By Asher / 最後の更新 2022年11月17日

Windows ServerでHDDクローンを作成する場合

通常、次の場合にWindow ServerでHDD/SSDをクローンしたいユーザーが多いと思われます。

● 再インストールせずにハードドライブをアップグレードする:マシンのパフォーマンスとユーザーエクスペリエンス(UXまたはユーザー体験)を向上させるために、お使いのHDDをSSDまたは大容量HDDに換装することができます。

OSを移行する別のマシンで同じオペレーティングシステム設定を使用したい場合は、OSを移行することができます。

● データとシステム保護する:Windowsサーバーでディスクをクローンしたら、ディスクまたはオペレーティングシステムが破損しても、元のディスクを交換することができます。

サーバー

Windows Serverクローンソフトウェアを利用する理由

上記のように、サーバーでHDDをコピーする場合がたくさんあります。では、どのようにWindows Server 2022/2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/2003でディスクをクローンしますか?Windows Serverの内蔵機能「コピー」と「ペースト」では、ビデオ、写真やポータブルプログラムなどのような個人ファイルを正常にしか転送することはできません。

システムクローンに関しては、フォルダのみをコピーすると、システムが起動できなくなります。したがって、システムを含むデータをすべて転送する必要があります。こんな場合は、サーバユーザー向けサードパーティ製のWindows Serverクローンソフトウェアを使用して、ディスクをクローンことができます。

超人気!専門かつ強力なWindows Serverクローンソフトをお勧め!

Windows Server 2022/2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/2003でより簡単かつ安全にHDDをクローンするには、適切なWindows Serverクローンソフトウェアが重要です。クローンソフトが多すぎるので、どちらがいいかわからないユーザーがたくさんいます。ここでは、この素晴らしいクローンソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Serverを強くお勧めします。以下の利点があるからです。

起動可能なクローン:AOMEI Partition Assistant Serverを使用してWindows Serverがインストールされたハードディスクのクローンを作成した後、クローンされたディスクからWindows Serverを正常に起動できます。

包括的:Windows Serverディスクのクローンを作成するためのさまざまなニーズに対応できます。これにより、ディスクを小さいディスクにクローンしたり、OSを別のドライブに移行したり、特定のパーティションのクローンを作成したりすることができます。

操作性:AOMEI Partition Assistant Serverは強力であるだけでなく、簡潔明瞭なインターフェースなので、初心者でも操作しやすいです。

互換性:Windows Server 2022/2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/2003のすべてのバージョンに対応できるため、Servver 2019 からServer 2022にアップグレードしたり、システムをダウングレードしたりする際に、Windows Serverをあきらめる必要はありません。

さらに重要なことは、このソフトウェアは、すべての操作をプレビューおよびシミュレートするためのデモ版を提供します。デモ版は以下のボタンをクリックして無料でダウンロードできます。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

次は、超人気のWindows ServerクローンソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant ServerでHDDをクローンする方法を説明します。

ServerクローンソフトでHDDをクローンをする詳細な手順

サーバーでHDDをクローンをする前に、次の準備をしておく必要があります:

● SSDまたはHDDをお使いのパソコンに接続し、この外付けHDDが認識されることを確認してください(追加のスロットがない場合は、SATA-USBケーブルが必要になる場合があります)。

● ソースディスク上の不要なファイルをすべて削除して、クローン作成プロセスを高速化します。

● 「ディスクの管理」にアクセスし、新しいHDDを初期化します。

では、次の手順に従い、Windows Server 2022/2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/2003でディスクのクローンを作成しましょう(ここではWindows Server 2012を例とします)。

ステップ 1. Windows Server 2012でWindows ServerクローンソフトウェアAOMEI Partition Assistant Serverを起動します。コピーしたいディスクを選び、ドロップダウンメニューから「ディスククローン」をクリックします。

Windows Server 2012のHDDをクローン

ステップ 2. Windows Server 2012で必要に応じて適切なコピー方法を選択してください。「次へ」をクリックします。

◈ディスクの高速クローン(推奨):使用済み領域だけをコピーし、パーティションサイズを調整できます。ターゲットディスクの容量は、ソースディスクより小さくてもかまわないが、ソースディスクの使用済み領域以上である必要があります。
◈セクタ単位のクローン:ディスクのすべてのセクタをコピーしますが、パーティションサイズを調整することはできません。ターゲットディスクの容量は、ソースディスクに等しいか、それより大きくなければなりません。

ディスクの高速コピーまたはセクタ単位のコピー

ステップ 3. ここでターゲットディスクを選択します(ターゲットディスクがSSDなら、「SSDの性能を最適化」にチェックを入れてSSDパーティションを調整できます)。「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択

ステップ 4. ターゲットディスク上のパーティションのサイズを調整できます。「次へ」をクリックします。

★PS:
パーティションのサイズを変更せずにクローン:パーティションサイズを変更しません。
コピー先に合わせる:ターゲットディスクに合わせるようにパーティションのサイズが自動的に変更されます。
手動で編集する:自分でパーティションサイズを変更します。

ディスクのパーティションを編集

※注の内容を是非ご覧下さい。

注意の内容を是非ご覧下さい

ステップ 5. メインインターフェースに戻ります。保留中の操作を確認後、問題なければ、「適用」→「続行」をクリックし、WindowsサーバーでHDDをクローンしましょう~!

サーバーのHDDをクローン

▼注意事項:

● Windows Serverでシステムディスクからディスクへのクローンを作成するには、再起動が必要です。

● GPTディスクをMBRディスクにコピーしたら、BIOSに入り、Legacy(レガシー)を有効にします。

MBRディスクをGPTディスクにクローンする前に、お使いのWindowsシステムが32ビット版か64ビット版かを確認してください。Windows Server 32ビット版なら、クローンされたシステムを起動できません。こんな場合、システムを64ビット版にアップグレードするか、GPTをMBRに変換します。Windows 32ビットOSがMBRからしか起動できないためです。

お使いのWindowsシステムが64ビット版なら、マザーボードがEFI/UEFIをサポートしていることを確認してください。クローン作成後にBIOSを起動してLegacyをEFI/UEFIに変更する必要があります。

追加:サーバーでHDDをクローンした後どうすればよいか?

WindowsシステムのハードドライブをSSDまたはHDDにクローンした後、新しいハードドライブをブートドライブとしてセットアップする必要があります。以下は、この操作を実行するための詳細な手順です。

ステップ 1. コンピュータを再起動し、ファンクションキー(通常はF2またはDel)を押し続けてBIOSセットアップ画面に入ります。

ステップ 2. 矢印キーを使用して、新しくクローンされたSSDまたはHDDをブートドライブリストの最初に移動します。

機動順位を変更

ステップ 3. 次に、変更を保存してBIOSを終了します。

これで、新しくクローンされたドライブからPCを起動できるはずです。

結語

AOMEI Partition Assistant Serverを使用すると、数回クリックだけでWindows ServerのHDDをコピーしてしまいます。ずいぶん時間を節約できますし、非常に便利です。さらに、上記の機能以外、AOMEI Partition AssistantはブータブルCD/USBを作成、OSをSSDに移行、SSDの完全消去、MBRの修復、MBRとGPTの変換、パーティションの回復などのような高度な機能をも提供します。これらの機能を使用すると、ハードドディスクをより簡単に管理することができます。

さらに、このソフトのUnlimited版とTechnician版には、ポータブルバージョンを作成するための便利な機能があります。

以上です。ご参考になれば幸いです!