By Comnena / 最後の更新 2022年03月25日

大きなHDDを小さなHDD/SSDにクローンできますか?

最近、250GBの新しいHDDを購入しました。古いHDD(合計500GB、残り300GBの空き容量)をWindows10をインストールしたものに交換する予定です。だからすべてのものを私の新しいHDDにクローンしたいと思います。

その後、通常どおり新しいHDDからコンピューターを起動できます。しかし、問題は、新しいHDDが古いHDDよりも小さいことです。それで、500GBHDDを250GBHDDにクローンできますか?

--実例

なぜ大きいHDDからより小さなSSDへクローンしたい?

HDD(ハードディスクドライブ)の大容量化・低価格化が進み、TB単位のHDDも珍しくなくなりました。大容量のHDDを使用しているユーザーも多いのではないでしょうか。確かに、HDDにはいくつかの利点があります。しかし、多くのユーザーにとって、アクセス速度はそれ以上に重要です。

その際、SSD(ソリッドステートドライブ)を選択する人が増えています。現在、多くの人が利用しているSSDは、若干価格が高く、容量の問題もありますが、HDDの10倍以上の速さで読み込むことができます。また、HDDに比べてSSDは音がしないので静かで、耐衝撃性も高いです。その他の具体的な特典を知りたい場合は、こちらのページを参考にしてください。

HDDからSSDへクローン

まだ従来のHDDを使用しているユーザーは、システムの起動を高速化するために、HDDからSSDに乗り換えたいと思うでしょう。しかし、システムやよく使うソフト、お気に入りのアプリケーションを再インストールするのは面倒だし、とても時間がかかります。うまくいかないと、システムクラッシュを起こし、パソコンが起動しなくなることもあります。

こういう場合、HDDをバックアップしてからSSDに復元する方法もありますが、何か直接に今のHDDからSSDに移行する方法があるでしょうか?

また、大容量のSSDは高価なため、元のHDDよりも小さなSSDを購入したいというケースがほとんどです。そのため、大容量のHDDから小さな容量のHDDやSSDにクローンを作成する必要があります。

HDDから容量小さいSSDへクローンするのは可能でしょうか?

ディスククローンとは、2つの同じストレージデバイス(HDDまたはSSD)を用意することです。通常のコピーとの違いは、それらがまったく同じ状態であることで、Windowsが元のストレージで起動した場合、クローンしたストレージでも起動します。

実際、システム、設定、プログラム、データなどすべてをHDDから別のHDDに移行するには、大容量のHDDから小容量SSDへのクローン作成が最適な方法でしょう。OSの再構築の手間を省き、システム移行の成功率を大幅に向上させることができます。

ネット上のユーザーの声を見ると、HDDから全く同じ容量のHDD/SSDへのクローン作成は簡単ですが、大容量のHDDから小容量のHDD/SSDへのクローン作成は難しいようです。市販のハードディスククローンソフトの多くは、小容量ディスクから大容量ディスクまでのクローンしか扱えません。

クローンするのは可能

例えば、「デュプリケーター」というHDDのコピー専用機器があります。これは同容量や小容量から大容量へのクローン作成はできますが、大容量ドライブから小容量ドライブ・SSDへのクローン作成はできません。空き容量などを見ずに丸ごとコピーしているので、データの削除場所がわからないのかも?

では、大容量のHDDから小容量のSSDにクローンを作るには、具体的にどうすればよいのでしょうか?実際、適切なSSDクローンソフトウェアを使えば、もっと簡単になります。

Windows PCでHDDを小さいHDD/SSDにクローンするための推奨ソフトウェア

ハードドライブのクローンを作成する場合、ディスク容量不足の警告が表示されたときに、ハードドライブをより大きなドライブにクローンする方法を知っているかもしれません。しかし、大きなハードドライブを小さなドライブにクローンできますか? はい、強力なディスククローン作成ソフトウェアを入手すれば、それを行うことができます。

ここで、AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows 11/10/8/7/XP/Vistaユーザーに強くお勧めします。このツールは、あるディスクから別のディスクへの使用済みスペースのクローンをサポートします。つまり、ソースディスクの使用済みスペースがクローン先ディスクの使用可能な合計スペースよりも小さい限り、大きなHDDを小さなHDDまたはSSDにクローンできます。

したがって、最初のセクションのユーザーと同じ状況が発生している場合:古いHDDの使用済みスペースが約200GBで、新しいHDDのサイズが250GBの場合、AOMEI Partition Assistantを使用して、大きなHDDを別の小さなHDDまたはSSDにクローンできます。

