ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

WindowsオペレーティングシステムをインストールするときにEFIシステムパーティションがNTFSとしてフォーマットされたことをWindowsが検出したというエラーが発生しましたか?この記事では、こういうエラーのために、解決策を用意しております。

EFIシステムパーティションとは

EFIシステムパーティション(ESP)は、データストレージデバイス上のパーティションで、UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)に準拠したコンピュータで使用されます。EFIシステムのパーティション容量はおよそ100〜500MBで、ブートローダ、デバイスドライバファイル、システムユーティリティプログラム、エラーログなどのデータファイルが含まれています。UEFIファームウェアは、起動時にWindowsを起動するためにESPに格納されているファイルをロードします。通常、EFIシステムパーティションはFAT32にフォーマットする必要があります。GPTディスクとMBRディスクの両方にEFIシステムパーティションを含めることができます。通常、WindowsをGPTディスクにインストールした後で、EFIシステムパーティションを生成します。EFIシステムパーティションには、誤って削除または変更されないように、デフォルトでドライブ文字はありません。

修正:WindowsはEFIシステムパーティションがNFTSとしてフォーマットされている事を検出しました

NTFS EFIシステムパーティションのエラーを解決するのは簡単です。未割り当て領域があるまでHDDのすべてのパーティションを削除し、次のキーをクリックすると、Windowsはパーティション自体を作成します。EFIシステムパーティションをFAT32に変更する必要はありません。手順は次のとおりです。

1. PCを再起動します。F2, F9, F10, DelまたはEscを押してBIOSを入力し、インストールUSBスティックまたはDVDドライブからPCの起動を設定します。設定の変更を保存します。

2. インストール用のUSBスティックまたはDVDドライブを挿入し、PCを再起動します。今すぐPCはWindowsのセットアッププログラムを起動する必要があります。

3. 言語、時刻、通貨の形式と入力方法を選択し、「次へ」をクリックします。

言語を選択

4. 「今すぐインストール」ボタンを押します。 プロンプトが表示されたらWindowsキーを入力し、ソフトウェアライセンスを読み、同意します。

今すぐインストール

5. 「インストールの種類を選んでください」ウィンドウで「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」を選択します。

カスタムWindowsのみをインストールする

6. 次のウィンドウで、「Windowsのインストール場所を選んでください?」というメッセージが表示されます。 そしていくつかのパーティション(ディスクに以前にオペレーティングシステムがあった場合)が表示されます。パーティションをクリックして「削除」を選択し、未割り当て領域だけが1つずつ削除されます。

Windowsのインストール場所を選んでください

その後、Windowsのインストールプロセスは円滑に進められます。「WindowsはEFIシステムパーティションがNFTSとしてフォーマットされている事を検出しました」問題が解決できると思います。

簡単にEFIのシステムパーティションを削除するには

場合によっては、EFIシステムパーティションを何らかの理由で削除したいことがあります。一般に、WindowsオペレーティングシステムではEFIシステムパーティションは削除できません。したがって、ディスクの管理で削除ボリュームがグレー表示されていることがわかります。どのように簡単にEFIのシステムパーティションを削除するには?削除するには、DiskPartとAOMEI Partition Assistantの2つの方法があります。

DiskPart

Windows + R」を押して実行ダイアログボックスを開き、diskpartを入力してEnterキーを押します。

次に、以下のコマンドを入力し、1つずつ実行してEFIシステムパーティションを削除します。

list disk

select disk n(nはシステムディスクのディスク番号)

list partition

select partition n(nはEFIシステムパーティションのドライブ文字です)

delete partition override

exit

AOMEI Partition Assistant Standard

EFIシステムパーティションを削除するもう1つの簡単な方法は、パーティション管理フリーソフト--AOMEI Partition Assistant Standardを利用することです。削除する手順は次のとおりです。

1. AOMEI Partition Assistant Standardをダウンロードし、インストールして実行してください。

2. メインウィンドウで、「EFIシステムパーティション」を右クリックし、「パーティションを削除」を選択します。

3. 次に、削除方法を選択してから「はい」をクリックします。EFIシステムパーティションを削除するには、「適用」ボタンを押します。

EFIシステムパーティションを削除すると、未割り当ての領域が得られます。別のパーティションにマージして空き領域を拡張できます。さらに、EFIシステムパーティションを移動してEFIシステムパーティションを作成したい場合は、AOMEI Partition Assistantが簡単に対応できます。プロ版では、空き領域、クイックパーティション、コマンドラインユーティリティの割り当て、OSのSSDへの移行などが可能になります。