By Comnena / 最後の更新 2021年07月22日

Windows Server 2012のHDDがいっぱい

1 TBのHDD(ハードディスク)搭載Windows Server 2012マシンは正常に機能していましたが、最近、HDDがいっぱいになり、その処理速度が低下してしました。

空き容量と高い動作速度のために大容量HDDにHDDを交換するつもりですが、アプリケーションとオペレーティングシステムを新たなHDDにそのまま保存したいと思っています。その方法がありますか?

-あるユーザーからの質問

HDDミラーリング/クローンを実行してみませんか?

現在のディスクを交換するのが一般的方法です。パフォーマンスを向上させるためにハードディスクドライブをソリッドステートドライブにアップグレードするか、容量が小さい現在のディスクを、より多くのストレージスペースがあるディスクと交換することを計画できます。理由が何であれ、使用中のディスクから別のディスクにすべてのデータを移行するのは簡単な作業ではありません。

Windows組み込み機能「コピー」と「貼り付け」は、オペレーティングシステムとアプリケーションファイルを新しいHDDに配置できますが、新しいディスクは起動できず、一部のアプリケーションは正常に動作しませんでした。

HDDミラーリング

だから、上記のシナリオで言及された問題を解決するには、Windows Server 2012のHDDをミラーリングすることが最もいい選択だと思われます。Windows Server 2012のHDDミラーリングは、元のHDD上のデータを保持するだけでなく、事故が発生した場合にデータの損失を回避することができます。最も重要なのは、ターゲットハードドライブからマシンを起動できることです。

Windows Server 2012でHDDを別のHDDにミラーリング

Windows Server 2012のディスクミラーリングは、HDD上のデータをそのまま新しいHDDに保持できますし、時間も節約できます。では次、Windows Server 2012のHDDを別のHDDにクローンする方法を紹介します。

※Windows Server 2012ミラーリングに不可欠なモノを一覧表示

Windows Server 2012のディスクミラーリングを行う前に、次のモノを用意しておく必要があります:

優れたサーバクローニングソフトウェア:優れたクローニングソフトウェアは、Windows Server 2012のHDDを簡単かつ安全にクローン(Raid)するのに役立ちます。だから、サーバクローニングソフトウェアの選択は重要なことです。
十分な空き容量ある新たなドライブ:Windows Server 2012のHDDを正常にミラーリングするには、新しいドライブの容量が少なくとも元のディスクの使用済み容量と同じです。
データ読み取り可能ソースHDD:Windows Server 2012のミラーリングを有効にするには、HDDを読み取り可能にする必要があります。

これらのものを利用すると、Windows Server 2012でHDDを新たなHDDに交換するだけでなく、古いHDD上のデータをそのまま新たなHDDに保持することもできます。

※AOMEI Partition AssistantでWindows Server 2012のHDDをクローン(ミラーリング)

AOMEI Partition Assistant Serverは、Windows Server 2012のHDDをクローンするためのHDDクローン専用ソフトです。強力な機能と操作しやすいインターフェイスにより、Windows Server 2012ミラーリングが簡単で安全に完了できます。

Windows Server 2012でHDDを新しいHDDにコピーする前に行うべきことは次のとおりです:

HDD/SSDのコピーがスムーズにいく為に、まずディスクのエラーをチェックてください。
事故が発生した場合に備えて、HDDを事前にバックアップするほうがいいです。

AOMEIソフトを利用しWindows Server 2012のHDDをミラーリングする方法は、次のとおりです:

ステップ 1. Windows Server 2012のミラーリングを行うには、まずAOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、起動します。次に、コピーするディスクを右クリックし、「ディスククローン」を選びます。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

ディスクを選択

ステップ 2. 次の画面では、必要に応じて方法一つを選びます。

PS:Windows Server 2012のミラーリングを行う方法は2つある:「ディスクの高速クローン」と「セクタ単位のクローン」。前者では、使用済み領域をクローンし、パーティションサイズを調整することができます。後者では、ソースディスクを丸ごとクローンし、パーティションサイズは変更できません。後者は前者よりも時間がかかります。パーティションサイズの調整機能と効率性のおかげで、「ディスクの高速クローン」を強くお勧めします。

セクタ単位のコピー

ステップ 3. コピー先ディスクを選択し、次へ進みます。SSDディスクならば、「SSDの性能を最適化」の前にチェックを入れてください。ここではディスク2を例として挙げます。

コピー先ディスクを選択

ステップ 4. 次の画面では、パーティションを編集できます。必要に応じて設定し、次へ進みます。

ここでは3つのオプションを紹介します:
パーティションのサイズを変更せずにクローン:すべてのパーティションサイズは元のパーティションサイズと同じです。
コピー先に合わせる:パーティションのサイズは、ソースディスクに応じて、自動的にディスク全体に合わせられます。
手動で編集する:パーティションのサイズは、手動で調整します。

パーティションを編集

ステップ 5. メインインターフェイスに戻り、操作を実行するには「適用」>「続行」をクリックします。

適用

PS:Windows Server 2012(R2)のHDDをクローン後にコピー先ディスクに未割り当て領域があるならば、AOMEI Partition Assistant Serverを使って新しいパーティションを作成できます。

クローン作成後、クローンされたディスクから起動するには、BIOSで起動優先度をそのディスクに変更するか、古いハードドライブを直接取り外します。

結論

AOMEI Partition Assistant Serverを使用すると、ただ数回クリックだけでWindows Server 2012のディスクミラーリングを完了します。便利で強力でしょう。システムを維持したままSSDを新しいドライブに置き換える場合は、「OSをSSDに移行」という機能は、Windows Server 2012ミラーリングをシステムで実行するのに役立ちます。

強力なサーバクローニングソフトウェアとして、AOMEI Partition Assistant ServerはWindow Server 2003/2008(R2)/2016/2019もサポートします。また、クローンソフトだけではなく、パーティションマネージャでもあります。例えば、パーティションのサイズ変更、パーティションの結合、パーティションの分割などたくさんの機能をサポートしています。