By Asher / 最後の更新 2022年01月10日

「DiskPartにエラーが発生しました:このメディアは書き込み禁止になっています」について

USBメモリでDiskpart cleanコマンドを使用すると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

DiskPartにエラーが発生しました:このメディアは書き込み禁止になっています。

詳細については、システムイベントログを参照してください。

このメディアは書き込み禁止になっています

また、上記のコマンドをSDカード、HDD、SSD、SanDiskドライブなどで使用すると、このエラーメッセージが表示されます。

原因:「DiskPartにエラーが発生しました:このメディアは書き込み禁止になっています」

市場では、いくつかの大容量記憶装置がファイルおよびフォルダを保護する書き込み禁止機能を提供しています。しかし、ファイルやフォルダにアクセスできない場合があります。また、一部のドライブに書き込み禁止スイッチがなく、読み取り専用モードに設定することもできます。

以下では、考えられる原因をいくつか挙げておきます。

▶記憶媒体はウイルスやマルウェアによって損傷を受けます。

▶誤って読み取り専用スイッチをON側に設定すると、メディアは書き込み不能になります。

▶ディスクをプロパティまたはレジストリで読み取り専用に設定します。

▶ドライブに不良セクタなどの物理的な損傷があります。

修正:「DiskPartにエラーが発生しました:このメディアは書き込み禁止になっています」

このエラーを修正してデータのセキュリティを確保するには、まずファイルをバックアップしてから、次のソリューションを1つずつ試してみることをおすすめします。以下の操作の一部は、データの消失につながります。

方法 1:レジストリの書き込み禁止キーの値を変更する

ステップ 1. 「Windows+R」を押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開き、実行ウィンドウに「regedit」と入力します。

ステップ 2. 次のサブキーに移動し、右側のパネルで書き込み禁止キーを見つけます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePolicies

ステップ 3. StorageDevicePoliciesキーがない場合は、作成する必要があります。「コントロール」を右クリックし、「新規」および「キー」オプションを順番に選択し、StorageDevicePoliciesという名前を付けます。

新しいキーを作成

ステップ 4. 「StorageDevicePolicies」を右クリックし、「新規」と「DWORD32ビットの値」を選択して、WriteProtectという名前を付けます。

ステップ 5. 新しく作成したWriteProtectキーを右クリックし、値を0に変更してから、OKをクリックしてこのウィンドウを終了します。

ステップ 6. ストレージデバイスとデータにアクセスできるかどうかを確認します。

方法 2:「attributes disk clear readonly」コマンドを実行する

diskpart cleanコマンドを使用すると、「attributes disk clear readonly」コマンドを最初に入力する代わりに、「clean」または「clean all」コマンドを直接入力すると、Diskpartにエラーが発生し、USB/SDカード/HDD/SSDでメディアが書き込み禁止になっています。

ステップ 1. 「開始」をクリックして、検索ボックスに「cmd」と入力し、右クリックして「管理者として実行」を選択します。

ステップ 2. ポップアップウィンドウに「diskpart」と入力し、Enterキーを押します。

ステップ 3. 以下のコマンドを順番に入力し、Enterキーを押して実行します。

list disk

select disk n(nはクリーンアップしたいデバイスのディスク番号を指します。)

attributes disk clear readonly

clean

コマンドを実行

ステップ 4. このウィンドウを終了し、それが機能するかどうかを確認します。

方法 3:破損したファイルシステムを修復する

ドライブにファイルシステムが破損している場合は、Diskpartを使用してディスクからのすべての書き込み禁止ファイルの属性を消去し、再度フォーマットし直すことができます。

