By Comnena / 最後の更新 2021年04月27日

仮想ディスクサービスエラー:オブジェクトが見つかりません

Windowsでディスクが最初に認識されたとき、MBRに初期化されました。120GBのHDDにプライマリパーティションを作成したいと思います。Diskpartでは、次のコマンドを入力してパーティションを作成しました。「list disk」>「select disk 2」>「create partition primary size=122880」。そして、「仮想ディスクサービスエラー:オブジェクトが見つかりません」というエラーメッセージが表示されます。

なぜそのディスク上にパーティションを作成できないのですか?この問題を解決する最も簡単な方法は何ですか?

--実例

仮想ディスクサービスエラー:オブジェクトが見つかりません

同様の問題に会いましたか?さまざまな理由でDiskpartが失敗することがあります。たとえば、読み取り専用の問題が発生すると、Diskpartがディスク属性をクリアできなかったことがわかります。それで、あなたはそのような状況で何をすべきですか?実際、できるだけ早く他のツールの助けを借りて目標を達成することは、間違いなく賢明な選択です。

「オブジェクトが見つかりません」の解決策:プライマリパーティションの作成

AOMEI Partition Assistant Standardは、無料のHDDパーティションソフトウェアで、同梱されているソフトウェアがないため、小さなユーティリティです。無料でありながら非常に強力で、世界中の何百万人ものユーザーが信頼しています。

この使いやすいパーティションマネージャーを使用すると、「オブジェクトが見つかりません」という問題を簡単に解決し、プライマリパーティションと論理ドライブをそのディスクに簡単に作成できます。Windows 10、8、8.1、7、XP、Vistaがサポートされています。フリーダウンロードして試してみてください。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。外付けHDDで「Virtual Disk Serviceエラー:オブジェクトが見つかりません」というエラーが発生した場合は、PCに接続して検出できることを確認してください。

手順 2. メインインターフェイスで、パーティションを作成する領域を右クリックし、「パーティションを作成」を選択します。

パーティションを作成

手順 3. このポップアップページで、新しいパーティションのサイズ、場所、ドライブ文字、およびファイルシステムを指定します。左下隅の「詳細」をクリックすると、表示されるパーティションラベル、パーティションタイプ(プライマリまたは論理)、未割り当てのスペース、前後のSSDパーティションのアラインメントを設定できます。

パーティションを作成

手順 4. 今、結果をプレビューします。「適用」をクリックしてから「続行」をクリックして操作をコミットします。プロセスは短期間で完了します。

適用

「仮想ディスクサービスエラー:オブジェクトが見つかりません」というエラーを解決するために、このソフトウェアの高度なバージョンであるAOMEI Partition Assistant Professionalはコマンドプロンプトの解決策も提供します。CUIをよく知っているユーザーにとって、それは見逃したくないツールです。

Diskpartの「オブジェクトが見つかりません」エラーのその他の解決策

エラーの原因はさまざまです。Diskpartの脆弱性とは別に、次のような状況で同様のプロンプトメッセージが表示される可能性があります。

最初に、OEMリカバリパーティションを変更しようとします。OEMリカバリパーティションは、PCの製造元によって作成されたもので、通常、一般ユーザーは変更できません。したがって、ドライブレターを割り当てることでそれを再表示することはできません。許容される解決策は、OEMサポートに連絡して専門的な支援を求めることです。

さらに、ディスクに障害が発生し、パーティションを保持できなくなると、Diskpartに「オブジェクトが見つかりません」というエラーが表示されます。そのディスク上で「CHKDSK/f」を実行して、ハードディスクのエラーをチェックすることができます。ディスクに障害が発生した場合は、まずディスクのバックアップを作成してから、健全なHDDにデータを移行することをお勧めします。

他の方法から「オブジェクトが見つかりません」を解決

前述のソフトウェア、AOMEI Partition Assistant Standardは、強力なディスククローニングソフトウェアです。セクター単位のクローンとインテリジェントなクローンの2つの異なるコピー方法を提供し、大きなドライブから障害のない小さなものへのクローン作成に役立ちます。より詳しく見てみましょう。

手順 1. 正常なHDDをコンピュータに接続し、認識されていることを確認してください。AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。

手順 2. メインコンソールで、障害の発生したディスクを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 3. あなたの状況に応じて、指定されたオプションからクローン方法を選択してください。

クローン方法

手順 4. 健全なHDDをクローン先ディスクとして選択します。それがSSDの場合は、「SSDの性能を最適化」を選択します。

宛先ディスクを選択

手順 5. このページでは、パーティションのサイズを調整することができます。手順3でセクタ単位コピー方法を選択した場合、この手順はスキップされます。また、大容量ディスクから小容量に複製する場合、コピーオプション「パーティションサイズ変更せずにコピー」がグレー表示されます。

パーティションサイズを調整

手順 6. Disk 2には、Disk 1のすべてのパーティションが含まれています。「適用」をクリックしてから「続行」をクリックして、保留中の操作を実行します。クローン作成が完了したら、HDDを切り替えます。

クローン作成が完了

ヒット:システムディスクをクローンしている場合は、ターゲットディスクから正常に起動するために、ソースディスクをコンピュータから切断するか、ターゲットディスクとソースディスクの接続ソケットを交換する必要があります。通常は、ターゲットディスクのみをインストールしたままにして、PCを起動することがソリューションです。

まとめ

プライマリパーティションの作成中にDiskpartに「仮想ディスクサービスエラー:オブジェクトが見つかりません」というメッセージが表示されたら、別のツールを使用してそのディスク上にパーティションを作成できます。ディスクに障害が発生し、パーティションを保持できない場合は、ディスク間のすべてをクローンすることで、パーティションを健全なパーティションに置き換えることができます。

AOMEI Partition Assistantを使用すると、Windows 10でも簡単にRAWをFAT32にフォーマットできますし、Windows 10/8/7のCleanコマンドエラーを修正することもできます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Partition Assistant Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。