ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月16日

「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」エラー

USBフラッシュドライブをWindows 10マシンに接続し、ドライブのスキャンまたは修正を求めるプロンプトが表示されました。通常、私はプロンプトを無視します。しかし、今回はドライブを偶然スキャンするためにクリックしました。それから、「ドライブを使用するには、フォーマットする必要があります。それをフォーマットしますか?」というメッセージが表示されます。

USBメモリーに保存されたファイルが役に立つかもしれないので、私はフォーマットを実行したくありません。そして、キャンセルをクリックします。しかし、「場所は利用できません。F:\にはアクセスできません。このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません。必要なファイルシステムドライバがすべてロードされ、ボリュームが破損していないことを確認してください」という別のエラーが表示されました。私はコマンドプロンプトでドライブにアクセスしようとしましたが、同じ返信メッセージを受け取るだけでした。データを安全に保ち、同時にエラーを修復する方法はありますか?教えてください。

このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません

それはコンピュータ使用でよく見られるエラーです。実際には、SDカード、メモリカード、外付けハードディスク、SSD、Windows 10/8/7およびWindows Server 2008/2012の内蔵ドライブでさえ、「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」というエラーが表示されることがあります。「USBデバイスが認識されません」のような同様の問題も広く議論されています。では、なぜこのようなエラーが発生するのでしょうか?

Windowsで認識されないファイルシステムエラーの考えられる原因

以下は、「ボリュームは認識可能なファイルシステムではない」になった原因の1つになる可能性があります。

●ボリュームまたはディスクが暗号化されます。USBドライブは意図的にまたは意図せずに誰かによって暗号化されることがあります。復号化するしかありません。場合によっては、暗号化されたHDDをバックアップすることも必要です。

●ウイルス感染にされます。ボリュームまたはディスクがウイルスに感染している可能性があります。ウイルスによってファイルシステムが損傷し、オペレーティングシステムによってそのファイルが読み取れなくなります。

●システムが再インストールします。パーティションのファイルシステムが新しくインストールされたシステムと互換性がないため、再インストール後に内蔵ハードディスクまたはSSDに「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」というメッセージが表示されることがあります。

●ファイルシステムが破損します。パーティションファイルシステムは、ファイルシステム変換の失敗後に破損する可能性があります。また、PCを安全に取り出したりシャットダウンしたりせずにリムーバブルデバイスを取り外すと、ファイルシステムが破損する可能性があります。プロパティまたはディスクの管理で、ファイルシステムがRAWに変わることがあります。

●不良セクターがあります。

●パーティションテーブルエラーです。

考えられる原因を知った後で、エラーの解決策が何であるか疑問に思うかもしれません。次のパートでは、USBメモリー「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」の解決策をいくつか説明します。

USBメモリー「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」の解決策

異なるケースでは異なるソリューションが必要ですから、下の修復方法を見つけて自分の場合によって、動作するかどうか確認してください。

データの復元

まず、重要なファイルがストレージにある場合にデータを安全に保つことが不可欠です。市場にはWindows用の多くの無料のデータ回復ソフトウェアがあります。たとえば、TestDiskはデータを回復するための強力なオープンソースツールです。これは高度なユーザーに適したコマンドラインツールです。Googleの詳しい指示や、RAWドライブにCONVERTは使用できないことを参照してデータを保護することができます。

これで、データの安全性が保証された後、心配することなく「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」というエラーを解決することができます。

方法 1:USBドライバの更新

フラッシュドライブ用にWindowsのUSBドライバを更新することができます。この設定後にPCを再起動してください。

1. 「Win + R」キーを押し、「devmgmt.msc」を管理者として実行します。

2. デバイスマネージャで、「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」を見つけて展開し、「Generic USB Hub」を右クリックし、「ドライバソフトウェアの更新」をクリックします。

ドライバソフトウェアの更新

方法 2:パーティションの不良セクタのチェック

前述したように、不良セクタもパーティションファイルシステムに影響します。したがって、ドライブの不良セクタをチェックできます。CMDでCHKDSKを実行すると、「CHKDSKはRAWドライブでは使用できません」というエラーが発生することがあります

その場合、最高のパーティションマネージャであるAOMEI Partition Assistant Standardのディスク表面テストに切り替えることができます。また、RAWドライブでも不良セクタをチェックすることもできます。試しに無料でダウンロードできます。

1. パーティションマネージャをインストールして起動します。USBドライブを右クリックし、「不良セクタをチェック」を選択します。

不良セクタをチェック

2. 「高速チェック」オプションをオンにし、「開始」をクリックします。 プロセスはしばらくして完了します。

高速チェック

方法 3:認識されたファイルシステムでボリュームのフォーマット

ファイルシステムがRAWになってWindowsで認識できない場合は、Windowsで読み取り可能なファイルシステムにドライブをフォーマットする必要があります。「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」を修復するには、ディスク管理、CMDまたはDiskpartを使用してフォーマットすることができます。例えば、Diskpartを介してフォーマットを取ります。

1. 「Win + R」キーを押して実行を開き、「diskpart」と入力してEnterキーを押します。

2. 次のコマンドを順番に入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

  • list volume

  • select volume n(nはエラーが発生したドライブのボリューム番号です。)

  • format fs=fat32 quick(fat32をntfsまたはexfatに置き換えることができます)

  • exit

Diskpartを介してフォーマット

ヒント

●「format F: /fs:fat32」を入力するか、「format F: /fs:ntfs」をCMDで直接入力することができます。ただし、フォーマットを完了するまでに時間がかかります。

●Windowsでは、ハードディスクをexFATにフォーマットすることや、32GBを超えるサイズのボリュームをFAT32にフォーマットすることはできません。もし、やりたければ、USBメモリーをexFATにフォーマットすることを参照してください。

方法 4:パーティションテーブルの再構築

リムーバブルストレージ上に破損したパーティションテーブルがある場合は、「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」というエラーも発生する可能性がありから、ディスクのパーティションテーブルを再構築する必要があります。

MBRを再構築するには、前述のAOMEI Partition Assistant Standardの高級版AOMEI Partition Assistant Professionalは手伝うことができます。まずは、アップグレードしてください。このソフトは内蔵ハードディスクと外付けハードディスク上のMBRパーティションテーブルを簡単に再構築できます。また、すべてのユーザーに適しているフレンドリーなインターフェイスを持っていますから、作業がとても便利です。

1. AOMEI Partition Assistant Professionalを開き、USBフラッシュドライブを右クリックして、今度は「MBRを再構築」を選択します。

2. ポップアップウィンドウで、システムに適したMBRタイプを選択します。

MBRタイプを選択

3. 「適用」をクリックしてから「実行」をクリックして実行します。

適用

ヒント

●Windowsを起動せずにMBRを再構築できます。ブータブルメディアを作成し、WinPEでMBRを再構築します。

●Server 2008/2012で「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」と表示された場合は、AOMEI Partition Assistant Server Editionに切り替えてください。

まとめ

USBメモリーが「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」エラーが発生する場合は、常にデータを安全に保持することが最も重要です。データの安全性を保証してから、異なるソリューションでエラーを修復してUSBフラッシュドライブを使用できるようにすることができます。

AOMEI Partition Assistant Professionalは、より強力な機能を組み込んでいます。コマンドプロンプトでUSBドライブをフォーマットできます。詳細については、CMDを使用してexFATをNTFSに変換する方法を参照してください。