ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月01日

「三浦大和」という名前をクリックすると、他のディスク管理についての文章を読めます。問題があれば、こちらへどうぞ!

直接にMBRをGPT SSDにクローンできる?

私はWindows 7がインストールされた500GB MBRパーティションディスクを持っています。新しく購入した1TB GPT SSDに交換したいですが、その上にWindowsと他のアプリケーションを再インストールしたくないのです。MBRシステムディスクのみをGPT SSDにクローンして、クローンされたGPT SSDからコンピューターを正常に起動する方法がありますか?

MBR VS GPT

MBRディスクをGPTディスクにクローンする前に、MBRディスクとGPTディスクの違いについての基本情報を知ると、その後の操作に役立つと思います。

マスターブートレコード

GUIDパーティションテーブル

明らかに、MBRディスクと比較して、GPTには多くの利点があります。お使いのオペレーティングシステムが64ビットで、コンピューターのマザーボードがUEFIブートモードをサポートしている場合、MBRをGPTディスクにクローンすることをお勧めします。そうしないと、ディスクのクローンを作成する前に、GPT SSDをMBRに変換することもできます。

数回のクリックでMBRをGPT SSDにクローンする方法

OSがGPTディスクをサポートし、マザーボードがUEFIブートモードをサポートしていることを確認してください。次に、信頼性の高いディスククローンソフトウェアを使用して、ディスクのコピー操作を実行できます。

AOMEI Partition Assistant Professional版は、Windows 10/8/7/Vista/XP向けMBRをGPTディスク(SSDまたはHDD)に簡単かつ直接にクローンすることをサポートできるディスクパーティション管理ソフトです。従って、OSやアプリケーションを再インストールすることなく、MBRシステムディスクをGPT SSDにアップグレードできます。

    ● 使用済み領域のみをクローンすることでディスクをより小さいディスクにクローンするか、ソースディスク上のすべてのセクターをターゲットディスクにクローンすることで不良セクターのあるディスクでもクローンできます。

    ● クローン作成プロセス中に、4Kアラインメントを実行して、SSDのパフォーマンスを向上させることができます。

    ● さらに、ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えているため、操作しやすいです。


今、GPT SSDをお使いのコンピューターに接続し、それが認識できることを確認します。ソフトウェアをインストールしてから、その対応の使用方法を見ましょう。

または、体験版を無料ダウンロードしてお試しください!

注意:Windows ServerでMBR HDDをGPT SSDにクローンする場合は、AOMEI Partition Assistant Server版を使用することができます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを実行し、メインインターフェイスで「全てのツール」>「ディスククローンウィザード」を選択します。

ディスクコピーウィザード

ステップ 2. この画面が表示されます。特定の状況に基づいてMBRディスクをGPTディスクにコピーする方法を選択できます。ここでは、「ディスクの高速クローン」を選択します。

ディスクの高速クローン

ステップ 3. MBRシステムディスクをソースディスクとして選択します。

ステップ 4. GPTディスクをターゲットディスクとして選択します。SSDの場合は、「SSDの性能を最適化」にチェックを入れてください。

クローン先のディスクを選択

ステップ 5. ここで、ターゲットディスクのパーティションを編集できます。

ディスクを編集

    注意:ターゲットディスクからオペレーティングシステムを起動する方法に関するメモが表示されます。操作の正しさを確認するには、チェックしてください。次に、「完了」をクリックします。


ステップ 6. メインインターフェイスに戻ります。操作結果のプレビューが表示されます。確認後、問題がなければ、「適用」>「続行」をクリックしてディスクのクローンを実行します。

ディスククローンの確認

ステップ 7. MBRシステムディスクをGPTにクローンした後、クローンされたGPTディスクから起動するには、BIOSに入り、ブートモードをレガシーからUEFIに変更し、クローン先のディスクを優先順位のブートデバイスとして設定します。

注意:

● MBRディスクをより大きなGPTディスクにクローンする場合、クローン後に未割り当て領域が存在する可能性があります。その未割り当て領域を別のディスクに追加するか、新規パーティションを作成して、未割り当て領域を十分に活用します。

● GPTのターゲットディスクからパソコンを起動できることを確認した後、MBRの古いソースディスクを放棄したい場合は、データ漏洩を予防するために、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用してディスクを完全消去することが可能です。

結論

AOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると、7つの簡単なステップでMBRをGPT SSDまたはHDDにクローンできます。実際には、GPTディスクをMBRにクローンすることもできます。さらに、OSをGPTに移行し、ダイナミックディスクをデータ損失なしでベーシックに変換し、SSDを安全に消去するのに役立ちます。

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!