By Akira / 最後の更新 2022年10月12日

WindowsパーティションのみをSSDにクローンできますか?

 

コンピューターを何年も使用してきましたので、今ではゆっくり動作しました。コンピュータの起動速度とパフォーマンスを向上させるために、Windows 10がインストールされたその100GB HDDを新しい1TB SSDに置き換えようと思います。
ただし、元のHDDのすべてのパーティションではなく、Windowsパーティションだけを保持したいです…では、SSDにWindowsパーティションをクローンするだけでいい方法はありますか?もしあれば、その対応の手順は何ですか?

- 掲示板からの質問

なぜパーティションクローンが必要ですか?

パーティションをSSD/HDDにクローンする理由は次の通りです。

●データの消失を防ぐために、パーティションクローンをバックアップ(コピー・複製)として安全な場所に作成します。

●複数のパーティションを持つディスクですが、ディスク全体ではなく重要なパーティションだけをクローンしたい場合、パーティションクローンが必要です。

●コピー&貼り付けのような操作でパーティションを丸ごと別の場所に移行することができません。しかし、パーティションクローンを通して、すべてのデータ(実行中のプログラムでも)をクローン先に簡単にコピーすることができます。

パーティションクローンソフトをお勧めします!

従来のハードディスクドライブでシステムの動作が遅くなっている場合、パーティションをより高速なSSDドライブにコピーすることは常に素晴らしいアイデアです。しかし、どのようにこの特別なクローン作業を行うことができるのでしょうか?最も効果的で簡単な方法は、AOMEI Partition Assistant Professionalのような専門的なディスクまたはパーティションクローンソフトウェアを使用することです。このソフトは次のような素晴らしい機能を備えています。

「OSをSSDに移行」の機能は、OSパーティションだけをSSDまたはHDDにクローンするために設計されました。そして、クローン完了後、クローンしたディスクから起動することができます。
MBRからMBR、GPTからGPT、GPTからMBR、MBRからGPTなど、異なるパーティションスタイルのディスク間でOSパーティションだけを移行できます。
「SSDの性能を最適化」をチェックして、宛先ディスクの読み取りおよび書き込みパフォーマンスを向上させるのにも役立ちます。
ソースパーティションの使用領域を保持するのに十分なスペースがあれば、Windowsパーティションを小さいディスクにコピーすることができます。

さらに、AOMEI Partition Assistantは「ディスククローン」と「パーティションクローン」の機能を備えています。前者はディスク全体を別のハードディスクにコピーすることができ、すべてのものを再インストールする必要がありません。

パーティションをSSD/HDDにクローンする方法

では今、AOMEI Partition Assistantを使ってシステムパーティションを別のSSD/HDDにクローンする方法を見てみましょう~!

事前の準備:
パーティションをダイナミックディスクにコピーすることは許可されません。
操作を実行する時にクローン先のパーティション内の全てのデータが上書きされるため、事前にターゲットパーティション上のデータをバックアップするか、ほかの場所に移動したほうがいいです。
事前にクローン元のパーティション上で実行している他のアプリケーションを閉じる必要があります。さもないと、このパーティションコピーフリーソフトはそれらを終了するように求めるか、PreOSモードで操作を実行します。
AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、インストールしてください。
Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ステップ 1. まず、SSDをお使いのコンピューターに接続する必要があります。※もちろん、クローン元のパーティションとクローン先のパーティションは同じディスクにあることも可能です。

ステップ 2. AOMEI Partition Assistant Professionalを起動します。左側のパネルから「OSをSSDに移行」を選択し、「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

ステップ 3. コピー先のディスクから未割り当て領域を選び、「次へ」をクリックします。

コピー先のディスク

注:ターゲットディスクに未割り当て領域があるはずです。もしなければ、まず未割り当て領域を作成してください。

ステップ 4. この画面では、作成中のパーティションのサイズを変更できます。次に、「次へ」をクリックします。

パーティションのサイズを変更

ステップ 5. その後、SSD/HDDからOSを起動する方法についての注意が表示されます。確認後、「完了」をクリックします。

SSD/HDDからOSを起動する方法についての注意

ステップ 6. メインインターフェースに戻り、右上隅にある「適用」をクリックしてWindowsパーティションをSSD/HDDにクローンします。

WindowsパーティションをSSD/HDDにクローン

注:GPTディスクとMBRディスクの間でOSのクローンを作成するなら、UEFIとレガシBIOSの間でブートモードを変更する必要があります。

OSパーティションの移行が完了した後、古いハードディスクを新しいディスクに交換し、BIOSに入って起動順序を変更して、クローンディスクからPCを正常に起動できるようになります。

bios

補足:WindowsパーティションをUSBにコピー

Windows 11/10/8/7パーティションをUSBフラッシュドライブ(SSDドライブではなく)にクローンし、ポータブルUSBドライブを作成し、他のPCで使い慣れたOSを実行したい場合、AOMEI Partition Assistant Professionalはあなたを同様に満足させます。

この多機能なソフトウェアは、Microsoftによって開発された「Windows To Go」に似ていますが、より高度な「Windows To Go Creator」を付属しています。AOMEI Partition Assistantの「Windows To Go Creator」は、Windows 11/10/8/7のすべてのエディションをサポートします。また、また、WindowsのISOファイルがなく、ダウンロードするのも面倒な場合は、この機能を使って、現在のシステムでWindows To Go USBを作成することも可能です。

windows to goの作成

結語

この強力なディスクマネージャ - AOMEI Partition Assistantを使用すると、WindowsパーティションをSSDまたはHDDにクローン作成したり、データパーティションをSSD/HDDにコピーしたりできます。

実際には、このクローン作成ソフトは、他のさまざまな強力な機能を提供します。例えば、あるパーティションから別のパーティションへ空き容量を割り当てること、MBRとGPT間でシステムディスクを変換することや失われたパーティションを回復することなどです。

とにかく、以上です。ご参考になれば幸いです!