By Akira / 最後の更新 2022年03月25日

ダイナミックディスクとはなんでしょうか?

ダイナミックディスクとベーシックディスクは、2つのディスクタイプです。どちらもMBRおよびGPTパーティション形式をサポートしていますが、違いもあります。

ダイナミックディスク

ダイナミックディスクは「Windows 2000」で追加された、新たなディスク形式です。ダイナミックストレージ用に初期化された物理ディスクです。シンプルボリューム、スパンボリューム、ストライピングボリューム(RAID-0)、ミラーリングボリューム(RAID-1)、RAID-5ボリュームが含まれます。これらの異なるボリュームにより、データの読み書きの速度効率の向上、複数のディスクにまたがる新しいボリュームの作成、フォールトトレラントボリュームの作成などの機能を提供します。従来のベーシックディスクとは異なるパーティションの管理方式になります。

ダイナミックディスクのクローンを作成する重要性

次のような多くの場合ではダイナミックディスクのクローンを作成する必要があります。

1. コンピューターの実行速度がだんだん遅くなっていく場合は、それがダイナミックディスクのスペースが不足する可能性があります。したがって、ダイナミックディスクをより大きスペースのダイナミックディスクに変える必要があります。古いデータを新しいダイナミックディスクに移転する必要があります。ダイナミックディスクをクローンすることは、データを失うことなくハードドライブを変更するための最良の方法です。
2. ダイナミックディスクが古すぎてうまく機能しない場合は、新しいディスクに変えることで修正できます。ダイナミックディスクのクローンを作成することは、ハードドライブに古いデータを保存するための最良の方法です。
3. 単にバックアップするために、ダイナミックディスクを別のディスクにクローンすることもできます。ダイナミックディスクの破損やその他の予期できないことでデータの損失になったら、クローンディスク上のデータを取り戻すことができます。これにより、データ損失の被害を最小限に抑えることができます。

Windows 11/10/8/7でダイナミックディスクのクローン方法

クローンを作成するの重要性を理解した後、クローンの方法を紹介しましょう。ただし、そこで問題が出てきました。ダイナミックディスクを直接複製することはできません。代わりに、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換してから、ベーシックディスクを別のディスクにクローンし、最後にクローンしたディスクをダイナミックディスクに変換する必要があります。以下は、Windows PCで簡単にダイナミックディスクのクローンを作成する方法です。

ステップ 1. ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する

最初にダイナミックディスクをベーシックディスクに変換するには、AOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。ダイナミックボリュームを削除せずにダイナミックディスクをベーシックディスクに変換できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ヒント:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動し、「すべてのツール」>「ダイナミックディスク変換器」をクリックします。

「ダイナミックディスク変換器」をクリックします。

2. 新しいポップアップウィンドウで、「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

3. 「ベーシックディスクにダイナミックディスクを変換」を選択し、「次へ」をクリックして続行します。

ベーシックディスクにダイナミックディスクを変換

4. 変換するダイナミックディスクを選択して「次へ」をクリックします。

ベーシックにダイナミックボリュームを変換

5. 「この操作を実行します」オプションをチェックしてから、「続行」をクリックして開始します。処理は3-10秒ぐらいかかります。

操作を確認

6. 操作が完了されると、「OK」->「完了」をクリックしてこの操作を終了します。

操作が完了

注意:変換後、ポップアップウィンドウが表示され、コンピュータを再起動する必要があります。

ステップ 2. 変換したダイナミックディスクを別のディスクにクローンする

コンピュータを再起動した後、ダイナミックディスクがベーシックディスクに変更されていることが確認できます。次に、以下の手順に従って、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して変換したダイナミックディスクを別のディスクにクローンできます。

1. AOMEI Partition Assistant Professionalを起動し、クローンしたいディスクを右クリックし、「ディスクをコピー」を選択します。また、左側の「全てのツール」をクリックし、「ディスクをコピー」ウィザードを選択することもできます。

ディスクをクローン

2. ポップアップウィンドウでAOMEI Partition Assistant Professionalは「セクタ単位のクローン」と「ディスクの高速クローン」2つのディスククローン方法を提供しています。ここでは、方法1を選択して「次へ」をクリックします。

●ターゲットディスクのサイズがソースディスクと一致している必要がありません。「ディスクの高速クローン」を選択した場合、ターゲットディスクは、ソースディスクよりも小さくてもいいですが、使用済み容量より大きい必要があります。「セクタ単位のクローン」を選択した場合、ターゲットディスクは、ソースディスクに等しいか、それより大きくなければなりません。

ディスクの高速クローン

3. 次の画面でクローン先のディスク(ここでは、ディスク2)を選択して「次へ」をクリックします。ターゲットディスク上のデータがすべて削除されるメッセージ表示されます。

ターゲットディスク

4. 次はディスクの編集画面に入ります。そこで、3つの選択があります。パーティションを編集してから、「次へ」をクリックします。

●「元のサイズのままコピーする」:パーティションのサイズを変更せずにコピーします。

●「コピー先に合わせる」:ディスク全体にフィットするようにパーティションのサイズを自動的に調整します。

●「手動で編集する」:ディスク上のパーティションのサイズを手動で調整します。

パーティションを編集

5. 次の画面でクローン先のディスクから正常に起動するための注意事項を確認した後、「完了」をクリックします。

注意事項

6. 最後にツールバーの「適用」をクリックすることを忘れないでください。

適用

ステップ 3. クローンしたベーシックディスクをダイナミックディスクに変換する

ここまでで、ダイナミックディスクを別のディスクにクローンすることができました。それでもダイナミックディスクが必要な場合は、Windowsのディスクの管理を使用してベーシックディスクをダイナミックディスクに変換できます。

ダイナミックディスクに変換

後書き

これは、Windows 11、10、8、7でダイナミックディスクのクローンを作成する方法です。AOMEI Partition Assistant Professionalは、ダイナミックディスクを管理するための優れたツールです。 たとえば、ボリュームのサイズ変更/移動、ボリュームの縮小、ボリュームの削除/フォーマット、ラベルの変更、文字の変更、RAIDへのドライブの追加などが可能です。Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを試してみることができます。

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!