ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年10月23日

Windowsパーティションを別のHDDにクローンすると、AOMEI Partition Assistantを体験してみることをお勧めします。このソフトを使用すると、簡単かつ迅速に別のSSD/HDDにHDDパーティションをクローンまたは移行することができます。

WindowsパーティションのみをSSDにクローンできますか?

何年もコンピューターを使用してきましたので、今ではゆっくり動作しました。コンピュータの起動速度とパフォーマンスを向上させるために、Windows 10がインストールされたその100GB HDDを新しい1TB SSDに置き換えようと思います。

ただし、元のHDDのすべてのパーティションではなく、Windowsパーティションだけを保持したいです…では、SSDにWindowsパーティションをクローンするだけでいい方法はありますか?もしあれば、その対応の手順は何ですか?

Windowsクローンソフトをお勧めします!

WindowsパーティションのみをSSDまたはHDDにクローンするには、AOMEI Partition Assistant Pro版のような強力なWindowsクローン専門ソフトを使用する必要があります。このソフトを使用すると、再インストールせずにシステムパーティションまたはディスク全体を別のHDDにコピーすることができるようになります。

AOMEI Partition AssistantでWindowsパーティションをSSD/HDDにクローン

AOMEI Partition Assistantは、[パーティションをコピー]と[OSをSSDに移行]という2つの機能を提供します。Windowsシステムパーティションをコピーするため、ここで[OSをSSDに移行]をお勧めします。データパーティションをコピーすると、[パーティションをコピー]をお勧めします。

では今、AOMEI Partition Assistantを使ってシステムパーティションを別のSSD/HDDにクローンする方法を見てみましょう~!

▼方法1 [OSをSSDに移行]でSSDまたはHDDをクローン

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Proの体験版を無料ダウンロード、インストール、起動します。左側のパネルから[OSをSSDに移行]を選択し、[次へ]をクリックします。

OSをSSDに移行

ステップ 2. コピー先のディスクから未割り当て領域を選び、[次へ]をクリックします。

コピー先のディスク

注:ターゲットディスクに未割り当て領域があるはずです。もしなければ、まず未割り当て領域を作成してください。

ステップ 3. この画面では、作成中のパーティションのサイズを変更できます。次に、[次へ]をクリックします。

パーティションのサイズを変更

ステップ 4. その後、SSD/HDDからOSを起動する方法についての注意が表示されます。確認後、[完了]をクリックします。

SSD/HDDからOSを起動する方法についての注意

ステップ 5. メインインターフェースに戻り、右上隅にある[適用]をクリックしてWindowsパーティションをSSD/HDDにクローンします。

WindowsパーティションをSSD/HDDにクローン

注:GPTディスクとMBRディスクの間でOSのクローンを作成するなら、UEFIとレガシBIOSの間でブートモードを変更する必要があります。

▼方法2 [パーティションをコピー]でSSDまたはHDDをコピー

既存のディスクから特定のデータパーティションを別のパーティションにコピーする場合は、次の手順に従ってください。

ステップ 1. AOMEIPartition Assistantを起動します。コピーしたいパーティションを右クリックして[パーティションをコピー]を選択するか、左パネルの[パーティションをコピー]をクリックします。

パーティションをコピー

ステップ 2. この画面で、パーティションのコピー方法が2つ表示されます。1つ選んで[次へ]をクリックします。

パーティションのコピー方法

▼ヒント:
● パーティションを高速コピー:パーティションの使用済み領域だけをコピー先の領域にクローンしますので、処理速度は速いです。これにより、クローン作成プロセス中にパーティションのサイズ変更と移動を行うことができます。コピー先ディスクの容量は、せめてコピー元ディスクの使用済み容量と同じです。
● セクタ単位のコピー:パーティションのすべてのセクタをコピー先ディスクにコピーしますので、ずいぶん時間がかかります。クローン作成中にパーティションのサイズを変更することはできません。コピー先ディスクの容量は、せめてコピー元パーティションと同じです。

ステップ 3. この画面で未割り当て領域を選択してパーティションのコピーを保存し、[次へ]をクリックして続行します。

未割り当て領域を選択してパーティションのコピーを保存

注:コピー先パーティションはSSDにあれば、[SSDの性能を最適化]にチェックを入れます。これでパーティションの読み書き速度を向上させます。

ステップ 4. この画面では、パーティションのサイズを変更できます。[次へ]をクリックします。

パーティションのサイズを変更

ステップ 5. 適用]をクリックして保留中の操作を実行します。

適用

  • Windows Serverで使用可能なAOMEI Partition Assistant Server版もある。

  • ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版とTechnician版をお勧めする。

  • AOMEI Partition Assistant Technician版は上記の機能以外、クライアントに有償技術サービスを提供する。

  • これらのバージョンの違いを見てみましょう~

結語

この強力なディスクマネージャ - AOMEI Partition Assistantを使用すると、WindowsパーティションをSSDまたはHDDにクローン作成したり、データパーティションをSSD/HDDにコピーしたりできます。

実際には、このクローン作成ソフトは、他のさまざまな強力な機能を提供します。例えば、あるパーティションから別のパーティションへ空き容量を割り当てること、MBRとGPT間でシステムディスクを変換することや失われたパーティションを回復することなど。

とにかく、以上です。ご参考になれば幸いです!