By Akira / 最後の更新 2022年04月07日

実例:EFIパーティションを別のドライブにコピーしたい

 

最近、新しいノートパソコンを買いました。HDDはGPTパーティションスタイルで、EFIパーティションがあります。このパーティションはシステム起動に重要で、これがないとWindowsに起動できないと聞きました。そこで、EFIパーティションをバックアップのために別のドライブにクローンする方法があるかどうかをお聞きしたいのですが。ありがとうございました。

--あるユーザーからの質問

なぜEFIパーティションのクローンを作成するのですか?

EFIシステムパーティション(ESP)は、GPTハードドライブによって作成されるFAT32のパーティションです。このパーティションには、起動時にシステムのファームウェアで使用される必要なEFIブートローダーとアプリが格納されます。WindowsとMacの両方がEFIパーティションをサポートしています。ESPは通常100MBであり、ドライブ文字が割り当てられていないため、ファイルエクスプローラーで表示できません。

このパーティションを誤って削除したり、何らかの理由で消えたりすると、コンピュータを起動できなくなります。この場合、紛失した場合に備えて、USBスティックなどの別のハードドライブにクローンを作成してバックアップを作成する必要があります。EFIパーティションは、更新の有無にかかわらず変更されないままであるため、必要なバックアップは1つだけです。

EFIパーティション

Windows 10でEFIパーティションのクローンを作成する方法

上記のように、EFIパーティションのバックアップを取るために必要なことは、EFIパーティションを別のハードディスクにクローンすることです。しかし、どのように実行しますか?

ここでは、強力的なディスクマネージャーAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。これにより、パーティションのクローンを簡単に作成できます。それは安全で迅速です。クローンの過程で、データが失われることはなく、完了するまでに数秒しかかかりません。一方、パーティションクローンとは別に、データ全体をハードディスクから別のハードディスクにコピーする場合は、ディスククローンも使用できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される
注意:
作業を始める前に、保存先ディスクに未割り当ての領域があることを確認してください。そうでない場合は、パーティションを削除または縮小して作成する必要があります。

SSD/HDDにEFIパーティションをクローンするには、このソフトを利用して、すべてのことを簡単にします:

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動し、すべてのディスクとパーティションが表示されるまで待ちます。そして、クローンしたいEFIパーティションを右クリックして、「パーティションをコピー」を選択します。

パーディションをコピー

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、パーティションをクローンする2つの方法があります。

「パーティションの高速クローン」パーティションの使用済み領域だけをコピーし、コピー中にクローン先のパーティションのサイズを変更することができます。(お勧めの方法)
「セクタ単位のクローン」それが使用されているかどうかにかかわらず、パーティション全体をコピーします。これはかなり長い時間がかかります。

適切な方法を選択して「次へ」をクリックします。

クローン方法

ステップ 3. 保存先USBメモリの未割り当て領域の一部を選択します。

注意:ここでは「SSDの性能を最適化」オプションがあります。パーティションをSSD(ソリッドステートドライブ)にクローンする場合、このチェックボックスにチェックを入れて、SSDの読み書き速度を向上させることができます。また、SSDの寿命を延ばすこともできます。

ターゲットバス

ステップ 4. 以下のスクリーンショットの通り、ニーズに応じて、ターゲットパーティションのサイズを調整することができます。また、このステップを直接スキップすることもできます。

パーティションのサイズを調整

ステップ 5. メイン画面に戻って、ツールバーの「適用」をクリックしてパーティションのクローンを実行します。

適用

EFIパーティションに関するFAQ

EFIパーティションがなくなった場合の復旧方法

EFIパーティションが行方不明になると、PCが起動できなくなります。この場合、AOMEI Partition Assistant Professionalを使って起動ディスクを作成し、その起動ディスクから問題のパソコンを起動する必要があります。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalのメインインターフェイスが表示されたら、左側のパネルで「パーティション復元」を選択し、EFIパーティションがないディスクを選択して「次へ」をクリックします。

パーディション復元

ステップ 2. 「高速スキャン」を選択します(「高速スキャン」は「完全スキャン」より早いため、最初にこのオプションを選択することをお勧めします)。高速スキャンを使用して紛失したパーティションを見つけない場合は、完全スキャンを試すことをお勧めします。

高速スキャン

ステップ 3. 以下のリストで削除されたブートパーティションを選択し、「続行」をクリックして復元を開始します。

続行

EFIパーティションが取得できない場合の作成方法

もしEFIシステムパーティションがサードパーティ製のソフトウェアでまだ復元できない場合、コマンドプロンプトを使ってEFIパーティションを再作成し、EFIブートローダをインストールしてハードディスクを再び起動できるようにします。

1. Windowsのインストールディスクまたは回復ディスクからPCを起動します。セットアップ画面でShiftとF10キーを同時に押して、コマンドプロンプトのウィンドウを表示します。

2. 以下のコマンドを実行し、パーティションを縮小して未割り当ての領域を確保します。

Diskpart

List disk

Select disk X(XはEFIパーティションが必要なディスクの番号を表示)

List partition

Select partition N(Nは縮小が必要なパーティション番号を表示)

Shrink desired=500(パーティションを500MB縮小)

3. 次に、作成した未割り当て領域を使って、以下のコマンドで新しいEFIパーティションを作成します。

create partition EFI size=200

format quick fs=fat32 label="System"

create partition msr size = 128

4. その後、以下のコマンドでブートローダや必要なアプリをインストールします。

bootrec /fixboot

bcdboot c:\Windows /s b: /f all

コマンド

まとめ

これで、WindowsでEFIパーティションをクローンする方法がわかりました。ご覧のとおり、AOMEI Partition Assistantは安全かつ簡単にパーティションをクローンするだけでなく、EFIパーティションが無くなった時の復旧・再作成も実行できます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。