ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月01日

Ubuntuの完全削除後、Windows10がインストールディスクから起動しない

友人から、Ubuntuを完全削除した後、Windows 10が起動しないと言われました。彼はディスクの管理に入り、Ubuntuのパーティションを削除し、未割り当て領域をドライブCに再割り当てしました。しかし、OSを再起動しようとしましたが、失敗しました。「error: no such partition. ( next line) grub rescue>」エラーメッセージが表示されていました。彼は非常に困っています。

私の友人のようにUbuntuをインストールした人が多いかもしれません。UbuntuとWindowsシステムの両方を使いたい人も少なくないかもしれません。

問題を解決するために、WindowsとUbuntuをデュアルブートすることにします。ただし、時間の経過とともに、Ubuntuの処理は複雑などの理由により、このシステムを削除するつもりがありますね。ですが、Ubuntuパーティションを削除した後、Windowsがインストールディスクから起動しなくなります。

なぜUbuntuを完全削除後、Windowsがインストールディスクから起動しない

Unbuntuは、ユーザー向きの非常に便利で優秀なLinux OSです。最新かつかなり安定した操作システムを提供することは目的です。すべての利用可能なソフトウェアは、クリックしていくだけでダウンロードとインストールが可能です。もちろん、これらはすべて完全に無料です。

Windowsと比較すると、より便利です。たとえば、Windowsなら、システムをシャットダウンする場合は、スタートメニューをクリックし、シャットダウンボタンをクリックする必要があります。一方で、Linuxなら、画面の右上にマウスを置くだけで、スタートとシャットダウンボタンが表示されます。

Ubuntuがインストールされている場合は、MBRにLinuxのGRUBまたはLILOがよく付属しています。Ubuntuが完全削除されてから、MBRの起動プロセスも破壊または損傷される可能性が高いです。従って、削除後はWindowsが起動しなくなります。

Ubuntuを完全削除後のWindowsが起動しない問題を修正

MBRが破損していたため、AOMEI Partition Assistantを使用してMBRを再構築し、ブートコードを修復または追加できます。最も重要なのはコンピューターでAOMEI Partition Assistantを実行して、このディスクのMBRを再構築することですね。

Windowsを正常に起動できないので、まずパソコンを起動するには、別のパソコンでAOMEI Partition Assistantを使ってWindows PE起動可能CD/USBを作成しないといけないです。この後、MBRの再構築を続行できます。

ステップ 1. ディスクを選択して右クリックし、「MBRを再構築」オプションを取得するか、左側の「ディスク処理」で「MBRを再構築」を選択します。

システムディスクのMBR再構築

ステップ 2. オペレーティングシステムによって、現在のOSのMBRを設定します。

MBRの種類を選択

ステップ 3. ツールバーの「適用」をクリックしてタスクをコミットします。

MBRを修復


ご覧のとおり、プロセス全体は非常に簡単です。MBRを再構築してもそのディスク上のデータは失われません。ですから、データの安全性についてはご安心くださいね。この記事で紹介した方法は、Ubuntuを完全削除後のWindowsがインストールディスクから起動しない問題解決に役に立つなら、嬉しいです。

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。