Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月07日

なぜパーティションの作成が必要ですか?

Windowsユーザーは多くのコンピューターのディスクが最初の時最高の状態にあるわけではないことを知っています。システムをインストールした後ディスクを分割しなかった場合、ディスクが合理ではないことを見つけられます。データを別々保存するために1つのディスクから一部を分割したいかもしれません。そのためコンピューターでパーティションの作成は必要です。

Diskpartはディスクパーティション管理のコマンドラインツールで、Windows 10、Windows 8、Windows 7などのすべてのWindowsバージョンに内蔵されています。diskpartを使用してコンピューターのためにプライマリ/論理/拡張パーティションを作成できます。コマンドラインを使用すると、Windowsインターフェースを完全に置き換えることができます。

Diskpartを使用してパーティションを作成します

Diskpartはパーティションの作成に3つの種類を提供するので、それは3つの異なるコマンドがあります。

1. 最初、コマンドプロンプトを開きます。スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプトをクリックしてdiskpartを入力します。または「WIN+R」を押して「cmd」を入力します。

2. Diskpartプロンプトに「list disk」を入力します。

現在のシステムにあるすべてのディスクは表示されます。どのディスクにパーティションを作成したいですか、そのディスク番号が分かります。

3. 「select disk n」を入力します。

nはディスクの番号を指します。パーティションを作成するために、選択されたディスクに未割り当て領域があることを確認してください。

4. ディスクを選択した後、自分のニーズに応じて次の1つを入力します。

create partition primary [size=n] [offset=n] [ID=byte | GUID] [noerr]

または

create partition extended [size=n] [offset=n] [noerr]

または

create partition logical [size=n] [offset=n] [noerr]

5. 「assign letter=H」を入力します。

「assign letter」はパーティションに名前を割り当てることができます。

例えば、どのようにDiskpartでプライマリパーティションを作成しますか?次の例を見てください。

Diskpartでパーティションを作成

ステップ4のコマンドを変更し、他のパーティションのタイプを作成できます。パーティションを作成するのにこれは唯一の方法ですか。もちろん、そうではありません。

Diskpartの代替品AOMEI Partition Assistant

Diskpartは素晴らしいディスク管理ツールですが、沢山の制限があります。

● コンピューターでそれを実行するために、Backup Operatorsグループ、Administratorsグループのメンバーでなければなりません。または適切な権限を委任する必要があります。

● ベーシックディスクだけにプライマリ/拡張/論理パーティションを作成できます。

● リムーバブルメディアにパーティションを作成できません。

これらの制限を克服するために、取り替えるソフトウェアを見つけるのは効率的な方法です。幸いなことにAOMEI Partition Assistantは優れたソフトウェアで、インターフェースとコマンドライン両方を提供してディスクを分割します。

方法1:AOMEI Partition Assistant GUIでパーティションを作成します

AOMEI Partition AssistantはGUI(グラフィカルユーザインターフェース)を提供し、HDDを分割します。それを使用して既存パーティションまたは未割り当て領域にパーティションを作成できます。直観的なインターフェースを利用するとンピューターのパーティションを作成するのは簡単になるでしょう。素人でも独自にそれを操作できます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。簡潔なインターフェースにHDDのベーシック環境が表示されます。

メインインターフェース

ステップ 2. 上述のように、それを使用して既存パーティションまたは未割り当て領域に新しいパーティションを直接作成できます。パーティションを作成したいボリュームを右クリックし、メニューから「パーティションを作成」を選択します。

パーティションを作成

ステップ 3. 「パーティションを作成」をクリックした後、あるウィンドウがポップアップし、そこに矢印を左または右へドラッグして新しいパーティションのサイズを変更できます。またはボックスに希望するサイズの値を直接入力することもできます。そして「はい」をクリックします。

パーティションをリサイズ

ステップ 4. すると、メイン画面に戻り、変更が見られます。すべての操作を実行するためにツールバーの「適用」をクリックすることを忘れないでください。

適用

この方法はWindows XP/Vista/7/8/10のために数回のクリックだけでパーティションを簡単に作成できます。それはDiskpartのパーティション作成よりはるかに簡単です。また、それを使用し、パーティションの移動/リサイズ/コピー/分割/削除/フォーマット/消去/マージなどをすることができます。HDDを管理するのに他のユーティリティが沢山あります。

方法2:AOMEIコマンドラインでパーティションを作成します

CMDでパーティションを作成するために、AOMEI Partition Assistantはよりシンプルなコマンドでそれを実現できます。次の部分で手順に従うことができます。

1. スタートをクリックして「cmd」を入力し、コマンドプロンプトを開きます。または「WIN+R」を押して「cmd」を入力します。そして、「cd C:\Program Files\AOMEI Partition Assistant Standard Edition 5.8(パスはAOMEI Partition Assistant のインストールディレクトリです)」を入力して「Enter」を押します。

2. 「list」を入力してすべてのディスクを表示します。そして「partassist.exe /hd:n /cre /pri /size:50GB /fs:ntfs /align /label: Data /letter:H」を入力します。

これは次のスクリーンショットのようにプライマリパーティションを作成します。

PA Create Partition

ディスク上の未割り当て領域の最初のブロックを使用してパーティションのサイズを自動的に作成したい場合、コマンドプロンプトに次のコマンドを入力してください:

partassist.exe /hd:n /cre /pri /size:auto /end/ fs:ntfs /align /label:DATA /letter:E

オフセットを使用してパーティションを作成したい場合、次のコマンドを入力してください:

partassist.exe /hd:n /cre /pri /size:n /offset:n /fs:fat32 /act /align /label:DATA /letter:F

ノート:

> 「/hd」の後ろはディスクの番号(0から始まります)です。

> 「/size」の値は自動(auto)になれます。またはサイズがデフォルトで指定されます(MB単位)。GBも利用可能です。

> 「/fs」はファイルシステムを意味します。その値はfat16、fat32またはntfsになれます。

> 「/pri」はプライマリパーティションを作成することを意味します

> 「/end」はディスクの末にある未割り当て領域を使用してサイズが指定されたバックエンドパーティションを作成することを意味します。

> 「/act」はアクティブパーティションを作成するのを意味します。

> 「/hide」は隠しパーティションを作成するのを意味します。

> 「/letter」はパーティションにドライブ文字を割り当てるのを意味します。

> 「/offset」は指定されたoffset(オフセット)の場所からパーティションを作成するのを意味します。それはディスクの先頭から始まります。

> 「/label」はパーティションのためにラベルを設定するのを意味します。

AOMEI partassist.exeはとてもシンプルなコマンドを使用するので、Diskpartよりも使いやすいです。毎回すべてのディスクを表示する必要がなく、コマンド全体でそれを行えます。また、ここをクリックしてAOMEI Partition Assistantコマンドラインについてより詳細な使い方を見てください。