメモリ上のファイルとフォルダが表示されました。

方法2:ウイルス対策ソフトウェアでウイルスに感染しているUSBを修復

USBメモリがウイルス感染していることが疑われたら、ウイルス対策ソフトウェアを実行して、USBメモリにウイルスが存在するかどうかを検出してみます。もし、ウイルスの存在が確認されたら、アンチウイルスソフトウェアを利用してウイルス対策を行ってください。

方法3:USBメモリ上の削除されたファイルを復旧

▼データを復旧

iCare Data Recoveryは、HDDからデータを簡単に復旧するのに役立つソフトウェアです。ここでお勧めします。

1. まず、Windows PCにiCare Data Recoveryをインストールします。外付けHDDをPCに接続し、認識できることを確認します。

2. 次に、iCare Data Recoveryを起動し、それを使用してRAW HDDを完全にスキャンし、必要なファイルをすべて取得します。ファイルをプレビューし、回復する必要があるすべてのデータを保存します。

▼パーティションを復元

1. ディスク管理で失われたパーティションを見つけます。

2. ディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistantをダウンロードして開きます。

3. 回復するディスクをクリックし、左側のパネルで「パーティションを復元」を選択します。

パーティションを復元

4. パーティション復元画面で失われたパーティションを含むディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

失われたパーティションを含むディスクを選択

5. 高速検索」を選択します。このオプションを初めて選択することをお勧めします。このオプションは時間がかかりません。失われたパーティションを復元できない場合は、後で「完全検索」を選択できます。

高速検索

6. 回復するために失われたパーティションを選択し、「次へ」をクリックします。不明な場合は、この選択したパーティション内のファイルの探索をクリックして、パーティション内のファイルを表示できます。

失われたパーティションを選択

7. このウィンドウを終了するには「完了」をクリックします。次に、「ディスクの管理」または「ファイルエクスプローラ」でパーティションが復元されているかどうかを確認できます。

方法4:間違っているか破損しているUSBメモリファイルシステムを修復

ファイルシステムが破損しているまたはRAWとして表示されている場合、ファイルにアクセスすることはできなく、エラーメッセージは表示されます。例えば、USBメモリがRAWと表示されていること。

USBメモリには「このフォルダーは空です」というエラーが表示される場合は、方法3と同じてデータを復旧する用のソフトまたはパーティションを復元する用のソフトにより、USBメモリ上のデータを復旧し、USBのパーティションから全パーティションを復元できます。

方法5:壊れているUSBメモリを修復

USBメモリが破損していると、アクセスできなくなります。USBメモリが壊れていますがファームウェアが正常であれば、コンピュータでUSBは表示され、使用されている領域と空き領域も表示されます。ファイルをUSBメモリにコピーしてからUSBを開く時にファイルが見えますが、取り外してもう一度接続すると、ファイルとフォルダはアクセスできなくなります。何故なら、電流/電圧がUSBを通る限り、USBはファイルとフォルダを保存しますが、電流/電圧が無くなるとコピーされたデータを保持しないからです。その場合、通常は新たなUSBに切り替えることが必要です。

しかし、USBを修復できる場合に、USBメモリにはエラーがあるかどうかを確認、修復するために、次の操作を実行することができます。合わせて三つのチェック、修復方法があり、お好みの1つを選んでいいです。または、万が一のために、一つずつ使用することもいいと思います。

▼ファイルエクスプローラでディスクチェックツールを実行

1. ファイルエクスプローラを開き、USBメモリを見つけて右クリックします。次に、「プロパティ」>「ツール」>「チェック」の順に移動します。

ディスクチェックツール

2. 特定の状況に基づいて、次の2つのオプションのいずれかを選択し、「開始」をクリックします。

    ●ファイルシステムエラーを自動的に修復する(A)

    ●不良セクタをスキャンし、回復する(N)


コマンドプロンプトを使用してCHKDSKを実行

1. コマンドプロンプトを管理者として実行します。

2. このウィンドウで「chkdsk g:/f」と入力してEnterキーを押します。

注意事項:「g」は、USBドライブパーティションのドライブ文字を指します。他のドライブ文字に置き換えることができます。

CHKDSKを実行

この操作の後、USBメモリ上のファイルとフォルダが表示されます。

NOTE:アクティブなパーティションで/fパラメーターを使用せず、chkdskのみを実行する場合、ドライブはロックできないので、エラーが報告されるかもしれません。

▼ディスクパーティション管理ソフトでエラーをチェック、修復

    ★ディスクパーティション管理ソフトのオススメ★

    AOMEI Partition Assistant Standardは、世界中の多くのユーザーから高い評価を得たディスク&パーティション管理フリーソフトです。これはディスク&パーティションの管理に関する多くの機能を備えています。例えば、「パーティションをリサイズ」を使用して、ディスク領域不足の問題を解決できます。また「パーティションを作成」「パーティションを結合」「パーティションを削除」「パーティションをフォーマット」「パーティションをコピー」などの機能を使用して、ディスクスペースを柔軟に管理できます。

    AOMEI Partition Assistantは、弊社のR&Dチームによって厳密にテストされ、セクタのレベルからすべてのデータを保護できます。パーティションスタイル(MBRディスクかGPTディスクか)とディスクサイズ(2TB以上かどうか)にかかわらず、ディスク&パーティションに関する様々な問題を解決できます。

    注意:

    ● Windowsサーバシステムを使用している場合はServer版のほうがより適当だと思います。

    ● Windows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Vista、XP(32ビット版と64ビット版)に対応します。

● パーティションをチェック、修復

1. AOMEI Partition Assistantを無料でダウンロードし、ソフトウェアを起動します。メインインターフェイスで、チェックしたいパーティションを右クリックし、「詳細処理」を選択し、「パーティションチェック」を選択します。

パーティションチェック

2. エラーをチェックする方式を選択します。次のスクリーンショットからわかるように、3つの選択肢があります。最後に「パーティション上の不良セクタをチェックする」を選択するだけです。「はい」をクリックして次のステップに進みます。

エラーをチェックする方式を選択

3. 開始」ボタンをクリックしてチェックを開始します。

チェックを開始

ディスクをチェック、修復

1. AOMEI Partition Assistantを起動し、スキャンしたいディスクを右クリックし、「不良セクタをチェック」を選択します。これはほとんどの場合、指定されたディスクの不良セクタをチェックします。

不良セクタをチェック

2. 開始」をクリックし、不良セクタをチェックします。速い検査を実行したい場合、「高速チェック」チェックボックスにチェックを入れてください。

不良セクタのチェックを開始

結論

ここまでUSBメモリに起きた「このフォルダーは空です」エラーを修復しました。合わせて五つの状況による対処法を別々紹介しました。つまり、「USBメモリにあるファイルが非表示になりました。」、「USBメモリはウイルス/マルウェアに感染しています。」、「USBメモリにあるファイルは削除されました。」、「USBメモリのファイルシステムは間違っているか破損しています。」、「USBメモリが壊れている可能性はあります。」という五つの状況です。読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]ここまでありがとうございました。