大きなHDDを小さなHDD/SSDにクローンする手順

Windows PCで大きなHDDを小さなHDDまたはSSDにクローンする前に、次の注意事項を確認してください。

① 小さい方のHDDをコンピューターに接続し、正常に検出されるようにします。また、クローン作成プロセス中にすべてのコンテンツが削除されるため、最初に重要なデータをバックアップしてください。
② ソースHDDで不要になったプログラムやアプリケーションをアンインストールして、HDD/SSDに簡単に収まるように使用済みスペースを小さくすることができます。また、データが少ないと、クローン作成プロセス全体を短縮することもできます。
③ MBRシステムディスクをGPTにクローンするか、GPTシステムディスクをMBRにクローンする場合は、BIOSに入り、クローン後にBIOSとUEFIの間でブートモードを変更して、クローンしたハードドライブからWindowsOSを正常に起動できるようにする必要があります。
④ 後でブートモードを変更したくない場合は、事前にクローン先ディスクのパーティションスタイルをソースディスク(MBRまたはGPT)と同じにすることができます。AOMEI Partition Assistantを使用すると、ボリュームを削除せずにMBRとGPTを変換することもできます。
⑤小さい方のディスクの記憶容量:小さい方のディスクの記憶容量がソースドライブの使用容量と同じかそれ以上であることを確認し、すべてのクローンセクタデータを収容できるようにします。

これで、デモはんをダウンロードして、AOMEI Partition Assistant Proを介して大きなHDDを小さなHDDまたはSSDにクローンする方法を学ぶことができます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. ハードドライブのクローン作成ソフトウェアを起動します。大きいHDDを選択して右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 2. このウィンドウには、2つのクローン方法があります。大きいHDDを小さいHDD/SSDにクローンするには、ソースディスクの使用済みスペースのみをクローンする「ディスクの高速クローン」を選択してください。次に、「次へ」をクリックします。

ディスクの高速クローン

手順 3. 小さいHDD/SSDをクローン先ディスクとして選択します。次に、ターゲットディスクのデータ損失に関するメモが表示されます。「はい」をクリックしてディスクを閉じ、「次へ」をクリックして続行します。

クローン先ディスクとして選択

注意:大きなHDDを小さなSSDにクローンする場合は、「SSDの性能を最適化」にチェックマークを付けて、読み取りと書き込みのパフォーマンスを向上させることができます。

手順 4. ここで、ターゲットディスク上のパーティションをフィットまたは編集できます。ターゲットディスクがソースディスクよりも小さいため、最初のオプションはクリックできません。

パーティションをフィットまたは編集

手順 5. 次に、クローンディスクから起動する方法についてのメモを見ることができます。読んだら「完了」をクリックしてください。

完了

手順 6. メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックして操作を実行します。システムパーティションが含まれるため、PreOSモードで実行され、再起動が必要です。

大きいHDDをPCから取り外し、小さいSSDを装着

現在使用している大きいHDDのデータを新しい小さいSSDにクローンしたら、大きいHDDを取り外して新しい小さいSSDを取り付ける必要があります。

まずは、パソコンのカバーを取り外していきます。大きいHDDとパソコン本体を接続するケーブルを外します。丸印部分のケーブル接続端子を開けてケーブルを外します。4本のネジを外して大きいHDDを取り出します。新しい小さいSSDを古い大きいHDDが付いていたマウンタに取り付けます。今までと逆の手順で、カバー、キーボード、光学ドライブ、バッテリーを取り付けていけば完了です。

小さいSSDを装着

クローンした小さいSSDから起動

大容量HDDをストレージデバイスとして保持したい場合、クローンした小容量HDD/SSDから起動する方法は次のとおりです。

手順 1. コンピュータを再起動し、最初の起動画面でEsc、F1、F2、F8、またはF10を押し続けてBIOS設定に入ります。

手順 2. 「ブートオプション」画面で、新しいクローンした小容量ドライブをブートドライブとして選択します。

手順 3. GPTをMBRに、またはMBRをGPTにクローンする場合は、ブートモードをUEFIからレガシーまたはレガシーからUEFIに変更する必要があります。

レガシーからUEFIに変更

手順 4. すべての変更を保存し、BIOSセットアップユーティリティを終了します。

古い大きなドライブを保持する必要がない場合は、コンピューターをシャットダウンし、ソースディスクを切断して、ターゲットディスクをソースディスクのソケットに接続します。

まとめ

AOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると、HDDをより小さなHDDまたはSSDに簡単にクローンし、後でクローンしたハードドライブからPCを起動できます。さらに、その「OSをSSDに移行」では、必要に応じてWindows11/10/8/7パーティションのみをより小さなHDDおよびSSDにクローンすることもできます。

クローン作成後、古いHDDをフォーマットまたはワイプして再利用できます。さらに、この用途の広いディスクマネージャソフトウェアは、パーティションサイズを変更したり、データを失うことなくパーティションを分割したり、コンピュータを再起動せずにNTFSシステムパーティションを拡張したりするのにも役立ちます。