By Asher / 最後の更新 2022年09月30日

Diskpartはディスクの属性を消去できませんでしたエラー

「外付けHDDにファイルを保存すると、書き込み禁止になっているとのエラーメッセージが表示され、ディスクにデータを書き込めません。その後私はGoogleにメッセージを送り、Diskpartの問題を解決するように指示されました。「list disk」>「select disk 2」>「attributes disk clear readonly」コマンドラインがあります。そして、プロンプトが表示されます:Diskpartは、ディスクの属性を消去できませんでした。何かのエラーがあると考えます。教えてください。」

Diskpartは、ディスクの属性を消去できませんでした

あなたは同じ問題に遭遇しましたか?インターネット上で検索すると、「Diskpartがディスク属性をクリアできませんでした」というエラーは、USBメモリ、SDカード、Penドライブ、Windows 7/8/10/11/XP、Windows Server 2008/2012の内蔵HDDでも発生します。ATTRIB(attributeコマンド)はファイルやフォルダの属性を表示/設定/解除するコマンドです。このコマンドによって、読み取り専用設定を解除できると思います。

ディスク属性とは、ディスク空き容量(MB)、ディスク名、使用ディスク(MB)、ファイルシステムステータス、ファイルシステムタイプ、使用されていないinode空き容量、inodeなどのディスク特性を指します。基本的に、ディスク属性は読み取り専用で書き込み禁止になった問題を指しています。つまり、そのボリュームまたはディスク上のデータを書き込んだり変更することはできません。いくつかの理由により、Diskpartは読み取り専用設定を正常に解除できません。この記事で説明するのは、失敗したエラーメッセージが表示され、他の方法では読み取り専用のディスク属性を解除する方法です。

なぜDiskpartはディスクの読み取り専用設定をクリアできませんでしたか?

あらゆる問題にはその原因があります。Diskpartが読み取り専用属性の解除に失敗した場合は、次のいずれかの理由によって説明できます。

USBドライブ、SDカードリーダー、外付けHDDエンクロージャに物理的に書き込み禁止のタブがあります。
管理者としてDiskpartを実行しません。
選択したディスクに不良セクタが含まれている可能性があります。隠しファイルまたはノードフォールトドライブ文字を設定してください。
選択したディスクはRAW形式の新しいUSBドライブです。RAW形式は、ファイルシステムが破損している可能性があります。そして、Diskpartは、その形式ではうまく動作しません。

これらは、「Diskpartはディスク属性を読み取り専用設定をクリアできませんでした」の主な理由です。確かに、それに影響を与える他の要因があります。しかし、次に重要なのは、問題を簡単に解決する方法を見つけることです。

WindowsでDiskpartはディスクの属性を消去できない解決策

エラーを修正するには、異なる状況下で異なるソリューションが必要です。最初に、物理的な書き込み禁止タブがないことを確認し、存在する場合はロック解除側に切り替えます。外付けHDDまたはUSBメモリをPCに接続し、以下の方法を試してください。

解決策 1. レジストリエディタで書き込み禁止キーを変更

diskpartが読み取り専用属性の解除に失敗した場合は、別のユーティリティに切り替えます。

手順 1. 「Windows+R」キーを押してボックスを開きます。「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。

手順 2. 案内:

Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePolicies

ヒット:「StorageDevicePolicies」が見つからない場合は、手動で作成することができます。「Storage」フォルダを右クリックし、「新規」>「DWORD(32-bit)値」を選択します。新しい鍵が作成され、それを命名するのを待っています。「writeprotect」とタイプしてください。

手順 3. WriteProtectedキーを右クリックし、「変更」を選択します。ポップアップウィンドウで、値のデータを1から0正から負に変更します。

レジストリエディタで書き込み禁止

データを外付けHDDに書き込みます。または、属性ディスクを再度読み取り専用で実行し、そのディスクにデータを書き込みます。ただし、Diskpartが失敗した理由が書き込み禁止になっていないキーである場合は、他の解決策が必要です。

解決策 2. 新しいRAW USBドライブの属性をクリア

場合によっては、RAW形式の新しいUSBドライブでも読み込みエラーが発生し、そのエラーはDiskpartで取り除くことができません。これは、不適切なパーティションフォーマットの影響を受ける可能性があります。その場合、Windowsで認識できる別のファイルシステムでドライブを再フォーマットする必要があります。DiskpartがUSBドライブのディスク属性をクリアできなかった問題を解決するには、以下の手順に従ってください。

手順 1. 「スタート」ボタンをクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力し、検索結果の「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択し、コマンドプロンプトが開いたら、「diskpart」と入力し、Enterキーを押し、Diskpartを起動します。

