By Akira / 最後の更新 2022年04月11日

HDDとSSDについて

1. HDD

従来のハードドライブ(HDD)は、可動部品を介してデータを読み書きするためのストレージデバイスであり、待ち時間が長く、読み取りと書き込みの時間が長く、消費電力が大きくなります。また、SSDよりも重く、衝突による損傷を受けやすくなっています。

2. SSD

ソリッドステートドライブ(SSD)は、HDDディスクと比較して新しいデバイスです。可動部がないため、HDDに比べてレイテンシーが遅く、読み書きの速度が速く、持ち運びが簡単で、物理的な衝撃に強いのが特徴です。

SSDはコンピュータのハードウェアでより人気があり、徐々にHDDに代わって、特にオペレーティング・システムのメイン・ストレージ・ディスクとして使用されるようになっています。詳しくは、HDD vs SSDを参照してください。

なぜHDDをKingston SSDにクローンするのか?

これまで、SSDドライブは、その優れたパフォーマンスにより、現在のハードドライブ(HDD)の最良の代替品として、多くのコンピューターユーザーに支持されています。

世界中で有名なSSDメーカーはたくさんあります。例えば、Samsung、SanDisk、Intel、Kingstonなどです。どのブランドのSSDを選んだほうがいいでしょうか?デスクトップパソコンであろうと、ノートパソコンであろうと、Kingston(キングストン)製のSSDは悪くない選択だと思います。また、Kingston SSDは、Kingston SSDNow V300 120GB、UV400、Kingston SV300S37Aドライブ、Kingston Hyperx Savage SSD 240GBなど、世界中で広く使用されています。

Kingston SSD

ここでは、WindowsでハードディスクをKingston SSDにクローンする一般的な理由を説明します。

1. OSやアプリケーションを再インストールせずに、OSを移動します。

2. お気に入りのコンピュータの設定をそのまま維持します。

3. 短時間でパソコンを起動できます。

4. アプリケーションの起動やゲームのプレイがよりスムーズになります。

5. ハードディスク容量のアップグレードやOSの空き容量を確保します。

6. これまで以上に優れたパフォーマンスを実現します。

...

どのような理由でキングストンSSDにハードディスクをクローンすることになったとしても、重要な問題はどのように安全かつ効果的にハードディスクをクローンすることができたかということです。

Windows用の最高の無料Kingston SSDクローンソフトウェア

AOMEI Partition Assistant Standardは、ディスクのクローン作成の際に役立ちます。これは無料かつ強力なKingstonクローンソフトウェアであり、データを失うことなく、ハードドライブ(HDD)またはSSD全体をKingston SSDドライブにコピーできます。

このソフトウェアは、ハードドライブのクローンを作成するための2つの方法、「ディスクの高速クローン」(使用済みスペースのみをコピー)と「セクタ単位のクローン」(すべてのセクタをコピー)を提供します。たとえば、「ディスクの高速クローン」を使用して、大きなハードドライブを小さなSSDにクローンできます。さらに、AOMEI Partition Assistantは、クローン作成プロセス中にSSDのパーティションを調整して、SSDのパフォーマンスを向上させます。もし必要なら、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードして、ファイルをHDDに残したまま、OSだけをSSDに移動することもできます。

このソフトウェアはWindows 11/10/8/7/XP/Vistaをサポートし、アドウェアやバンドルソフトウェアがない100%クリーンなソフトウェアです。無料でダウンロードできますので、ぜひお試しください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

簡単な手順でHDDをKingston SSDにクローンする

PCにKingston SSDを接続して、Windowsによってそれを検出できることを確認します。前にBIOSでAHCIを有効にするのはSSDの寿命を延ばすことができます。

では、以下の手順に従って、HDDをKingston SSDにクローンしましょう~

ステップ 1. Kingston SSDクローンソフトウェア - AOMEI Partition Assistant Standardを起動して、メインウィンドウで、左側のパネルにある「すべてのツール」->「ディスククローン」を選択してください。

ディスククローン

ステップ 2. HDDをコピーするために、「ディスクの高速クローン」または「セクタ単位のクローン」というディスクコピー方法の一つを選択して、「次へ」を押してください。

ディスクの高速クローン

ステップ 3. 元のハードディスク(HDD)をクローンするソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックして続けます。

ソースディスク

ステップ 4. HDDからすべてのデータを保存するターゲットディスクとして新しいKingston SSDドライブを選択し、「SSDの性能を最適化」をチェックします。次に、「次へ」をクリックします。

SSDの性能を最適化

ヒント:クローンした後、Kingston SSDドライブの内容は削除されますので、先に重要なデータをバックアップしてください。

ステップ 5. Kingston SSDのパーティションサイズを編集し、「次へ」をクリックします。

パーティションサイズを編集

パーティションのサイズを変更せずクローン:クローン先ドライブ上のパーティションサイズはクローン元ドライブと全く同じです。ターゲットドライブに未割り当て領域が作成されるかもしれません。
クローン先に合わせる:各パーティションのサイズを自動で調整して、クローン先ドライブの総容量を使用します。ターゲットドライブに未割り当て領域がありません。
手動で編集する:ターゲットディスク上の各パーティションのサイズを手動で変更できます。

ステップ 6. 「適用」⇒「続行」をクリックして、この操作を実行します。

続行

注:クローンした後、クローンされたSSDを元のハードディスクドライブと交換する必要があります。また、必要に応じて、BIOSでLegacyとUEFIを変更する必要があるかもしれません。

まとめ

プロセスが完了すると、ハードドライブ(HDD)をKingston SSDドライブにクローンする操作が成功したことがわかります。さらに、上級ユーザー向けに、AOMEI Partition Assistant Professionalは、空き領域の割り当て、MBRからGPTへの変換、ダイナミックディスクからベーシックディスクへの変換などの高度な機能を提供します。

Windows Serverユーザーの場合、Windows Server 2022、2019、2016、2012(R2)、2008(R2)、2003(R2)をサポートするAOMEI Partition Assistant Serverを試すことができます。