Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

WinToUSBソフトウェア

WinToUSBソフトウェアはEasyUEFIの開発チームによって作成されます。ISOファイルまたはCD/DVDドライブを使用してUSBポータブルドライブにWindowsのOSをインストールし、実行するのは無料です。そのため、ポータブルUSBドライブを介して任意のコンピューターにお使いのWindowsのOSを使用できます。USBハードディスクまたはUSBフラッシュドライブはポータブルで、違う場所で自分のWindowsのOSを使いたい時とても便利です。また、WinToUSBはブータブルWinPE USBドライブの作成をサポートします。それはWinPEのコンテンツをUSBドライブに転送して、USBを起動可能にすることができます。

実は、Windows 8/8.1およびWindows 10のEnterpriseはWindows to Goという新しい機能があります。それを使用してUSBハードディスクまたはUSBフラッシュドライブにWindowsを作成できます。この機能はMicrosoftが認定されたUSBドライブが少なくとも32GBであることを要求します。そんなUSBの価格は高いです。WinToUSBツールはそれを代替できます。そしてWindows 7または以降のWindows OSのインストールのためにUSBブータブルドライブを作成することをサポートできます。

WinToUSBの制限

でも、WinToUSBはまだ沢山の制限があります:

● Windows 7は完全なポータブルではありません。異なるコンピューターでWindows 7のOSを持つブータブルUSBを使用する時、ドライブの問題が発生するかもしれません。

● Windows 7とWindows 2008 R2は内蔵のUSB 3.0サポートがないので、Windows 7とWindows 2008 R2はUSB 2.0ポートから起動する必要があります。

● 一般的に、USBフラッシュドライブはとても遅いです。USBフラッシュドライブからWindowsをインストールし、実行するのは沢山の時間がかかります。そのため、Microsoftが認定されたUSBドライブを使用したほうがいいです。

● WinToUSBは前のWindows OSをサポートしません。それはWindows XPやWindows VistaのためにWindowsをUSBポータブルに作成できないことを意味します。

● WinToUSBをインストールしたコンピューターの管理者になる必要があります。

WinToUSBの代替ソフト

幸いなことに、WinToUSBを代替するソフトウェアが沢山あります。AOMEI Partition Assistantはその素晴らしいユーティリティで最高の代替ソフトになります。

★AOMEI Partition Assistantはその異なるエディションで全てのWindows OSをサポートします。PCユーザーは無料エディションを使用できます。AOMEI Partition Assistant Serverはサーバーユーザーのために特別にデザインされます。AOMEI Partition Assistantを使用して、いくつかのシンプルな手順でWindowsのOSのために起動可能なUSBを作成できます。

★管理者である必要がないのでコンピューターにAOMEI Partition Assistantを使用できます。

★AOMEI Partition AssistantはUSB 3.0とUSB 2.0両方をサポートしますが、より速い速度を得るためにUSB 3.0のほうがいいです。USBドライブはMicrosoftによって認定される必要がありません。

ここではUSBにWindows 7を作成するのを例としましょう。行う前に:

● USBドライブを準備します。USB 3.0とUSB 2.0両方はいいです。その大きさはデータを保存するのに十分である必要があります。そして、それをPCに接続して、AOMEI Partition Assistantはそれを検出できることを確保します。

Windows To Go Creatorを使用してWindows 8/8.1またはWindows 10のためにUSBにWindowsを作成するつもりなら、Windows 8/8.1 ISOイメージまたはWindows 10 ISOイメージを準備する必要があります。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、インストールし、起動します。その主な画面で、左側にある「ブータブルCD/USBを作成」をクリックして、ウィザードを開きます。

主なインターフェイス

ステップ 2. 次へ」をクリックします。

ブータブルメディアを作成

ステップ 3. 次にはブータブルメディアを作成する方法をひとつ選択します。この例では「USBブートデバイス」を選択して、「続行」をクリックします。 

方法を選択

ステップ 4. すると、あるポップアップが出て、USBドライブがフォーマットされるように求められます。重要なデータがあれば、事前にそれらをバックアップしたほうがいいです。そして「はい」をクリックします。

情報

ステップ 5. ブータブルメディアの作成が実行されます。プログレスは100%に達すると、このUSBブータブルデバイスを正常に作成するはずです。あとはこのUSBデバイスを使用して、BIOSに入ってコンピューターを起動できます。

完了クリック

実は、AOMEI Partition Assistant ProfessionalエディションはWindows 7/8のためにブータブルメディアを作成するだけでなく、USBにWindows 10 ISOを転送し、ディスクを最高の状態に管理することもできます。それを使用して、パーティションをリサイズ、パーティションをフォーマット、パーティションを削除できます。それは強力なディスクパーティションマネージャーで、ディスク/パーティションをよりうまく管理できます。さらに、プライマリパーティションを論理パーティションに(逆もまた同様)変換、ダイナミックディスクをベーシックに(逆もまた同様)変換、ダイナミックディスクとダイナミックボリュームを管理することもできます。

こちらから、大きな割引でAOMEI Partition Assistant Standard版をProfessional版にアップグレードできます。