By ゆき / 最後の更新 2021年02月24日

異形式のダイナミックディスクになってしまった事例

①PCを新たに構築し、古いPCで使っていたHDDを差し替えたら、ダイナミックボリューム(ダイナミックディスク)のHDDが正常に認識されませんでした。

②PCのメンテナンスのため、Windows7 OSの再インストールを行ったところ、起動したPCで「ダイナミックパーティション」として利用していたハードディスクが、ディスクマネージャ画面で「ダイナミック 異形式」と表示され、使用できなくなってしまいました。

③グループのファイル・サーバーとして利用しているWindows 2000 Professinalが起動しなくなりました。急ぎということもあり、データが格納されているハードディスクを外し、Windows XP Professionalマシンに付けました。しかし、[コンピュータの管理]の[ディスクの管理]を見ると、追加したハードディスクは[異形式]と表示され、ディスク上のデータにアクセスできません。

異形式のダイナミックディスク

なぜ、ダイナミックディスクの状態が異形式になったの?

既存のディスクグループを持つ他のコンピュータに、ダイナミックディスク形式のハードディスクを移動すると、移動したダイナミックディスクは「異形式」と表示され、アクセスできません。この問題はダイナミックパーティションとしてハードディスクを使用していたために発生し、以下のような特徴があります。

◎BIOS上ではハードディスクは正常に認識する

◎OS上では「マイコンピュータ」ウィンドウにハードディスクが表示されない

◎「コンピュータの管理」画面から「ディスクの管理」を実行すると、追加したハードディスクが「ダイナミック 異形式」と表示される

ハードディスクが異形式と表示され使用できない時の対処法

※形式の異なるディスクのインポート

異形式と表示されたディスクにアクセスするには、移動したHDDを移動先のマシンでインポートする必要があります。

★事前に注意しなくてはいけない点があります:
❶移動先のマシンのOSが、ダイナミックディスクをサポートしている必要があります。Windows 95/98/Me/NT 4.0/XP Home Editionではサポートされていません。Windowsで対応しているのは、Windows 2000/XP Professional、Windows Server 2003です。
❷移動するダイナミックディスクのハードディスクが、スパンボリューム、ストライプボリュームなど、マルチディスクボリュームの一部になっている場合、他のハードディスクも移動しないと、データにはアクセスできません。後から移動することも可能ですが、かなり煩雑です。できれば、同時に全ハードディスクを移動したほうが適切です。

手順 1. 「コンピュータの管理」画面から「ディスクの管理」を実行し、異形式となっているダイナミックディスクを右クリックし、メニューから「形式の異なるディスクのインポート」を選択します。

形式の異なるディスクのインポート

手順 2. 「形式の異なるディスクのインポート」画面でインポートするディスクグループを選択し、「OK」クリックします。

手順 3. 「形式の異なるディスクのボリューム」画面でボリュームの状態が「OK」と表示される(そのディスク上のデータにアクセスできるようになる)ことを確認し、「OK」クリックします。

これで「ディスク管理」画面にダイナミックディスクが正常に表示されるはずです。エクスプローラーからも、HDDは問題なく認識されています(認識されるまでに若干待ち時間があるようです)。書き込みと読み込みのテストを試して、問題がないことを確認します。

※ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換

上述のように、一部のWindows OSではダイナミックディスクに対応しません。こういう場合は、異形式と表示されたディスクにアクセスするために、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する必要があります。

上の右クリックメニューに「ベーシックディスクに変換する」というオプションが表示されますが、それを実行するとディスク内のデータが初期化され無くなるか、破損する恐れがあるので、事前にバックアップを作成しないと実行しないでください。次は、データを失うことなく、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する方法をご紹介しましょう。

強力なディスク管理ソフト | AOMEI PA Pro

√ベーシックディスクとダイナミックディスク間で簡単に変換
√Windows10/8.1/8/7/Vista/XP/2000(32&64ビット)に対応
√直感的で使いやすいインターフェースを備える
より多くのエディション »

無料体験 高速かつ快適
5千万人以上のユーザーに信頼される


手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロード、インストール、起動します。左側の「全てのツール」⇒「ダイナミックディスク変換器」をクリックします。

ダイナミックディスク変換器

手順 2. ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックします。

次へ

手順 3. 以下の画面のように、2つのオプションが利用可能です。ここでは、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換するために、方法1を選択します。

●方法1:データを失うことなく、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換します(3-10秒かかる)。
●方法2:ベーシックパーティションにダイナミックボリュームを変換します。セクター単位で、ベーシックディスクにシンプルボリューム、スパンボリューム、ストライプボリューム、ミラーボリューム、RAID-5ボリュームをクローンします。

方法を選択

手順 4. 変換したいダイナミックディスクを選択して「次へ」をクリックします。

変換するディスクを選択

手順 5. 「この操作を実行します」にチェックを入れて「続行」をクリックします。

実行

手順 6. 操作が完了したら、「OK」->「完了」をクリックしてベーシックディスクへの変換を終了します。

完了

変換動作を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。

サーバーの関連記事:https://www.diskpart.com/jp/dynamic-disk/move-dynamic-volume.html