ステップ 1. cmdを開き、ポップアップウィンドウに「diskpart」と入力し、Enterキーを押します。

ステップ 2. 以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

list disk

select disk m(mは破損したファイルシステムを含むドライブのディスク番号を指します。)

attributes disk clear readonly

clean

create partition primary

format fs=fat32(或いはformat fs=ntfs

破損したファイルシステムを修復

ステップ 3. このウィンドウを終了して、デバイスとデータにアクセスできるかどうかを確認します。

方法 4:読み取り専用モードを変更する

デバイスが読み取り専用モードになっている場合は、まずそれをチェックし、現在の読み取り専用状態を「Yes」から「NO」に変更する必要があります

ステップ 1. コマンドプロンプトウィンドウで「diskpart」と入力します。

ステップ 2. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

list disk

select disk r(このコマンドはターゲットディスクを選択します。ここで、rはターゲットディスク番号を指します。)

attributes disk

アトリビュートディスク

このコマンドは、デバイスが読み取り専用モードであるかどうかを示します。はいの場合は以下のステップ3を参照してください。そうでない場合は、メディアを再フォーマットするようにフォーマットしてください。

ステップ 3. コマンドプロンプトで「attributes disk clear readonly」コマンドを入力します。

★注意:
1. ディスクがアクティブなプロセスによってロックされている場合でも、コンピュータを再起動する必要があります。
2. お使いのデバイスがUSBドライブの場合、ライトプロテクトスイッチを確認する必要があります。

ステップ 4. 「clean」コマンドをもう一度実行し、このエラーが再び発生するかどうかを確認してください。

方法 5:再利用のためにメディアをフォーマットする

フォーマットされたパーティションは、書込み禁止の問題の最後の手段です。ファイルをバックアップしていないと、データが失われます。

「DiskPartにエラーが発生しました:このメディアは書き込み禁止になっています」というDiskpart cleanコマンドエラーを修正するには、書き込み禁止を解除するソフトであるAOMEI Partition Assistant Standardを使用できます。USBメモリ/SDカード/HDD/SSDを書込み禁止の有無にかかわらず非常に短時間でフォーマットすることができます。初心者の方でも、すべてのステップはとても簡単です。以下の手順に従って簡単にできます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. 書き込み禁止を解除するソフトを無料でダウンロードし、実行してください。メインページの書き込み禁止のパーティションを右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

ステップ 2. ドロップダウンメニューからNTFSまたはFAT32ファイルシステムを選択し、「はい」をクリックして終了します。

外付けデバイスの復元

ステップ 3. 「適用」をクリックし、「続行」をクリックして保留中の操作を開始します。

続行

上記の操作以外にも、AOMEI Partition Assistantは、より多くのことを行い、いくつかの問題を解決するのに役立ちます。ディスクの最後にパーティションを移動したり、OSをM.2 SSDに移行したりするのに使うことができます。また、「仮想ディスクサービスエラー:ボリュームサイズが大きすぎます」、「拡張ボリュームをグレーアウト」、「アクセスが拒否されました」というエラーメッセージを修正することもできます。

パーティションマネージャの無料版であるAOMEI Partition Assistantは、基本的なニーズをすべて満たすことができます。しかし、問題のないバージョンを修正したい場合や、機能を追加するだけの場合は、必要に応じてAOMEI Partition Assistant ProfessionalまたはAOMEI Partition Assistant Serverにアップグレードすることができます。

Professional版では、コマンドプロンプトを使用してデータを損失することなくGPTをMBRに変換し、グレーアウトされた基本ディスクに変換し、空き領域を割り当てするなどの修正を加えることができます。

まとめ

「DiskPartにエラーが発生しました:このメディアは書き込み禁止になっています」というエラーが発生した場合は、レジストリのWriteprotectキーの値を変更し、「attributes disk clear readonly」を入力してから、メディアの破損したファイルシステムをクリーン、修復し、読み取り専用モードを「はい」から「いいえ」に変更するなどの方法を試してみてください。

上記の方法のどれも働かない場合は、書き込み禁止解除ソフトであるAOMEI Partition Assistantを使用して、フォーマット機能を試すことができます。このソフトでは、複雑なコマンドを入力する必要はなく、プロセスの1つが間違ってしまうとデータが失われるリスクがありません。