By Asher / 最後の更新 2021年11月10日

ユーザーの案例

このディスクにWindows 10をインストールできません

SSDを持っていて、Windows 10の新規インストールを実行しようとしましたが、操作を開始すると、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。」というメッセージが表示されました。GPTをMBRに変換する必要があるようです。これにより、すべてのデータが失われます。パーティションを削除せずに修正する方法はありますか?

- Tomshardware.comからの質問

 

「このディスクに Windows をインストールすることはできません。」エラー

原因:「このディスク(GPT)にWindowsをインストールすることはできません。」エラー

Dell、HP、LenovoのPCでWindowsのインストールまたはアップグレードを実行すると、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。」というメッセージが表示される場合があります。実際、この問題が発生するのは、GPTパーティションスタイルのディスクにWindows 11、10、8、7をインストールする時に、PCはMBRディスクをサポートするLegacy BIOSブートモードを使用しているためです。

一部のシステムでは、MBRとBIOS、GPTとUEFIが連携して動作する必要があります。同様に、MBRにWindowsをインストールまたはアップグレードする時に、PCはGPTディスクをサポートするUEFIブートモードを使用する場合は、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクには、MBRパーティションテーブルがあります。」というエラーが表示されます。

「このディスクに Windows をインストールすることはできません。選択されたディスクには、MBR パーティション テーブルがあります。」エラー

この問題は、パーティションスタイルとブートモードの不一致が原因で発生します。したがって、この問題を解決するには、GPTディスクをMBRに変換する必要があります。

解決策:「このディスク(GPT)にWindowsをインストールすることはできません。」エラー

GPTディスクをMBRディスクに変更するには、インストールCDを使用してコマンドプロンプトを実行します。ただし、ディスク上のすべてのデータが失われ、しかもコマンドプロンプトがコンピュータに詳しい人向けに設計されているため、ほとんどのユーザーにとって複雑です。

そのため、サードパーティのディスクマネージャーAOMEI Partition Assistant Professionalを好む人が増えています。これは、データを失うことなく、GPTをMBRパーティションスタイル(およびMBRからGPT)に切り替えることができるユーザーフレンドリーなソフトウェアです。直感的なインターフェースで、指示に従って簡単に操作を完了できます。

さらに、PCにオペレーティングシステムがない場合、このソフトウェアは、PCを起動するための起動可能なメディアの作成に役立ちます。次に、デモバージョンをダウンロードし、手順に従ってどのように機能するかを確認できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

第一歩:起動可能なメディアを作成する

事前準備:
USBメモリ、空CDや空DVDをコンピュータに挿入します。USBやCD/DVDを持っていない場合は、AOMEI Partition Assistantを使用して、ブータブルISOファイルを作成することもできます。
処理中にフォーマットされるため、重要なデータがある場合は、USB、CD、DVDを事前にバックアップします。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Proを起動して、メインインターフェイスで「ブータブルCD/USBを作成」をクリックし、「次へ」をクリックして操作を確認します。

ブータブルCD/USBを作成

手順 2. 「USBブートデバイス」を選択し、USBフラッシュドライブを選択します。または、CD/DVDを使用している場合は、「CD/DVDドライブ」を選択し、「続行」をクリックします。

USBブートデバイスを選択

手順 3. Windows PEブータブルUSBを作成するためにUSBメモリをフォーマットする必要があります。USBのすべてのデータが削除されるので、重要なデータがあれば、事前にバックアップを作成しておいてください。

注意事項

手順 4. 「はい」をクリックし、ブータブルUSBの作成が開始します。数分がかかるので、プロセスが完了するのをお待ちください。

はい

その後、コンピュータを再起動します。

第二歩:BIOS/UEFIから起動順位を変更する

起動可能なUSB/CDをコンピューターに挿入し、BIOSに入り、起動デバイスとして設定します。具体的な手順は次のとおりです。

手順 1. コンピューターの電源を入れ、BIOSキーを押してBIOS設定画面に入ります。

手順 2. BIOS設定画面では、キーボードの矢印キーを押して「ブート」タブに入り、起動可能なUSBを最初の起動デバイスとして設定します。

起動順序を変更

手順 3. BIOSユーティリティの指示に従って、「終了」タブに移動します。

手順 4. 「変更の保存を終了」オプションを見つけて選択し、起動順序への変更を保存します。

プロンプトに従ってコンピューターを再起動します。

✍ノート:
●BIOSキーは、PCの製造元によって異なります。知る限り、HPコンピューターのBIOSキーはF10、Dell BIOSキーはF2、LenovoはF1またはF2です。
●コンピュータが正常に起動できる場合は、起動可能なUSBを作成したり、起動順序を変更したりする必要はありません。AOMEI Partition Assistantを直接インストールして、次の内容を参照してください。

第三歩:Windows PEでGPTディスクをMBRパーティションスタイルに変換する

手順 1. USBからPCを起動すると、AOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスが表示されます。システムディスクを右クリックし、「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクに変換

手順 2. 操作を確認し、「はい」をクリックしてください。

GPTディスクからMBRディスクに変換するかどうか

手順 3. 次に、メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックします。

適用

変換が完了したら、USBを取り外し、Windows 11、10、8、7をインストールしてみてください。「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。」というエラーが再発しないはずです。

関連するエラー:「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクには、MBRパーティションテーブルがあります。」

また、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクには、MBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」というメッセージが表示された場合、それに応じて、MBRをGPTパーティションに変更してUEFIブートモードに適応させることで対処することができます。

AOMEI Partition Assistantはこの問題を解決できます。手順は非常に似ています。起動可能なメディアを作成し、MBRをGPTに変換します。

MBRディスクに変換

結論

AOMEI Partition Assistantを使用すると、データを失うことなく、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。」というエラーを簡単に修復できます。そのほか、「選択されたディスクには、MBRパーティションテーブルがあります。」という関連するエラーが表示される場合は、AOMEI Partition Assistantの「GPTディスクに変換」機能を使用して解決できます。

Windows 11、10、8、7、XPでMBRとGPTを簡単かつ安全に変換して、問題を解決できます。コンピューターでサーバーシステムが実行されている場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを使用できます。

さらに、このソフトウェアは、ディスクの管理に役立つ他の機能も提供します。SSDを使用している場合は、SSDパーティションを整列でき、システムパフォーマンスを向上させるだけでなく、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換したり、オペレーティングシステムをMBRディスクからGPTに、またはGPTディスクからMBRに移行したりできます。