By Asher / 最後の更新 2021年09月27日

Windows11が起動できない理由

Windows 11の起動に失敗した場合、最初にWindows 11が起動できない原因を理解する必要があります。以下では、いくつかの理由を挙げています。

原因:✎...
紛失または破損したシステムファイルの問題
ディスクの問題(例えば、不良セクタがあります。)
電源の問題(突然の停電、電源コードの接触不良など。)
ディスプレイの問題
外部デバイスとの接続の問題
CPU、グラフィックカード、マザーボードなどの問題

Windows 11が起動できない理由を理解した後、理由に応じて対応する解決策を提供します。

解決策1:ハードウェアの問題をチェックする

以下では三つの方法を紹介してハードウェアの問題を解決します。

1.電源を確認または交換してください

メインボックスの電源ファンは約2秒間回ると停止し、もう一度電源ボタンを押すとこの現象が繰り返されます。このような問題は、電力不足しているためにWindows 11を起動できず、電源を交換する必要があります。

メインボックス

2.ディスプレイを確認または交換してください

まず、ディスプレイのスイッチがオンになっているかどうかを確認します。ディスプレイの電源がオンになっているのにディスプレイに何も表示されない場合は、ディスプレイに問題がある可能性があります。または、ディスプレイの電源コードを外してから再度差し込んで、しっかりと接続されていることを確認することもできます。

それでもディスプレイに何も表示されない場合は、別のディスプレイを接続して、問題が解決するかどうかを確認してください。問題が解決しない場合は、障害のあるディスプレイを修理または交換する必要があります。

3.外部デバイスを切断してください

ディスプレイ、マウス、キーボードを除くすべての外部デバイスを取り外し、モバイルハードディスク、プリンターなどのケーブルを外してから、Windows11を再起動して正常に動作するかどうかを確認してください。外部デバイスを切断してもWindows11を起動できない場合は、次の方法が役立ちます。

解決策2:システムファイルを修復する

システムファイルが失われたり破損したりすると、Windows11も起動に失敗します。以下の2つの方法は、Windows11を起動できない問題を解決するのに役立つ場合があります。

1.PCをリセットする

コンピュータのシステムファイルが失われたり破損したりした場合は、PCをリセットすることが効果的な解決策です。

手順 1. コンピュータを再起動し、Windowsロゴが表示されたらすぐにシャットダウンすることができます。この操作を3回繰り返すと、自動修復画面にリダイレクトされ、「詳細オプション」を選択します。

手順 2. 「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

手順 3. 「このPCを初期状態に戻す」をクリックします。

このPCを初期状態に戻す

手順 4. 「個人用ファイルを保持する」「すべて削除する」のどちらかを選んで初期化の作業を進めます。誤操作する心配がありません。ウィザードは、操作を再度続行するか、3回続行するかを確認します。

方法を選択

ヒント:二つ方法の区別✎...
「個人用ファイルを保持する」:システムディスク内の個人用ファイルを除くすべてのデータを削除します。
「すべて削除する」:システムディスク内のすべてのデータを削除します。ハードディスクがフォーマットされます。

2.MBRを再構築する

MBRの破損は一般的なエラーです。コンピューター上のデータを損傷せずに修復したい場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalの「MBRを再構築」機能を使用してこの問題を修復できます。以下は、MBRを再構築する方法の詳細な手順です。MBRを再構築する前に、いくつかの準備を行う必要があります。

★事前準備:
約10GBのUSBディスクを用意してください。
ブータブルメディアを事前に作成してください(コンピュータを起動できない場合は、AOMEI Partition Assistantを使用して別のコンピュータに起動可能なUSBフラッシュドライブを作成してください)。
Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

手順 1. ブータブルメディアからコンピューターを起動し、AOMEI Partition Assistantを実行します。メインインターフェースで問題のあるシステムディスクを右クリックし、「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

手順 2. 現在のオペレーティングシステムのMBRタイプを設定し、「はい」をクリックします。

現在のオペレーティングシステムのMBRタイプを設定

手順 3. メインインターフェイスに戻ったら、「適用」をクリックし、「続行」をクリックして再構築操作を開始します。

適用

注意:✎...
破損したMBRを再構築すると、破損したMBRなどの問題のみを解決できます。起動可能なファイルまたはシステムファイルが失われたためにコンピューターを起動できない場合は、再構築したMBRを使用してコンピューターを修復できません。
MBRを再構築して、データが失われることはありません。ただし、破損したMBRを誤って再構築すると、コンピューターの起動に失敗する場合があります。したがって、MBRの再構築操作を実行する前に、事前にAOMEI Backupperを使用してデータをバックアップしてください。

解決策3:Chkdskコマンドでディスクを修復する

前の方法が機能しない場合は、Chkdskコマンドを実行してみてください。このツールはドライブのエラーをスキャンし、多くの問題を解決できます。場合によっては、コンピューターのパフォーマンスを向上させることもできます。

手順 1. PCをリセットする方法を使用してコンピューターを起動し、自動修復画面に入り、「オプションの選択」を選択します。

手順 2. 「オプションの選択」画面で、「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

手順 3. 「詳細オプション」画面で、「コマンドプロンプト」を選択します。

コマンドプロンプト

手順 4. コマンドラインでChkdsk C:/f(「f」は修復するディスクの番号です)と入力します。使用中のパーティションをチェックして修復する場合、「ボリュームが別のプロセスで使用されているため、Chkdskを実行できません。次回のシステム再起動時に、このボリュームのチェックをスケジュールしますか(Y/N)?」と表示されます。

コマンドライン

「Y」と入力して「Enter」キーを押し、Windows11は、失われたすべてのデータをルートディレクトリの「Filennnn.chk」という名前のファイルに保存します。Chkdskが終了したら、これらのファイルに必要なデータが含まれているかどうかを確認できます。

「N」と入力して「Enter」キーを押し、Windowsはディスクを修復しますが、割り当てる単位が失われた場合は、その内容を保存しません。

解決策4:専門のコンピューター修理業者に助けを求める

CPUの過熱、グラフィックカード、マザーボードの問題など、ハードウェアの問題である場合は、専門のコンピューターのアフターサービスサイトにアクセスし、コンピューターの修理業者に問い合わせることをお勧めします。

最後

この記事では、Windows11が起動できないという問題を解決するための4つの異なるソリューションを提供します。Windows11が起動できないことに遭遇した場合は、この記事を読んだ後、この記事で提供されているソリューションが役立つと思います。 さらに、AOMEI Partition Assistant ProfessionalはMBRの再構築に加えて、破損したセクターのチェック、パーティションの作成と削除、ドライブ文字の変更、ラベルの変更などにも役立ちます。 Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Serverを使用してください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。