By Asher / 最後の更新 2022年06月30日

PCがWindows 11と互換性があるかどうかを確認する

コンピューターでWindows 11の互換性チェックを実行する場合、MicrosoftがWindows 11を実行するために満たす必要のある最低限の要求は次のとおりです。

要求✎...
プロセッサー:1GHz以上で2コア以上の互換性のある64ビットプロセッサーまたはシステムオンチップ(SoC)
メモリ:4GBのRAM
ストレージ:64GB以上のストレージデバイス
システムファームウェア:セキュアブートをサポートするUEFI
TPM:トラステッドプラットフォームモジュール(TPM2.0)
グラフィックカード:DirectX12あるいは上位バージョンのWDDM2.0ドライバーに支持
ディスプレイ:9インチ720P解像度
インターネット接続とMicrosoftアカウント:Windows 11 HomeのセットアップにはMicrosoftアカウントとインターネット接続が必要

Windows 11の最小システム要件から見ると、この最新バージョンのWindows OSは、インストール可能なPCの最小要件を比較的厳しく設定しています。

Windows 11 互換性チェックプログラムで互換性をチェック方法

Windows 11へのアップグレードを計画しているが、お使いのコンピューターがWindows 11と互換性があるかどうかわからない場合は、Microsoftの「Windows 11互換性チェックプログラム」を試してください。これにより、コンピューターがWindows 11の最小要件を満たしているかどうかを簡単にチェックできます。

実は、Microsoft自身が開発したWindows 11互換性チェックプログラムは「PC Health Check(PC正常性チェック)」アプリです。次に、このWindows 11互換性チェックプログラムを使って互換性をチェック手順を説明します。

「PC Health Check(PC正常性チェック)」でWindows11の互換性をチェックする

Windows 11の互換性の確認の場合、このアプリケーションは、ハードウェア構成がWindows 11をサポートしているかどうかを確認するだけで、デバイスで使用可能なプロセッサに関する詳細情報は表示しません。

手順 1. Microsoftの公式Webから「PC正常性チェック」をダウンロードしてインストールします。

手順 2. パソコンで「PC正常性チェック」を起動します。次に、メインインターフェイスの上部にある「今すぐチェック」ボタンをクリックし、Windows11の互換性を確認します。

今すぐチェック

手順 3. コンピューターがWindows11の互換性チェックに合格した場合、「このPCでWindows 11を実行できます」というセッジが表示されます。

このPCでWindows 11を実行できます

手順 4. コンピューターがWindows11の互換性チェックに失敗した場合、「このPCではWindows 11を実行できません」というセッジが表示されます。

このPCではWindows 11を実行できません

一般的に、「このPCではWindows 11を実行できません」というエラーが発生する原因はWindows11を実行するためのシステム要件を満たしていないからです。

★補充:Windows 11の互換性チェックに失敗する原因
Windows 11はこのプロセッサをサポートしていません。
TPMは互換性がありません(TPM2.0はWindows 11を実行するための前提条件です。TPM2.0が有効になっているかどうかを確認してください)。
PCはセキュアブートをサポートしていません。
ストレージ容量が不足しています(Windows 11を実行するために、システムディスクは64GB以上である必要があります)。

上記の方法により、コンピューターがWindows 11と互換性があるかどうかをすぐに検出できます。コンピューターに互換性がない場合でも、心配しないでください。以下は、Windows 11の互換性の問題を解決し、PCでWindowsを実行できるソリューションを提供します。

Ashampoo Windows 11互換性チェックでWindows11の互換性をチェックする

Ashampoo Windows 11互換性チェックは、ユーティリティソフトウェアです。これは、ユーザーがデバイスがWindows11に対応しているかどうかを確認するのに役立ちます。Windows 10を実行していて、PCがWindows 11の実行と互換性があるかどうかを確認したい場合は、Ashampoo Windows 11互換性チェックは、最初の選択肢になる場合があります。Ashampoo Windows 11互換性チェックは互換性の結果を提供するだけでなく、理由と考えられる解決策を提供することもできます。

このアプリをインストールしたら、アプリを起動して、Check Nowボタンをクリックして結果を確認します。

お使いのPCがWindows11にアップグレードできない場合は、問題を修正するように表示されます。

すべてのコンポーネントに緑色のマークが付いている場合、PCはWindows 11にアップグレードできます。

ただし、PCコンポーネントのいずれかがWindows 11をインストールするための最小ハードウェア要件を満たしていない場合は、その反対側に十字マークが表示されます。いずれかのハードウェアコンポーネントに対してクロスマークが表示されている場合は、注意が必要です。Windows11を実行できるようにアップグレードする必要があります。

このツールはコンピューターを徹底的にチェックし、新しいオペレーティングシステムを実行できるかどうかを通知しますが、このアプリケーションを実行するには、PCがUEFIファームウェア、セキュアブート、TPM(トラステッドプラットフォームモジュール)、およびDirectXをサポートしている必要があります。また、十分なRAM、空き領域、画面サイズ、およびCPUも必要です。