手順 2. 次のコマンドを入力してRAWドライブをフォーマットします。

list volume

select volume n(nはRAWドライブです。)

format fs=fat32 quick(fat32をntfsまたはexfatに置き換えることもできます。)

exit(これは、ボリュームのフォーマットを完了しました。)

RAWドライブをフォーマット

ヒット:attributes disk」を入力すると、選択したディスクの状態を確認できます。

そうすると、Windowsでフォーマットされ、認識されます。これで、ディスク属性のclearコマンドを試すか、できれば直接ドライブにデータを書き込むことができます。それにかかわれず、DiskpartでRAWドライブをフォーマットできない場合は、RAWになったUSBペンドライブをフォーマットするのを参照してください。

解決策 3. ハードディスクのエラーをチェック

前述したように、ディスク上の不良セクタ、パーティションセット隠し、ノードフォールトドライブレターも影響を与えます。したがって、不良セクタをチェックしてその可能性を排除することができます。

手順 1. 「Windows+R」キーを押して、「cmd」と入力して、管理者として実行します。

手順 2. 「chkdsk F: /f」と入力し(Fはチェックするパーティションです)、Enterキーを押します。ディスク上の不良セクタを見つけて修正しようとします。

CHKDSK F

場合によっては、chkdskコマンドが機能しないことがあります。たとえば、修復中に固まった場合などです。その場合は、解決策を求められたCHKDSK Windows 10を参照してください。

また、エラーが発生しないように、他のツールを使用してディスクのチェックを行うこともできます。AOMEI Partition Assistant Standardは、ハードディスクとパーティションの両方を異なる方法でチェックできるフリーパーティションマネージャです。また、隠れたパーティションとデフォルトのドライブ文字なしによって引き起こされる問題を解決することができます。このフリーウェアをダウンロードすると、Diskpartは固定ディスク属性をクリアできませんでした。お使いのコンピュータにAOMEI Partition Assistant Standardをインストールして実行します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

機能 1. パーティションをチェックする

 

手順 1. チェックしたいパーティションを選択し、右クリックして「詳細処理」->「パーティションをチェック」をクリックします。

パーティションチェック

手順 2. 以下のスクリーンショットのように三つの選択肢があり、エラーをチェックする適切な方法を選択します。そして、「はい」をクリックして次のステップに進みます。

チェック方法

手順 3. 「開始」ボタンをクリックしてパーティション上の不良セクタをチェックします。

開始

機能 2. 不良セクタをチェックする

手順 1. AOMEI Partition Assistantを起動し、スキャンしたいディスクを右クリックし、「不良セクタをチェック」を選択します。これはほとんどの場合、指定されたディスクの不良セクタをチェックします。

不良セクタをチェック

手順 2. 「開始」をクリックし、不良セクタをチェックします。速い検査を実行したい場合、「高速チェック」チェックボックスにチェックを入れてください。

開始

機能 3. パーティションを非表示にする

隠しパーティションを右クリックし、「詳細設定」、「パーティションを非表示にする」の順に選択します。ウィザードに従って完了できます。

パーティションを非表示にする

機能 4. ドライブ文字を変更する

手順 1. 目的のパーティションを右クリックして「詳細設定」を選択し、「ドライブ文字を変更」を選択します。

ドライブ文字を変更

手順 2. ポップアップウィンドウのドロップダウンメニューから新しいドライブ文字を選択し、「はい」をクリックします。

ドライブ文字を選択

手順 3. 「適用」をクリックしてこの操作を確認します。

 

適用

または、Diskpartでドライブ文字を割り当てることもできます。「list volume」>「select volume n(nは割り当てたいパーティションの番号)」>「letter = F(Rを他のドライブ文字に置き換えることができます)」>「exit」を選択します。

注意:
Windows 2008/2012でDiskpartが読み取り専用属性の解除できなかった問題を解決するには、AOMEI Partition Assistant Serverエディションでカバーされている手順を繰り返してください。

まとめ

Windows 11、10、8、7で「Diskpartがディスク属性をクリアできませんでした」エラーに遭遇した場合、以上は読み取り専用設定を解除するための賢明な方法です。つまり、読み取り専用設定を解除するには、レジストリエディタで書き込み禁止キーを編集したり、パーティションを完全にフォーマットしたり、そのディスクのエラーを確認して修正したりするという三つの方法です。

アドバンスト版のAOMEI Partition Assistant Professionalは、コマンドライン操作をサポートし、データを失わうことなく、ディスクをMBRからGPTにクローンし、Cドライブに未割り当て領域を結合するなどもできます。Pro版にアップグレードして試してみてください。