ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月01日

Windows XPでパーティションのサイズを変更するフリーウェア

Windows XPがリリースされて以来はすでに17年が経ちました。ほとんどの人がこのOSを使ったことがあります。しかし、今日、まだこの古いバージョンを使っているユーザーはほんのわずかです。古すぎるOSに違いないんですが、まだ使用しているユーザーにとってサポートもソフトもますます少なくなります。

長期間使用した後、パソコン上のファイルが山ほど積んできて、あるパーティションの容量が使い切れたが他のパーティションに余裕が沢山ある場合がよくあります。特に古いパソコンでは、スペックは低い、空き容量はなくて非常に重いんです。この時、パーティションのサイズを調整してHDDの容量を再配分する必要があります。

Windows XPに組み込まれたディスク管理ツールがありますが、パーティションのサイズ変更機能がありません。コマンドプロンプトを使ってパーティションをリサイズするのは可能ですが、操作は非常に複雑なので、多くのユーザーによって苦手な仕事です。特にパーティションに対する操作が不適切な場合、データを失いかねません。

幸いには、Windows XP向きのパーティション管理ソフトが少なくないんです。AOMEI Partition Assistant Standardはその一つです。この素晴らしいパーティションツールの助けを借りて、Windows XPでパーティションのサイズ変更は今までにない簡単になります。

AOMEI Partition Assistantを使ってパーティションをリサイズする方法

AOMEI Technologyから開発されたAOMEI Partition Assistantはあらゆるパーティション管理機能を備えて全面的なソフトウェアです。まず、個人向けの無料版をダウンロードしてインストールします。ここからパーティションをリサイズする方法を説明します。

AOMEI Partition Assistant Standardを実行します。図のように、Çドライブは既にいっぱいになっています。一方、Dドライブにはまだ使用していない空き領域があります。

ステップ 1. 今回はDドライブの空き領域をCドライブに移行して2つのパーティションをリサイズします。まずはDドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」をクリックします。

Dドライブをリサイズ

ステップ 2. 次のウインドウにDドライブのサイズと位置を調整できます。Dドライブを縮小してCドライブとDドライブの間に未割り当て領域を作成して「はい」をクリックします。

Dドライブのパーティション調整

ステップ 3. メインインタフェースに戻って、Cドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ」をクリックします。

Cドライブをリサイズ

ステップ 4. 緑色のスライダーを右にドラッグして、未割り当て領域を使ってCドライブを拡張します。

Cドライブのパーティション調整

ステップ 5. メインインタフェースに仮想結果が見えます。確認後、問題なければ、左上にある「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

結論

ここまで、Windows XPでパーティションをリサイズしました!おめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆゚!実は、このサイズについての問題を解決することだけでなく、こんなに操作しやすく、機能強力なフリーソフトを手に入れるので、本当に嬉しいですね。

AOMEI Partition Assistant Standardはパーティションリサイズ以外、多種多様な機能を付けています。パーティションの作成、削除、移動、合併、分割、コピーや消去などをサポートしています。詳しい情報はここを参考してください。

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。