By Comnena / 最後の更新 2021年09月15日

デスクトップでHDDをSSDに換装する理由

お使いのパソコンの低い起動速度にうんざりしていますか?ゲームをロードするための長い待ち時間にうんざりしていませんか?この厄介な状況を変えたいなら、デスクトップまたはラップトップで元のHDDをSSDに換装することを強くお勧めします。

HDDをSSDに換装

HDDをSSDに交換した後は、SSDの利点を活用できます:

低消費電力:SSDにはモーターがありませんから、ソリッドステートドライブ(SSD)の消費電力はハードディスクドライブ(HDD)よりも少ないです。
データアクセスの高速化:子プロセスがないので、SSDのデータ読み込み速度はHDDよりも速いです。お使いのデスクトップまたはラップトップのHDDをSSDに換装すると、オペレーティングシステムの起動時またはインストール済みのアプリケーションの実行時の速度が速くなります。
可動部品なし:SSDには可動部品がありませんから(冷却ファンが付いているSSD以外)、SSD自体は無音ですし、転倒したり他の物体と衝突したりするような事故の影響を受けにくいです。

デスクトップでHDDをSSDに換装する方法のあらまし

SSDのすべての利点を考慮して、デスクトップパソコンでHDDをSSDに換装することはかなり賢明な決定だと思います。ただし、HDDをSSDに交換しながら、元のハードディスク上のデータを保持するにはどうすればよいですか?

Windowsシステムを再インストールしてすべての設定を再構成するのは、時間とエネルギーを浪費すると思います。OSドライブのイメージを作成し、Windowsスナップインツールを使用してSSDに復元することも簡単ではありません。この場合で、サードパーティ製のディスククローンソフトを使用して、HDDをデスクトップPC上のSSDにクローンすることで換装を実現できます。

HDDの中身をSSDにクローンできるさまざまなユーティリティの中で、AOMEI Partition Assistant Professionalは間違いなく優先オプションです。

2つの異なるクローン方法を楽しんで、ハードディスクを小さいSSDにクローンするか、BitLockerによって暗号化されたHDDをクローンできます。
SSDにハードディスク全体をクローンする以外に、OS関連のパーティションのみをクローンするか、回復パーティションのような特定のパーティションをSSDにクローンできます。
SSDパーティションのアライメントを調整しSSDのパフォーマンスを向上させるとか、SSDの完全消去を実行してSSDの最高速度を復元するとかできます。

デスクトップパソコンでHDDをSSDに換装方法の詳細手順

デスクトップでHDDをSSDに換装するには、まず次のことをやっておく必要があります:
適切なSSDを選択してください。選ばれたSSDはお使いのデスクトップで使用でき、そのサイズはHDDの使用済み容量より大きいです。SSDが古いディスクのすべてのデータを保存するのに十分な大きさでない場合は、OSをSSDに移行することを考慮してください。
コンピュータの電源を切り、SSDをデスクトップにインストールします。このSSDがオペレーティングシステムによって認識されることを確認してください。
HDDをデフラグし、その上の不要なファイルを削除してクローン作成時間を減らします。

その後、次の手順に従ってWindows 10/8/7でHDDをSSDにクローンすることで換装を実行しましょう。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Proをインストール、実行します。クローンしたいディスクを右クリックして「ディスククローン」を選びます。

Proのデモ版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

デスクトップでHDDをSSDに換装

ステップ 2. 表示された画面で2つのクローン方法から1つを選択します。ここで「ディスクの高速クローン」を例として選び、「次へ」をクリックします。

高速クローンまたは全体クローン

※HDDクローンの方法2選:
ディスクの高速クローン(オススメ):この方法では、HDDの使用済み領域のみをSSDにコピーします。クローン作成プロセス中にパーティションサイズを調整できます。SSDのサイズがHDDの使用済み容量より大きい場合、HDDをより小さいSSDにクローンすることができます。
セクタ単位のクローン:HDD上の全セクタをSSDにコピーします。SSDの容量は少なくともHDDの容量と同じです。この方法を選択すると、ステップ4での3つのコピーオプションが表示されなくなります。

ステップ 3. ターゲットディスクを選択して、「SSDの性能を最適化」にチェックを入れてSSDのパーティションを調整します。「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクを選択

注意:ターゲットディスクを選択する場合、次の警告が表示されます。データ損失を予防するために、その上の大切なデータを予めバックアップすることをお勧めします。もしそんなことをしたくないなら、未割り当て領域をクローン先として選択したほうがいいと思います。

データバックアップの警告

ステップ 4. 3つのコピーオプションから1つを選択し、「次へ」と「完了」をクリックしてください。オプションがグレー表示されるなら、条件を満足しなく、選択できないことを意味します。例えば、ターゲットディスクの容量はソースディスクより小さいなら、「パーティションのサイズを変更せずにクローン」オプションがグレー表示されます。この場合は、一般に二番目のオプションを選択します。

パーティションサイズを調整

ステップ 5. メインインターフェイスに戻ります。「適用」と「続行」をクリックしてクローン作成を開始します。

HDDからSSDへのクローンを実行

SSDクローン注意事項

注意:
クローンされたSSDからパソコンを正常に起動する前に、古いHDDをフォーマットしないでください。
AOMEI Partition Assistant Proを使用して、GPTをMBRディスクに、またはMBRをGTPディスクにクローンすることができます。
AOMEI Partition Assistant ProはWindows PC用です。Windowsサーバーの場合は、Server版を使用してください。

AOMEI Partition Assistant Proによってクローンを作成して、デスクトップ上のHDDからSSDにすべてのデータを移行した後、Windowsとアプリケーションを再インストールせずにHDDを交換できます。この時のHDDは放棄するか、データディスクとしてデータを保存することができます。HDDを放棄する場合、他人がデータ復旧ソフトでその上の個人データを復元することを予防するため、ディスクを完全に消去してください。データディスクとして使用する場合、BIOS環境に入り、正常にクローンされたSSDから起動するように起動順序を変更する必要があります。

最後の言葉

適切なSSDを選択して、適切なクローンソフトウェアを使用する限り、Windows 10/8/7でデスクトップ上でHDDをSSDに換装するのはかなり簡単となります。SSDが換装された後、間違いなく以前よりも優れたパフォーマンスを発揮します。また、SSDを最適化するための対策を講じるなら、SSDを絶好調に保つことができます。

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!