By Asher / 最後の更新 2022年04月14日

ダイナミックディスクボリュームの概要

このパートでは、ダイナミックディスクとは何か、ダイナミックディスクの使用をサポートするオペレーティングシステム、およびダイナミックディスクボリュームに関する知識について説明します。

ダイナミックディスクとは?

Windowsオペレーティングシステムでは、ディスクをベーシックディスクまたはダイナミックディスクとして自由に選択できます。ほとんどの通常のユーザーはベーシックディスクを使用します。これは、特別な機能を備えていない通常のハードドライブです。

ヒント:もし、ベーシックディスクとダイナミックディスクに関する詳しい情報(例えば、ベーシックディスクとダイナミックディスクの違いはなんですか?どのように変換しますか?)を知りたい場合は、「ダイナミックディスクVSベーシックディスク:概念、違い、変換」という記事を参照してください。

もう1つのタイプのダイナミックディスクは、Windows 2000で導入されたディスクの管理機能です。このディスクにはダイナミックボリュームが含まれ、データの冗長性、フォールトトレランス、およびあるレベルの属性をサポートします。パーティションの容量を動的に切り替えたり、複数のディスクを1つのドライブとして扱えます。ダイナミックディスクは、次のオペレーティングシステムに適用できます。

▶Windows 2000のすべてのバージョン

▶Windows 2003のすべてのバージョン

▶Windows 2008のすべてのバージョン

▶Windows XP Professionalバージョン

▶Windows Vista Business、Ultimate、Enterpriseバージョン

▶Windows 7 Professional、Ultimate、Enterpriseバージョン

ダイナミックディスクボリュームについてのこと

ダイナミックディスクを使用すると、複数のディスクにまたがるスパンボリュームなどを実行できます(データボリュームのディスク容量が不足している場合に有効です)。また、また、ボリュームをストライプ化して複数のハードディスクにまたがるようにすることもできますが、ボリューム上のファイルはストライプセット内のディスクに分散されます。

ストライプボリュームは、すべてのファイルとデータが同時に複数のハードディスクから読み書きされるため、I/Oパフォーマンスを大幅に向上させることができます。たとえば、4台のハードディスクで構成されるストライプボリュームを作成する場合、ファイルの4分の1が各ディスクにあります。したがって、すべてのディスクに同時にアクセスするため、ファイルを4分の1の時間で読み取ることができるのです。

さらに、ダイナミックディスクはデータを保護するためのフォールトトレランスを提供します。フォールトトレランスメカニズムはミラーディスクと呼ばれます(2つのディスクで構成されている必要があります)。これは、すべてが同時に両方のディスクに書き込まれることを意味します。したがって、ディスクに障害が発生したり損傷したりした場合は、バックアップを使用して損傷したディスクを交換できます。

もう1つのフォールトトレラントボリュームはRAID-5です(パリティ付きのストライプボリュームで、少なくとも3つのディスクで構成されています)。ストライプボリュームとミラーボリュームの組み合わせであり、フォールトトレラントであるだけでなく、データの読み取りと書き込みの速度も向上できます。

ダイナミックディスクボリュームのサイズを変更する必要性

ベーシックディスクと同様に、ダイナミックディスクボリュームのサイズを変更する必要がある場合があります。たとえば、ほとんどのユーザーは、ディスクスペースが不足する問題を解決するために、ボリューム、特にシステムパーティションに空き領域を追加したいと考えています。ディスクスペースを最大限に活用するには、大きなボリュームまたは未使用のボリュームを減らして、小さなパーティションのために未割り当て領域を確保する必要があります。どちらの場合でも、それをどのように実行するかを知る必要があります。

ダイナミックディスクボリュームのサイズを変更する方法

ここでは、イナミックディスクボリュームのサイズを変更する二つの方法を説明します。

ディスクの管理でダイナミックディスクボリュームをリサイズ(制限がある)