AOMEI Partition Assistant ProfessionalでWindows11の互換性をチェックする

AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows 11へ更新するために、「Win 11更新チェックツール」を開発しました。このツールは、お使いのPCはWindows11と互換性があるかをチェックできます。さらに、このツールを実行するためにPCは必要ありません。互換性のないシステム要件に対応するソリューションもあります。

次に、それがどのように機能するかを見てみましょう。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールし、起動します。メインインターフェイスで、右上隅にある「Windows 11」を選択します。

Windows 11

手順 2. ポップアップウィンドウでは、「チェック開始」をクリックします。

チェック開始

手順 3. チェックが完了するまで待ちます。次に、Windows 11の互換性チェックに合格できるかどうかを確認できます。もし、Windows 11の互換性チェックに合格できる場合は、「このPCはWindows 11に更新できます」メセッジが表示されます。合格できない場合は、「このPCはWindows 11に更新できない」がメセッジ表示されます。

Windows 11の互換性チェックに合格できるかどうかを確認

手順 4. そして、「すべての結果」を選択し、全ての結果を表示できます。結果によると、Windows11と互換性のないシステム要件をアップグレードしてください。

全ての結果を表示でき

ほら、すべての操作が簡単でしょう!

追加:AOMEI PA ProでWin 11ポータブルUSBドライブを作成

Microsoftは、Windows 10/8/8.1 Enterprise EditionのWindows To Goと呼ばれる新機能を発表しました。この新機能により、ユーザーは認定されたモバイルハードディスクからWindows 10/8/8.1を起動できるため、ユーザーは任意のコンピューターでシステム操作を実行できます。

ただし、コンピューターがWindows 10/8/8.1 Enterprise Editionでない場合は、この新機能を使用できません。幸い、windows 11を互換性チェックするツールAOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows 11/10/8/7 ISOファイル、さらにはWindows 11 ISOファイルからWindows 11ポータブルドライブを作成できます。Windows To Go機能ディスクを作成するプロセスをガイドする前に、以下にリストされているいくつかの準備とヒントを理解する必要があります。

事前準備:✎...
65GB以上のポータブルハードディスクが必要です(例えば、USB/CDなどです。ハードディスクが大きいほど効果が高くなります)。
Windows 11のISOファイルを準備します(ESDファイルも利用できます)。

AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードしてインストールします。

次は、Windows 11 ISOファイルを使用してWindows 11ポータブルUSBドライブを作成する手順です。

手順 1. USBドライブをコンピューターに接続し、ソフトウェアを起動して、「すべてのツール」>「Windows To Go Creator」をクリックします。

Windows To Go Creator

手順 2. 表示された画面に「パーソナルコンピューター用のWindows To Goを作成」を選択し、「次へ」をクリックします。

パーソナルコンピュータ用のWindows to goを作成を選択

手順 3. 「インストールディスク/ISOでWindows To Goを作成」を選択します。Windows 11 ISOファイルが自動的に検出されない場合は、フォルダーアイコンをクリックして手動で選択し、Windows 11のISOファイルを追加します。次に、「次へ」をクリックします。

インストールディスク/ISOでWindows to goを作成を選択

手順 4. USBドライブをターゲットとして選択し、「続行」をクリックします。

ポータブルハードディスクをターゲットとして選択

ヒント:「詳細設定」では、作成したシステムタイプ(一般、VHD、VHDX)とシステムブートモード(レガシー、レガシーとUEFI)を選択できます。

手順 5. このとき、このUSBドライブ上のすべてのデータを削除するように求めるメッセージが表示されます(事前にAOMEI Backupperを使用してデータをバックアップできます)。「はい」をクリックして続行します。

完了

手順 6. その後、Windows To Goを作成する手順が完了しました。

★注意:
ポータブルUSBドライブはいつでも任意のオペレーティングシステムのコンピューターに挿入し、BIOS設定に入りし、USBドライブを起動デバイスとして選択して、起動順位変更して保存します。そして、Windows 11ワークスペースから起動できるようになります。起動順位を変更しても起動しない場合は、Windows 11ポータブルUSBドライブを再作成を試みることができます。UEFIで起動するWindowsのソースシステムを作成すると、作成された起動可能なUSBをUEFIファームウェアで使用できます。
さらに、Windows To Go機能は、Windows 11/10/8/7/Server 2022/2019/2016システムのインストールもサポートします。

結論

以上は、Windows 11互換性チェックプログラムでWindows 11の互換性をチェックする方法です。コンピューターがWindows 11と互換性がない場合でも、AOMEI Partition Assistantの「Windows To Go Creator」機能を使用して、Windows 11を正常に実行できるという問題を解決できます。さらに、高速分割、ディスクのクローン作成、MBRの再構築、SSDの安全な消去など高級な機能を備えています。

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。