Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

パーティションタイプについて

「私はDiskpartを使用してパーティションタイプを変更できますか?そしてどのようにパーティションタイプを変更しますか?」沢山の人はパーティションタイプとディスクタイプを区別出来ないのでこのトピックの前に、パーティションタイプの紹介を見てみましょう。

ディスクタイプはMBR(マスターブートレコード)とGPT(GUIDパーティションテーブル)を指します。まったく新しいHDDを直接使用できません。それを2つのタイプの1つに初期化した後使用できます。MBRディスクに4つのプライマリパーティション、あるいは3つのプライマリパーティションおよび1つの拡張パーティションを作成できます。

しかし、GPTは最大128個のパーティションをサポートします。パーティションが既に作成されても、もし必要ならばMBRとGPT間でディスクを変換する機会もまだあります。しかしGPTがすべてのコンピューターに適用するわけではないので、事前にシステムを確認してください。

パーティションタイプなら、プライマリパーティションと論理パーティションについて話します。Windowsを起動するbootmgrやntldrのようなファイルはプライマリパーティションに保存されるはずです。また、MS-DOSとMicrosoft Windowsシステムの以前のバージョンでは、最初のパーティション(C:)は プライマリパーティションでなければなりません。そして、論理パーティションの概念は実際にMBRディスクだけに存在します。つまり、パーティションタイプを変更するつもりなら、ディスクはMBRスタイルであることを確認してください。

なぜパーティションタイプを変更しますか

パーティションの異なるタイプは異なる機能を持っているため、パーティションタイプを変更する必要があるかもしれません:

● 既に4つのプライマリパーティションがあるMBRディスクにより多いパーティションを作成したい場合、1つの拡張パーティションは複数の論理パーティションを持てるので1つのプライマリパーティションを拡張/論理に設定できます。

● 既に3つのプライマリパーティションおよび1つの拡張パーティションがある場合、未割り当て領域からパーティションを作成するのは現在のディスクをダイナミックディスクに変換します。この状況で、1つのプライマリパーティションを論理パーティションに変換するのは理想的な方法です。

● 他のプライマリパーティションがない場合、既存論理パーティションを変更してデュアルブートオペレーティングシステムを設定することが可能です。

他の理由が沢山ありますが、今の問題はパーティションタイプを変更する方法です。

どのようにパーティションタイプを変更しますか

以前のバージョンと比較すると大幅に改善されたWindows 10でも、Diskpartを使用してパーティションタイプを変更する機能をサポートしません。「ディスクの管理」にその機能もありません。こういう時、サードパーティ製のソフトウェアが役立ちます。AOMEI Partition Assistantは使いやすい専門パーティションツールで、すべてのWindows PCシステムに適用します。それは最高の選択肢で、数回だけのクラックでパーティションタイプを安全に変更できます:

ステップ1: AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールして起動します。

ステップ2: パーティションタイプを含むすべてのパーティションの状態はメインインターフェースに表示されます。変更したいパーティションを右クリックします。「詳細処理」→「プライマリ/論理パーティションへ変換」を選択します。

右クリック

ステップ3: ポップアップで「はい」をクリックします。

はい

ステップ4: その後、メインインターフェースに戻ります。「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。

適用

ノート:

● ブートパーティションを論理に変換しないでください。それを変換すればお使いのコンピューターの動作が停止するかもしれません。

● 変更しようとするパーティションに実行中のアプリケーションがある場合、AOMEI Partition AssistantはPreOSモードで操作を実行します。

● 論理パーティションは63セクターがあり、プライマリパーティションより大きいので、変換後プライマリパーティションの場所とサイズは多少に変更されます。