ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年07月30日

システムクローンについて

OSをパーソナライズするために多くの時間を費やし、そのパフォーマンスと設定にはかなり満足しているとしますが、後で発見される理由はなく突然クラッシュしたとします。OSを再インストールするのみしかありません。もし、事前に別のHDDにOSをクローンしていれば、すべてが簡単にパイとなることがありました。

要するに、新しいHDDにOSをクローンすることは非常に必要です。クローン作成後は、突然OSクラッシュが発生したときにオペレーティングシステムやカスタマイズされたアプリケーションを再インストールする必要はありません。一方、OSのクローニングは、小さなHDDをより大きなものにアップグレードし、古いディスクを新しいものに交換する必要がある場合に重要な役割を果たしますが、後ですべてをインストールしたくない場合もあります。

プロなOSクローンフリーソフト - AOMEI Partition Assistant

GoogleでOSクローンフリーソフトを検索すると、多くの異なるソフトが出現します。どちらがいいか分からなければ、プロパーティションマネージャAOMEI Partition Assistant Standardをお勧めします。以下の理由により、コンピュータユーザによる最高のOSクローニングソフトとして評価されています。

  • 明確で直感的なインターフェース:初心者でも、すべてのコンピュータユーザーがディスクやパーティションを管理するのは簡単です。

  • 強力な機能:パーティションのサイズ変更、作成、削除、マージ、コピーなど、多くの驚くべき機能を備えています。

  • 高い互換性:それはWindows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Vista、XPと互換性があります。

最も重要なことは、パーティションまたはディスク全体の複製を作成できる「ディスク/パーティションのコピー」機能を使用すると、OS全体のクローン作成プロセスを簡単かつ迅速に行うことができることです。

ここでは、2つのコピー方法があります。

  • パーティションを高速コピーする:ソースパーティション内の使用済み領域をコピーし、コピープロセスでパーティションのサイズを変更できるようにします。目標パーティション内の未割り当て領域のサイズは、ソースパーティション内の使用済み領域のサイズと同じかそれより大きくする必要があります。

  • セクター単位コピー:ソースパーティションのすべてのセクタ(使用されているかどうかに関係なく)を別のディスクにコピーします。したがって、宛先パーティション内の未割り当て領域は、元のパーティションと同じかそれ以上でなければなりません。

HDDへのシステムディスククローンフリーソフトAOMEI Partition Assistant

AOMEI Partition Assistantのパーティションコピー機能は、Windows OSを非常に簡単にかつ便利にクローンするのに役立ちます。このOSクローンフリーソフトを使用して、Windows 10/8/7でシステムをクローンする方法を参照してください。

これから、システムをクローンする詳しく手順を紹介します。まず、AOMEI Partition Assistantをダウンロードします。

1. それをインストールして起動し、メインインターフェイスに入ります。 システムパーティションを右クリックし、「パーティションをコピー」(パーティションをクローンとも呼ばれる)を選択します。

パーティションをコピー

2. コピー方法を選択します。ここでは例として「パーティションの高速コピー」を選択します。

パーティションの高速コピー

3. 別のHDDの宛先スペースを選択します。目標スペースがSSD内にある場合は、「SSDの性能を最適化」を選択します。

目標スペース

4. このウィンドウでは、パーティションのサイズを変更できます。

パーティションのサイズを変更

5. 「適用」をクリックして操作を確定し、終了するまで待ちます。

適用

注意:

  • 未割り当て領域だけがターゲットスペースとして選択できます。使用可能なスペースがない場合は、まず未割り当領域を作成する必要があります。

  • PreOSモードでこの操作を続行する必要があるため、クローニングプロセスに進む前に、ソースパーティションにある実行中のアプリケーションを閉じてください。

数回クリックするだけで、この無料のOSクローンソフトの助けを借りて、システムディスクを別のSSDまたはHDDにクローンできます。もし、クローン作成後に新しいディスクからシステムを正常に起動できない場合は、AOMEI Partition Assistantの別の機能を試すことができます。例えば、OSをSSDまたはHDDに移行します。

ディスクやパーティションを制御する際に、より高度な機能を体験したい場合は、Professional Editionにアップグレードします。