ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

この記事では、Windows 7/8/10でOSやプログラムを再インストールすることなく、クローンフリーソフトでHDDをKingston SSDにクローンすることができます。

HDD&SSD

従来のハードディスクドライブ(HDD)は、可動部分を介してデータを保存および回復するための記憶装置である。SSDよりも待ち時間が長く、読み書き時間が長く、消費電力が大きく、重く、衝突による損傷を受けやすいです。

ソリッドステートドライブ(SSD)は、可動部品を持たない先進のストレージデバイスである。待ち時間が少なく、読み書き速度が速く、持ち運びが簡単になり、HDDよりも物理的衝撃に強くなっています。

SSDはコンピュータハードウェアの中で人気が高いので、主なデータ記憶ディスクになっています。特にオペレーティングシステムの保存用。

      

HDDをKingston SSDにクローンする理由

今のところ、優れた性能を備えているSSDドライブはHDDの代替品として多くのパソコンユーザーに好まれています。

また、Kingston SSDは世界中で広く使用されています。例えば、Kingston SSDNow V300 120GB、UV400、Kingston SV300S37AやKingston Hyperx Savage SSD 240GBなど。

なぜHDDをKingston SSDにクローンしますか?いくつかの理由があります:

  • ● パソコンの起動を速くする。

  • ● アプリケーションのロードを速くする。

  • ● システムディスクの容量を拡張する。

  • ● パフォーマンスを向上させる。

ここで問題が一つあります:安全にHDDをKingston SSDにクローンする方法は何ですか?つまり、HDDをKingston SSDに換装する方法は何ですか?

フリーソフトでHDDをKingston SSDにクローン

AOMEI Partition Assistant Standardは、HDDをKingston SSDにクローンできる強力な無料ソフトです。このソフトを使用すると、Windows10でデータを失うことなくHDD全体をKingston SSDにコピーできます。

このフリーソフトはWindows Vista、XP、7、8や10をサポートし、GPTおよびMBRディスクをサポートします。Kingston SSDクローンソフトウェア - AOMEI Partition Assistant Standard版では、Cパーティションの拡張、パーティションのコピー、SSDへOSを移行削除されたパーティションの回復などが可能です。

  • 無料体験

    NOTE: AOMEI Partition Assistant PRO版はWindows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Windows Vista、それにWindows XP(すべてのエディション、64/32-ビット)をサポートしています。

  • AOMEI Partition Assistantを使ってHDDをKingston SSDにクローンする方法

    クローンを作成する前に、Kingston SSDが元のHDDよりも大きいことを確認する必要があります。次はAOMEI Partition Assistant Standard版によってHDDをKingston SSDにクローン(換装)することについての詳細です。

    ステップ 1. Kingston SSDドライブをお使いのコンピュータに接続します。Kingston SSDクローンソフト - AOMEI Partition Assistant Standardを無料ダウンロード、インストール、起動します。メインインターフェースの左側のパネルで[ディスクコピー]を選択します。

    ディスクコピー

    ステップ 2. [ディスクの高速コピー]または[セクタ単位のコピー]という二つのディスクコピー方法から一つ選び、[次へ]をクリックし、HDDをコピーします。

    ディスクの高速コピー

    ステップ 3. 元のHDDをソースディスクとして選択し、[次へ]をクリックして続行します。ソースデイスクがデフォルトで選択される場合に直接に次のステップに行きます。

    ステップ 4. 新しいドライブKingston SSDをターゲットディスクとしてHDDのすべてのデータを保存します。[SSDの性能を最適化]にチェックを入れることを確認後、[次へ]をクリックします。

    Kingston SSDをターゲットディスクとしてデータを保存

    ヒント:Kingston SSDのデータはコピー操作後に削除されますので、その上に大切なデータがあれば、コピー前にそのデータを予めバックアップしておくことをお勧めします。

    ステップ 5. Kingston SSD上のパーティションサイズを変更し、[次へ]をクリックします。

    Kingston SSD上のパーティションサイズを変更

    3つのオプションがあります:

    ● 元のサイズのままコピーする:パーティションのサイズを変更したくないなら、このオプションを選択してください。

    ● コピ先に合わせる:パーティションをKingston SSDドライブに合わせることができます。

    ● 手動で編集する:必要に応じてKingston SSDのパーティションサイズを編集することができます。

    ステップ 6. Kingston SSDからの起動方法がわかったら、[完了]をクリックします。

    完了

    ステップ 7. ツールバーの[適用]をクリックして保留中の操作を確認し、HDDをKingston SSDにクローン(換装)します。

    適用

    これで、Windows10でハードディスク(HDD)をKingston SSDにクローンしてしまったのです。HDD上のデータもこのSSDに移行されました。

    その他に、空き領域の割り当て、プライマリパーティションを論理に変換やダイナミックディスクをベーシックに変換などの高度な機能を体験することができます。パソコン上級者でもパソコン初心者でもAOMEI Partition Assistant Pro版をダウンロードすると、上記の機能をお好きなように使用できます。

    WindowsサーバユーザならAOMEI Partition Assistant Server版を試すことができます。Windows Server 2016、2012(R2)、2008(R2)、2003(R2)、2000、SBS 2003、2008、2011をサポートしています。

    とにかく、ご参考になれば幸いです。