ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

このページでは、不良セクターを修復するため、プロなフリーソフト、Wingdowsコンピュータ、コマンドを使用する方法を学びます。

HDDにゼロを書き込んで不良セクターを修復できる?

低レベルフォーマットとも呼ばれるゼロ書き込みは、ハードディスクを上書きする一般的な方法です。通常の読み取り可能なデータがゼロに置き換えられるため、すべてのソフトウェアベースのファイル回復方法でドライブから情報が取得されるのを防ぎます。ご覧のとおり、HDDにゼロを書き込むと、ドライブからデータが消去され、ソフトウェアを使用してデータを復元できなくなります。低レベルのフォーマットでは、不良セクタを修復することはできません。でも、心配しないでください。ここでは、外付けHDDの不良セクタを修復する方法をご紹介しております。

Windows 10/8/7で不良セクターを修復する方法

これらの方法では不良セクタを直接修正することはできませんが、それらを使用不可とマークしてユーザから隠すことができます。または、データが失われた場合に備えて、ドライブの自動ファイルバックアップをいつでも実行できます。

ここでは、不良セクタの修復に3つの効果的な方法を紹介します。始める前に、外付けHDDをWindows PCに接続してください。例としてWindows 7を取ります。

方法 1:プロなフリーソフトで不良セクタをチェック

AOMEI Partition Assistant Standardは、Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP用の最高の無料パーティションユーティリティで、ハードディスク、USBドライブ、またはSDカードの不良セクタを簡単にチェックできます。以下の手順に従ってください。

1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードして起動します。こちらからダウンロード

2. チェックしたいディスクを右クリックして「不良セクタをチェック」を選択します。不良セクタをチェック

3. ポップアップウィンドウで「高速チェック」をチェック入れて「開始」をクリックします。開始

補足:不良セクタがマークされたら、まずディスクをバックアップします。不良セクタに重要なデータがある場合は、専門のデータ復旧センターにディスクを送ってください。

方法 2: Windowsコンピュータで不良セクタをチェック

1. 「コンピュータ」を開きます。外付けHDDを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

2. そして「ツール」タブの「チェックする」ボタンをクリックします。チェックする

3. システムがエラーを検出した場合は、ディスクを確認するように求められます。エラーが見つからない場合は、「このドライブをスキャンする必要はありません」というメッセージが表示されます。それにもかかわらず、「ドライブのスキャン」をクリックしてドライブを確認することを選択できます。ドライブのスキャン

4. スキャン処理が完了するのを待ちます。完了すると、Windowsはメッセージを表示します。エラーが見つからない場合は、上記の図のように表示されます。でもエラーが見つかった場合は、「ファイルシステムを修復するためにコンピュータを再起動してください。すぐに再起動するか、次回の再起動時にエラー修正をスケジュールすることができます」このメッセージが表示されます。この時、すぐに再起動するかどうかを選択します。

方法 3: CHKDSKを実行して不良セクタをチェック

1. 「スタート」の検索ボックスで「CMD」と入力します。そして検索結果の「CMD」を右クリックして「管理者として実行」を選択してコマンドを開きます。

2. 「chkdsk F: /f」と入力して「Enter」を押し、ドライブ上の論理的な問題を検出して修正します。F:を外付けHDDのドライブ文字に置き換えることができます。コマンドプロンプト

3. 「exit」と入力して「Enter」を押し、コマンドプロンプトを終了します。