By Comnena / 最後の更新 2021年10月08日

大きなHDDを小さなHDD/SSDにクローンできますか?

最近、250GBの新しいHDDを購入しました。古いHDD(合計500GB、残り300GBの空き容量)をWindows10をインストールしたものに交換する予定です。だからすべてのものを私の新しいHDDにクローンしたいと思います。

その後、通常どおり新しいHDDからコンピューターを起動できます。しかし、問題は、新しいHDDが古いHDDよりも小さいことです。それで、500GBHDDを250GBHDDにクローンできますか?

--実例

Windows PCでHDDを小さいHDD/SSDにクローンするための推奨ソフトウェア

ハードドライブのクローンを作成する場合、ディスク容量不足の警告が表示されたときに、ハードドライブをより大きなドライブにクローンする方法を知っているかもしれません。しかし、大きなハードドライブを小さなドライブにクローンできますか? はい、強力なディスククローン作成ソフトウェアを入手すれば、それを行うことができます。

ここで、AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows 10/8/7/XP/Vistaユーザーに強くお勧めします。このツールは、あるディスクから別のディスクへの使用済みスペースのクローンをサポートします。つまり、ソースディスクの使用済みスペースがクローン先ディスクの使用可能な合計スペースよりも小さい限り、大きなHDDを小さなHDDまたはSSDにクローンできます。

したがって、最初のセクションのユーザーと同じ状況が発生している場合:古いHDDの使用済みスペースが約200GBで、新しいHDDのサイズが250GBの場合、AOMEI Partition Assistantを使用して、大きなHDDを別の小さなHDDまたはSSDにクローンできます。

Windows10/8/7で大きなHDDを小さなHDD/SSDにクローンする簡単な手順

Windows PCで大きなHDDを小さなHDDまたはSSDにクローンする前に、次の注意事項を確認してください。

① 小さい方のHDDをコンピューターに接続し、正常に検出されるようにします。また、クローン作成プロセス中にすべてのコンテンツが削除されるため、最初に重要なデータをバックアップしてください。
② ソースHDDで不要になったプログラムやアプリケーションをアンインストールして、HDD/SSDに簡単に収まるように使用済みスペースを小さくすることができます。また、データが少ないと、クローン作成プロセス全体を短縮することもできます。
③ MBRシステムディスクをGPTにクローンするか、GPTシステムディスクをMBRにクローンする場合は、BIOSに入り、クローン後にBIOSとUEFIの間でブートモードを変更して、クローンしたハードドライブからWindowsOSを正常に起動できるようにする必要があります。
④ 後でブートモードを変更したくない場合は、事前にクローン先ディスクのパーティションスタイルをソースディスク(MBRまたはGPT)と同じにすることができます。AOMEI Partition Assistantを使用すると、ボリュームを削除せずにMBRとGPTを変換することもできます。

これで、デモはんをダウンロードして、AOMEI Partition Assistant Proを介して大きなHDDを小さなHDDまたはSSDにクローンする方法を学ぶことができます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. ハードドライブのクローン作成ソフトウェアを起動します。メインインターフェイスで、「全てのツール」をクリックし、「ディスククローンウィザード」に移動します。

手順 2. このウィンドウには、2つのクローン方法があります。大きいHDDを小さいHDD/SSDにクローンするには、ソースディスクの使用済みスペースのみをクローンする「ディスクの高速クローン」を選択してください。次に、「次へ」をクリックします。

手順 3. 大きいHDDをソースディスクとして選択します。そして、「次へ」をクリックします。

手順 4. 小さいHDD/SSDをクローン先ディスクとして選択します。次に、ターゲットディスクのデータ損失に関するメモが表示されます。「はい」をクリックしてディスクを閉じ、「次へ」をクリックして続行します。

注意:大きなHDDを小さなSSDにクローンする場合は、「SSDの性能を最適化」にチェックマークを付けて、読み取りと書き込みのパフォーマンスを向上させることができます。

手順 5. ここで、ターゲットディスク上のパーティションをフィットまたは編集できます。ターゲットディスクがソースディスクよりも小さいため、最初のオプションはクリックできません。

手順 6. 次に、クローンディスクから起動する方法についてのメモを見ることができます。読んだら「完了」をクリックしてください。

手順 7. メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックして操作を実行します。システムパーティションが含まれるため、PreOSモードで実行され、再起動が必要です。

✎ クローンHDDからの起動:
上記のように大きなハードドライブを小さなHDD/SSDにクローンした後、コンピューターを再起動し、F1、F2、ESC、またはその他の特定のキーを長押してBIOSに入り、「ブート」タブにアクセスして移動する必要があります。クローンした小さいディスクが起動順序リストの一番上に表示されます。次に、クローン先ディスクからコンピューターを起動できます。

まとめ

AOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると、HDDをより小さなHDDまたはSSDに簡単にクローンし、後でクローンしたハードドライブからPCを起動できます。さらに、その「OSをSSDに移行」では、必要に応じてWindows10/8/7パーティションのみをより小さなHDDおよびSSDにクローンすることもできます。

クローン作成後、古いHDDをフォーマットまたはワイプして再利用できます。さらに、この用途の広いディスクマネージャソフトウェアは、パーティションサイズを変更したり、データを失うことなくパーティションを分割したり、コンピュータを再起動せずにNTFSシステムパーティションを拡張したりするのにも役立ちます。