By Akira / 最後の更新 2022年05月25日

HDDからHDDへコピーする事例

 

最近、既存のHDDに「ディスクの容量が不足しています」という警告が常に表示されるようになり、かなり困っています。もっと大容量のものに交換しようと思っているのだが、すべてのプログラムを新しく購入したHDDに再インストールしたくないです。一番簡単な方法は、HDDをHDDにコピーすることだと気づきました。ディスクコピーツールについて、またこのツールの扱い方について、何かアドバイスがあれば教えてください。

- Microsoft.comからの質問

HDDからHDDへのコピー

HDDからHDDへコピーする理由

多くの人々はHDDからHDDへコピー、クローンして、データをHDDから別のHDDに移行する理由は次のとおりです:

時間を節約するために:HDDからHDDへ直接コピーするのに費やす労力と時間は、OSやアプリの再インストールよりもずっと少ないです。
データの消失を防ぐために:お使いのHDDを空のHDDに丸ごとクローンしておくと、重要なデータを誤って削除してしまっても、コピーがあるので、データの紛失を心配する必要はありません。
起動失敗を回避するために:Cドライブだけをコピーし、システムで予約済みのパーティションやEFIシステムパーティションなどをコピーしない場合、新しいHDDからの起動に失敗することがあります。OSが正常に起動することを保証するために、HDD全体からHDDへコピーした方がいいです。
新しい/大容量HDDにアップグレードまたは交換するために:HDDを使っている期間が長くなれば、当然パソコンの動作が遅く、重くなってきて、ディスクの空き容量も少なくなってきます。そのため、より良い性能を得たり、より多くの空き領域を使うために、古くて小さなHDDを新しくて大きなHDDにコピーして交換することができます。

HDDからHDDへの信頼できるコピーソフト

HDDクローンソフトはたくさんあるので、適切なものを選ぶのは簡単ではありません。そのため、重要な基準を以下のようにリストアップします:

信頼性がある:ディスククローンツールは、元のHDDを完全にクローンすることができる必要があります。もしシステムに関連する一部のパーティションがクローンされないと、ターゲットディスクからPCを起動できません。
様々なクローン方法:魅力的なHDDクローンソフトは、より小さいドライブへのクローンやディスク上の1つのパーティションだけのクローンなど、様々なクローン方法をサポートできます。
簡単に使える:ユーザーが簡単に使えるように、ユーザーフレンドリーなページが用意されています。

上記のすべての標準に基づいて、AOMEI Partition Assistant Standardは素晴らしい選択肢です。それは、1つのディスク上の回復パーティションのような隠しパーティションを含むすべてのパーティションを別のディスクにクローンすることができます。また、このソフトはかなりシンプルなGUIであるため、非技術ユーザーがそれをまっすぐに操作することができます。HDDを異なるサイズのHDDまたはSSDにクローンすることもサポートします。さらに、パーティションのクローンやOSの移行もサポートします。

HDDをHDDにコピーする6つのステップ

事前の準備:
新しいHDDをPCに接続し、検出できることを確認します。ノートパソコンの場合は、HDDをノートパソコンに接続するために、SATA-USBケーブルを用意する必要があります。
効率を向上させるために、HDDをクリーンアップすることをお勧めします。
ディスクの管理に入り、新しいディスクをクローンするディスクと同じタイプに初期化します。

そして、このHDDクローンソフトを無料ダウンロードして、以下の手順に従って、HDDを別のHDDにクローンしましょう~

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。コピーするハードディスク(ここではディスク1)を右クリックしてドロップダウンメニューから「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、ディスクをクローンする方法を選択して(ここでは、「ディスクの高速クローン」を選択する)、「次へ」をクリックします。

「ディスクの高速クローン」:ディスクの使用済み領域だけクローンし、効率です。ターゲットディスクは、ソースディスクよりも小さくしてもいいですが、使用済み領域より大きくする必要があります。
「セクタ単位のクローン」:使用済みか未使用かに関わらず、すべてのセクタを丸ごと別のディスクにクローンしますが、全面で、ちょっと時間かかります。ターゲットディスクは、ソースディスクより同等または大きくしなければなりません。

ディスクの高速クローン

ステップ 3. 次にはターゲットディスクを選択します。ここではディスク2をクローン先として選択しましょう。

※もしディスク2は未割り当て領域ではないなら、ポップアップウインドウが表示され、内容(クローン作成後にディスク2上のデータは全て上書きされるので、事前に重要なデータをバックアップしておくこと)を確認した後「はい」をクリックします。
※もしディスク2はSSDであるなら、「SSDの性能を最適化」にチェックを入れてください。

ターゲットディスクの選択

ステップ 4. 次のページに進み、ターゲットディスク上のパーティションを編集できます。

パーティションを編集

ステップ 5. 注意事項を読んだ後「完了」をクリックして主な画面に戻ります。

注意事項

ステップ 6. ディスク2は変更されたことを確認します。問題なければ「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。

適用

クローン作成後、古いHDDを取り外すか、BIOSに入り、クローンディスクから起動するように起動順位を変更することができます。

注意事項:
オペレーティングシステムが新しいHDDから起動できることを確認する前に、元のHDDをフォーマットまたはワイプしないでください。
HDDをより大きなHDDにクローンし、宛先ハードドライブに未割り当て領域がある場合、未割り当て領域でパーティションを作成するか、拡張するパーティションに未割り当てディスク領域を追加できます。
システムディスクのクローンを作成する場合は、AOMEI Partition Assistant StandardはMBRからMBRへのクローンをサポートします。ただし、MBRからGPTへのクローン、GPTからMBR/GPTへのクローンが必要な場合、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードしてください。

まとめ

Windows 7/8/10/11でHDDからHDDへクローンする方法は以上です。AOMEI Partition Assistantの「ディスククローン」の機能を使用して、すべてのデータを含むHDDを他のHDDまたはSSDにクローンすることができます。

また、専門的なディスクパーティション管理ソフトウェアとして、AOMEI Partition Assistantはディスククローンだけでなく、ssdの安全消去、GPTディスクの変換などもサポートします。Windows Serverユーザーの場合は、Server版を利用することができます。

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!