Windows 11、10、8、7、またはWindows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016、2019、2022でダイナミックディスクボリュームを自由に縮小または拡張するには、まずWindowsの組み込みディスク管理ツールを使用することが考えられています。「Windows+R」を押し、実行ダイアログに「diskmgmt.msc」と入力して、ディスクの管理コンソールを起動できます。このコンソールを使用すると、現在のディスク構成を表示し、ベーシックディスクとダイナミックディスクを構成または管理できます。

ダイナミックディスクボリュームのサイズを変更するには、ダイナミックディスクボリュームを右クリックして、「ボリュームの拡張」または「ボリュームの縮小」を選択します。ただし、これら2つの機能は、ダイナミックシンプルボリュームとスパンボリュームでのみ利用可能です。ストライプボリューム、ミラーボリューム、RAIDアレイなど、他のタイプのダイナミックボリュームの場合、「ボリュームの削除」オプションのみを使用できます。次に、ダイナミックシンプルボリュームを拡張する方法を段階的に説明します。

手順 1. ダイナミックシンプルボリュームを右クリックして、「ボリュームの拡張」をクリックします。

ボリュームの拡張

手順 2. 次に、ボリュームの拡張ウィザードに入り、「次へ」をクリックします。

ボリュームの拡張ウィザード

手順 3. ここでは、シンプルボリュームに追加する空き領域が含まれているディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

ディスクを選択

手順 4. 「完了」をクリックして、ダイナミックディスクボリュームを拡張します。次に、シンプルボリュームが拡張されていることがわかります。  操作を完了します。

完了

ダイナミックディスクボリュームを縮小するには、「ボリュームの縮小」を選択し、指示に従います。

ボリュームの縮小

AOMEI Partition Assistant Serverでダイナミックディスクボリュームをリサイズ

ディスクの管理を使用すると、Windows 11、10、8、7、またはWindows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016、2019、2022でダイナミックディスクボリュームのサイズを無料で変更できます。ただし、シンプルボリュームとスパンボリュームでのみ機能します。そこで、ここでは、より強力なダイナミックディスクマネージャーであるAOMEI Partition Assistant Serverを紹介します。ディスクの管理と比較すると、以下の利点があります:

✍シンプルボリュームとスパンボリュームだけでなく、ストライプ、ミラー、およびRAID-5ボリュームを拡張および縮小できます。

✍Windows 2000/XP/2003のダイナミックシステム/ブートボリュームを拡張できます。

✍ボリュームを削除せずに、ダイナミックボリュームを含むダイナミックディスクをベーシックに直接変換できます。

✍ダイナミックボリュームをある場所から別のディスクに移動できます。

✍読み取り不可能または無効なダイナミックディスクを修復できます。

次の手順では、ミラーボリュームを拡張する方法について詳しく説明します(拡張するボリュームの隣に、隣接する未割り当てスペースが必要であることに注意してください)。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速
注意:誤った操作やその他の予期しない要因の事故からデータ損失を回避知るには、あなたはデータのバックアップを作成した方がいいと思います。AOMEI Backupperはバックアップすることはできます。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして起動し、左側のウィザードで「すべてのツール」>「ダイナミックディスク管理器」をクリックしてください。

「ダイナミックディスク管理器」

手順 2. リサイズしたいダイナミックディスクミラーボリュームを右クリックして、ドロップダウンメニューから「Resize/Move Volume」を選択します。

Resize/Move Volume

手順 3. ポップアップウィンドウで、左のスライダーを右にドラッグしてダイナミックディスクミラーボリュームを拡張します。そして「OK」をクリックします。

OK

手順 4. 上記のステップを完了すると、ミラーボリュームが拡張されたことがグラフィカルビューに表示されます。変更を保存するには、ツールバーの「Commit」をクリックする必要があります。

Commit

結論

ダイナミックシンプルボリュームとスパンボリュームのサイズを変更するだけの場合は、Windowsネイティブディスクの管理を使用できます。すべての種類のダイナミックディスクボリュームのサイズを制限なく変更する場合は、AOMEI Partition Assistant Serverが最適です。

また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~