By Akira / 最後の更新 2021年08月13日

Diskpartでパーティションを削除したい場合

通常、Diskpart.exeサービスを使用して、既知のデータパーティションを削除できます。ただし、DiskPartで「delete partition」コマンドを使用して、回復パーティションなどのようなシステム保護パーティションまたは非表示パーティションを削除しようとすると、「force protectedパラメーターを設定しないと、保護されたパーティションは削除できません」というエラーメッセージが表示される可能性があります。

Diskpartでパーティションを削除する方法

Diskpartを使って回復パーティションなどのパーティションを削除するには、次の手順を参照してください:

注意:パーティションを削除すると、そのターゲットパーティションからすべてのデータが削除されます。操作する前にディスク上のデータをバックアップすることをお勧めします。

ステップ 1. Windowsキー+Rキーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開きます。「diskpart」と入力して、Enterキーを押します。

ステップ 2. 「list disk」と入力してEnterキーを押します。(お使いのコンピューターに接続されているディスクの情報が全て表示されます。)

ステップ 3. 「select disk n」と入力してEnterキーを押します。(nは削除するパーティションを含むディスクです。)

ステップ 4. 「list partition」と入力してEnterキーを押します。(選択したディスク上の利用可能なパーティションを確認します。)

ステップ 5. 「select partition n」と入力してEnterキーを押します。(nはパーティションリストから削除するパーティションです。)

ステップ 6. 「delete partition override」と入力してEnterキーを押します。(overrideパラメーターを使用して、選択したパーティションを削除します。)

パーティションを強制的に削除

プロセスが正常に完了したら、「exit」コマンドと入力してEnterキーを押し、Diskpart.exeを終了します。

より簡単でパーティションを削除する方法

Diskpartは、「delete partition override」コマンドで回復パーティションなどの非表示または保護されたパーティションの削除をサポートしますが、詳細を表示する明確なインターフェイスがないので、間違ってパーティションを削除する可能性があります。

Diskpartに慣れていない人にとっては、操作中のリスクが高いです。そして、「delete partition override」コマンドは、システム/ブートパーティション、またはアクティブなページングファイル/クラッシュダンプ(メモリダンプ)ファイルを含むその他のパーティションを削除することをサポートしません。

そのため、Diskpartに代わる優れたソフトAOMEI Partition Assistant Standardをお勧めします。Windowsのデータパーティションとシステムパーティションを削除することができます。他の多くのディスクマネージャーと違って、起動可能なメディアを作成してWinPE環境に入る必要はありません。

AOMEI Partition Assistantを使用してWindows 10/8/7でパーティションを削除する手順は以下になります。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. お使いのWindows搭載パソコンにAOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。削除したいパーティション(システムパーティションも同様)を右クリックして、「パーティションを削除」を選択します。

システムパーティションの削除

ステップ 2. パーティション削除する方法を選び、「はい」をクリックして続行します。

パーティションの高速削除

ステップ 3. メインインターフェイスに戻り、「適用」と「続行」をクリックして、保留中の削除操作をコミットします。(削除対象はシステムパーティションの場合は、再起動が必要です。)

パーティションの削除を適用

パーティションの削除を続行

回復パーティションを削除する場合は、回復パーティションを右クリックして「パーティションを削除」を選択し、指示に従ってください。

リカバリパーティションの削除

ヒント:間違ってパーティションを削除して、その中に保存されていたすべてのデータも失われた場合、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードして、その紛失したパーティションを簡単に復元できます。

結語

Diskpartを使用してパーティションを削除することに失敗したら、優れた代替手段になるフリーソフトAOMEI Partition Assistantを使用することができます。その上に、ダイナミックディスクで「delete partition」または「delete partition override」コマンドを実行すると、「この操作はオブジェクトによってサポートされていません。指定されたコマンドまたはパラメータは、このシステムではサポートされていません」というエラーメッセージが表示される場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalでダイナミックディスクをベーシックディスクに変換してから、上記の削除コマンドを使用してください。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較