ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月07日

「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」

WindowsエクスプローラでUSBドライブをFAT 32またはNTFSにフォーマットしようとすると、「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」というエラーに遭ったことがあるユーザーが多いかもしれません。しかし、なぜこれが起こるでしょうか?

ウィルス感染、ストレージデバイスの破損、USBメモリに不良セクタがあること、USBメモリドライブが書き込み禁止になっていることなどのような、WindowsはUSBのフォーマットに失敗した原因はたくさんあります。さて、こんな状況ではどのようにUSBメモリを正常にフォーマットしますか?

フォーマットを完了できません フォーマット

USBドライブを正常にフォーマットする方法

あなたはこんな状況について多くの質問を抱えているかもしれません。そして、ウイルスを殺す、不良セクタをチェックする、USB書き込み禁止を解除するなどの対策を採用して悪い状況を克服することがあります。実際には、より簡単なソリューションが多いです。

解決策1:[ディスクの管理]でUSBドライブをフォーマットする

WindowsエクスプローラでUSBドライブをフォーマットできない場合、またはUSBドライブが[マイコンピュータ]または[エクスプローラ]に表示されない場合は、Windowsの[ディスクの管理]でUSBメモリをフォーマットできます。

ステップ1.検索ボックスに[diskmgmt.msc]と入力し、Enterキーを押して、Windowsの[ディスクの管理]を開きます。

ステップ2.USBメモリドライブを右クリックし、メニューの[フォーマット]を選択します。

diskmgmt.msc

ステップ3.次に、ファイルシステムを選択し、USBドライブをFAT32またはNTFSなどにフォーマットします。[はい]をクリックして開始します。

ただし、[ディスクの管理]で未割り当て領域としてUSBドライブが表示されていると、未割り当て領域を右クリックし、[新しいシンプルボリューム]を選択してUSBドライブ上で新規パーティションを作成する必要があります。USBメモリドライブにパーティションを作成してから、そのUSBのフォーマットが済み、Windowsエクスプローラから認識できるようになります。

解決策2:Diskpart でUSBドライブをフォーマットする

通常、コンピュータがUSBドライブを認識できない場合、Diskpartを使用してUSBドライブをフォーマットしようとすることができます。Diskpartは、HDDを管理する組み込みツールです。内蔵または外付けハードドライブを含むディスクのフォーマットに使用できます。DiskpartでUSBドライブをフォーマットすることは、Windowsエクスプローラよりもはるかに効果的です。ここでは、Windowsエクスプローラに表示されていない場合、DiskpartでUSBドライブをフォーマットする方法を例として取り上げます。

1.検索ボックスに[cmd]と入力してDiskpartコマンドプロンプトを開き、プログラムを右クリックして[管理者として実行]を選択します。

cmd

2.次に、[diskpart]と入力しEnterキーを押しプログラムを起動します。

3.そして、[list disk]と入力して、コンピュータ上のすべてのディスクを表示します。

4.[select disk 2]と入力し、Enterキーを押します。ここで、ディスク2はUSBメモリフラッシュドライブです。

5.[clean]と入力し、Enterキーを押します。

6.[create partition primary]と入力し、Enterキーを押します。

7.[format fs = fat32 quick]または[format fs = ntfs quick]と入力し、Enterキーを押し、DiskpartコマンドプロンプトでUSBメモリフラッシュドライブをFAT 32またはNTFSにフォーマットします。

cmd.exe

最後に、以上の操作を終了するにはDiskpartコマンドプロンプト[exit]と入力します。ここまでDiskpartでUSBをフォーマットすることは既に完了しました。次に、パーティションをアクティブにして、USBメモリフラッシュドライブのドライブ文字を割り当てます。だが、Diskpart経由の操作は、実行されたら、取り消すことができませんから、Diskpartに精通していない人にとって非常に危険です。したがって、間違いが1つあれば、ひどいことになる可能性があります。幸いなことに、USBドライブをフォーマットするもう1つ、パソコン初心者にとっても、簡単な方法があります。

解決策3:ソフトAOMEI Partition AssistantでUSBドライブをフォーマットする

AOMEI Partition Assistant Standardは、Windows 7/8/10向けディスク管理ソフトです。簡潔明瞭なインターフェイスで数回のマウスクリックでパーティションを作成/リサイズ/削除/フォーマット/移動/結合することができます。このソフトは、USBドライブのフォーマットには、Windowsの[ディスクの管理]やDiskpartのUSBフォーマットよりもはるかに簡単です。

ステップ1.USBドライブをコンピュータに接続します。このUSBをフォーマットできるソフトをダウンロードしインストールし起動します。ハードドライブ上のすべてのディスクは、その簡潔なメインインターフェイスに表示されます。

フォーマットできるフリーウェア

ステップ2.お使いのUSBメモリフラッシュドライブを右クリックし、ドロップダウンメニューからパーティションの[パーティションをフォーマット]を選択します。

パーティションのフォーマット

ステップ3.必要なファイルシステムを選択し、パーティションラベルとクラスタサイズを編集することができます。ここでは、USBをFAT 32からNTFSにフォーマットします。

fat32

ステップ4.最後に、ツールバーの[適用]をクリックして操作をサブミットします。

適用

ただし、AOMEI Partition Assistantは、コマンドプロンプトのUSBフォーマットの他に、コマンドプロンプトからハードドライブを分割する方法も提供します。AOMEI Partition AssistantのUSBフォーマット機能は、DiskpartコマンドプロンプトのUSBフォーマットに代わる良い方法です。さらに、あなたはお使いのハードドライブをより良く管理するために他の多くのことを行うことができます。