ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月14日

多くのWindows2003やXPユーザーにとっては、Cドライブの空き容量が不足しているときに、システムボリュームを拡張することが確かに深刻な問題になります。それはWindows2003/ XPの内蔵の「ディスクの管理」ツールには「ボリュームの拡張」機能が存在していないのです。そのため、一部のユーザーは、Windowsの「ディスクの管理」ツールがシンプルボリュームを拡張することができるので、ベーシックディスクをダイナミックに変換します。しかし、これは本当に有用ですか?

ダイナミックディスクに変換した後、あなたは、Cドライブを拡張しようとすると、 「選択したボリュームは、システムまたはブートディスクであるか、以前のWindowsバージョンで作成されたボリュームであるため、それを拡張できません。」というエラーメッセージが表示されることがあります。

概要: Windowsに内蔵の「ディスクの管理」ツールを使用して、システム/ ブート/ストライプ/ミラー/ RAID-5ボリュームそれに以前のWindowsバージョンのダイナミックディスクで作成されたボリュームを拡張することができません。使用可能な空きディスク領域があれば、システムボリュームやブートボリュームではないシンプルまたはスパンボリュームを拡張することができます。

Windows内蔵のツールはダイナミックディスク上にはまだ制限があります。この場合では、あなたがベーシックディスクにダイナミックディスクを再変換して、システムパーティションまたはダイナミックシステムボリュームを直接に拡張するには、AOMEI Partition Assistant が必要です。このソフトウェアは、ベーシックディスクとダイナミックディスク両方をサポートしています。それで、ただ一つのツールで二つの方法を試すことができます。

ダイナミックディスクマネージャでダイナミックシステムボリュームを拡張する方法

次は、このソフトウェアを使用してダイナミックシステムボリュームを拡張する詳細手順です。

Partition Assistantを起動してその主なインターフェイスを取得します。以下のようです:

Main interface

Eパーティションを右クリックしてドロップダウンメニューで「Resize/Move」オプションを選択します。

新しいウィンドウで、右方向へ左側のスライダをドラッグして未割り当て領域を生成します。その後、「はい」をクリックします。

すると、CとDの間に未割り当て領域が表示されます。次に、Cパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ」オプションを選択します。

ダイアログボックスで、右方向へ右側のスライダをドラッグしてCドライブに未割り当て領域を追加します。その後、「はい」をクリックします。

ここまで、Cパーティションが拡張されました。次に、ツールバーの「適用」をクリックして操作をコミットします。