Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

ユーザーがWindows 7 や Window 8をインストールする時に、エラーメッセージを受けられることがあります。例えば、「ディスク0パーティション1にWindowsをインストールすることはできません...」

明確に説明するために、次のような例を取ります:

ディスク0には3つのパーティションがあります:

ディスク0パーティション1 - 100 GBのシステムパーティション

ディスク0パーティション2 - 296 GBのプライマリパーティション

ディスク0パーティション3 - 60GBのプライマリパーティション

それらのいずれかを選択する時に、「ディスク0パーティションnにWindowsをインストールすることはできません」メッセージが表示されルことがあります。パーティション1(システム)の場合、詳細は以下のとおりです。

このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTパーティションスタイルです。 この ハードディスク領域にWindowsをインストールすることはできません。パーティションは、EFIシステムパーティション(ESP)です。

パーティション2(プライマリ)の場合、詳細は以下のとおりです。

このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTパーティションスタイルです。

パーティション3(プライマリ)の場合、詳細は以下のとおりです。

このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTパーティションスタイルです。 Windowsはこのハードディスク領域にインストールすることはできません。NTFS形式のパーティションにWindowsをインストールする必要があります。 このハードディスク領域にWindowsをインストールすることはできません。パーティションは認識されていないタイプのものです。

実際には、すべてのエラーメッセージは、それなりのヒントを持っています。お持ちパーティションがGPTである場合、システムがGPTパーティションから起動できるように、お使いのマザーボードがUEFI/ EFIをサポートできることを確認してください。そうでなければ、MBRにGPTを変換する必要があります。GPTは、パーティションスタイルの1つです。NTFSはファイルシステムの一つです。NTFSパーティションにインストールすルことを要求された場合、それをフォーマットするときに、NTFSを選択してください。または、FATをNTFSに変換することもいいです。

多くのユーザーが自分のマシンのパーティションをよく知らないので、沢山の時間をかかって異なる問題を繰り返して解決することになります。では、一度にそれらのすべてを解決できるソリューションがありますか?はい、あります。オタクはすでに実用的な方法を発見し、インターネットに投稿していました。

ほとんどのユーザーは、Windowsを再インストールするか、デュアルブートシステムとして第2のOSをインストールする時に問題に遭遇します。つまり、ユーザーのパーティションが既に使用されていたと言うことです。

ソリューション 1:

パーティションを維持したくない場合は、次のようにWindows「ディスクの管理」を使用してインストールディスク上のパーティションを削除することができます。

パーティションを左クリックします。青色のリンク「ドライブオプション(詳細)」をクリックします。次に、 「削除」オプションを選択します。

維持したくないパーティションにこの手順を繰り返します。

完了すると、1エントリのみが「ディスク0未割り当て領域」と表示されます。

「次へ」ボタンをクリックしてWindows7をインストールし続けます。

Windows 7はまた、ブートファイルとリカバリ環境が含まれている約100MBの隠される「予約済みシステム」パーティションを作成します。削除する前に大切なデータをバックアップしたほうがいいと思っています。

ソリューション 2:

Windowsのインストール場所を選択するウィンドウで「Shift+F10」キーを押してDOSウィンドウを開きます。

「diskpart」->「 list disk」->「select disk 0 」->「clean」と入力します

DOSウィンドウを閉じます。「最新の情報に更新」をクリックして表示されているディスクを選択します。その後、[次へ]をクリックします。

前述した「ディスクの管理」と「Diskpart」は二つの異なるツールです。共通点があります。両方もドライブやパーティション向けのツールです。しかし、それらも欠点があります。そのため、ソフトウェア技術の発展のおかげで、沢山のサードパーティ製のパーティション・ソフトウェアが出てきます。ここでは、我々はAOMEI Partition Assistantをお勧めします。

「ディスク0パーティション1にWindowsをインストールすることはできません」という質問を解決するために、高速消去を作成してAOMEI Partition Assistantの「ブータブルCDの作成」機能を使用してアクティブプライマリNTFSパーティションを作成することができます。そして、AOMEI Partition AssistantでGPTとMBR間の変換、NTFSとFAT間の変換などは絶対に問題になりません。

AOMEI Partition Assistant Professional版は、ディスクとパーティションの管理向けの完全なツールで、使いやすいオプションを統合します。ディスクとパーティション操作に関するタスクで、内蔵のWindowsユーティリティの代わりに使用することができます。

パーティションアシスタント

パーティションの作成/リサイズ/拡張/マージの方法をお探している場合、使いやすいAOMEI Partition Assistantを使用してみましょう。これは、高速なスピードで操作を実行できるだけでなく、同時に複数の操作を実行できます。要するに、AOMEI Partition Assistantが複数の機能を持つ信頼性の高いプロのツールです。無料ダウロード