ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

diskpartコマンドを使用してHDD/SSDをクリーンしている間に、仮想ディスクサービスのエラーのクリーンが許可されない場合があります。この記事では、問題を簡単に解決するための2つの方法を紹介します。

問題:仮想ディスクサービスのエラークリーンが許可されていません

私は128GBのHDDを搭載したWindows 8.1のLenovo Yoga 13を持っていて、Windows 8.1がインストールされ、すべてのパーティションが付属しているeBayから同じ128GBのSSDを購入しました。それを二次記憶装置として使い、新しいSSDのすべてを削除したいと思っています。しかし、新しいSSD上のパーティションをディスク管理で削除することはできません。次に、diskpart cleanコマンドを使用して新しいSSDドライブをクリーンしました。エラーメッセージが表示されます。仮想ディスクサービスエラー:現在のブート、システム、ページファイル、クラッシュダンプ、またはハイバネーションボリュームを含むディスクにクリーンが許可されていません。システムディスクとして使用していません、なぜそれをまったくクリーンできませんか?誰も助けることができますか?ありがとう。

仮想ディスクサービスのエラークリーンが許可されていません

原因

システムディスク上でdiskpart cleanコマンドを使用しているときにこのエラーが発生します。システムディスクにはWindowsオペレーティングシステムファイルやその他の重要なファイルが含まれています。システムディスクのクリーンが許可されていれば、すべてのデータとパーティションはなくなります。それは多くのエラーと混乱の原因となります。一方、ディスク管理では、削除ボリュームはグレー表示されています。この場合、新しいSSDドライブは、システムファイルなどのためにシステムディスクと見なされることがあります。では、システムディスクをクリーンして仮想ディスクサービスのエラーを取り除く方法はありませんか?

Diskpart仮想ディスクサービスのエラーをクリーンアップする方法は?

実際には、「現在のブートを含むディスクにはクリーンは許可されていません...」問題の解決策があります--WinPE環境下でシステムディスク上のパーティションを削除してください。ここでは2つの方法を紹介します。

方法 1: Windowsインストールディスクを使用

Windowsインストールディスクをお持ちの場合は、Windows 7/8/10では、以下の手順を実行して、クリーンは許可されていない問題を解決することができます。

1. Windowsのインストールディスクを挿入し、そこから起動します。

2. コンピュータの修復> トラブルシューティング > 詳細オプション > コマンドプロンプトの順にクリックします。

3. 次に、「diskpart」コマンドを入力してHDDをきれいにします。

  • diskpart

  • list disk

  • select disk 「ディスク番号」

  • clean

Diskpartクリーン

次に、この問題を解決するためにドライブに新しいパーティションを作成することができます。解決策が働いていない場合は、方法2を試してみてください。

方法 2: AOMEI Partition Assistant Professionalを使用

Windowsインストールディスクをお持ちでない場合、仮想ディスクサービスのエラークリーンは許可されていませんが、プロフェッショナルなディスクパーティション管理ソフト--AOMEI Partition Assistant Professionalは解決でき、且つフレンドリーなインターフェイスのためWindowsユーザーが強くお勧めします 包括的な機能を提供します。問題を解決するには、ブート可能なメディアを作成し、システムディスク上のすべてのパーティションを削除することができます。

システムディスクをクリーンする前に

  • AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロード

  • USBフラッシュドライブを準備

ブート可能なメディアを作成

1. USBドライブを挿入し、検出できることを確認します。このソフトを起動して、左側をウィザードカラムで「ブートブルCD/USBの作成」を選択します。

ブート可能なメディアを作成

2. 「次へ」をクリックします。

3. 「USBブートデバイス」を選択します。

USBブートデバイス

4. 「続行」を押します。

システムディスク上のすべてのパーティションを削除

起動可能なメディアを作成した後、起動可能なUSBスティックを介してコンピュータを起動すると、デスクトップにAOMEI Partition Assistant Professionalの標準が表示されます。このプログラムを実行し、次の手順でシステムディスク上のすべてのパーティションを削除します。

1.システムディスクをクリックし、ディスク操作列の「パーティションを削除」を選択します。

パーティションを削除

2. 「パーティションの高速削除」または「パーティションを削除して、そのデータを消去します」を選択して、「はい」を押します。

パーティションを削除

3. 最後に、「適用」を押すことを忘れないでください。

適用

その後、セカンダリストレージデバイスとしてHDD上に新しいパーティションを作成し、仮想ディスクサービスのエラーが解決されるべきです。

また、「ボリュームが大きすぎます」「システムパーティーションをフォーマットすることは許可されていません」「現在のブート、システム、ページファイル、クラッシュダンプ、またはハイバネーションボリュームでの削除は許可されません」というエラーを修正し、MBRとGPTの間でディスクを変換するなどもできます。また、AOMEI Partition Assistant Professionalは空き領域を割り当て、プライマリパーティションを論理パーティションに変換するなどもできるより良いバージョンです。