ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月06日

この記事では、「The disk is not empty」という仮想ディスクサービスエラーの発生理由およびその対応の修復方法をを紹介します。

仮想ディスクサービスエラー:「The disk is not empty」

ダイナミックディスクをベーシックディスクに変更しようとすると、ディスクが空ではないという仮想ディスクサービスエラーが発生します。だから、ベーシックディスクで作業を完了できるなら、ベーシックディスクをダイナミックディスクに変換しないほうがよいと思います。

通常、ベーシックディスクをダイナミックディスクに簡単に変換できます。ただし、元に戻すと、ダイナミックディスク上のすべてのデータが失われる危険性があります。ベーシックディスクに変換する前に、その上のパーティションを削除する必要があります。

仮想ディスクサービスエラー:ディスクが空ではありません

解決策:仮想ディスクサービスエラー:「The disk is not empty」

上記のように、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変更するには、パーティションを削除する必要があります。つまり、その上のデータが失われることになります。

以下の2つの方法があります。必要に応じて選んで仮想ディスクサービスエラーを修復しましょう~

1. データセキュリティを確保し、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変更

こんな場合、AOMEI Partition Assistant Pro版というパーティション管理ソフトでディスクの変換を簡単に実行できます。

2. パソコン内蔵ツール[ディスクの管理]でダイナミックディスクを変換

[ボリュームの削除]オプションを使用しパーティションを削除してから、Diskpartコマンドを使用して変換を完了することができます。

方法1 データ損失なしで仮想ディスクサービスエラーを修復

AOMEI Partition Assistant Pro版は、使いやすく強力なダイナミックディスクコンバーターと呼ばれる機能を提供します。データを失うことなくダイナミックディスクをベーシックディスクに変換したり、ダイナミックボリュームをベーシックパーティションに変換したりするのに役立ちま

では、下記を参照して、ディスクは空ではありませんという仮想ディスクサービスエラーを修正するための詳細な手順を学びましょう!

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、開きます。[もっと多くのツール]の下の[ダイナミックディスク変換器]をクリックします。

ダイナミックディスク変換器

※ 注意:AOMEI Partition Assistant Standard版をお持ちの場合は、まずPro版にアップグレードする必要があります。ここでまず体験版をダウンロードして試してみましょう。

ステップ 2. この画面で[次へ]をクリックして先に進みます。

ダイナミックディスク変換

ステップ 3. 一番目の方法:[ベーシックディスクにダイナミックディスクを変換]を選択します。[次へ]をクリックします。

ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換

ステップ 4. この画面では、すべてのダイナミックディスクが表示されています。変更したいダイナミックディスクを選択し、[次へ]をクリックする必要があります。プロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして確定します。

変更したいダイナミックディスクを選択

ステップ 5. 続行]をクリックして保留中の操作を開始し、最終結果を待ちます。プロセス中に、コンピュータは再起動されます。心配しないでください。

続行

サーバユーザや会社運営者向けバージョンもあります:

Windows Serverで使用可能なAOMEI Partition Assistant Server版です。ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版とTechnician版をお勧めします。AOMEI Partition Assistant Technician版は上記の機能以外、クライアントに有償技術サービスを提供できます。

各AOMEI Partition Assistant(PA)バージョンの比較

方法2 パソコン内蔵ツールで仮想ディスクサービスエラー:ディスクが空でないことを解決

内蔵ツールは、[ディスクの管理]やDiskpartです。この二つのツールを使用すると、ディスクパーティションについての問題をたくさん解決できます。

例えば、仮想ディスクサービスエラー:ディスクが空ではない、ボリュームサイズが大きすぎる、ファイルシステムに互換性がない、仮想ディスクサービスエラー:クリーンが許可されていないなど。

操作前、ディスクのバックアップを作成してください。そうしないと、データが失われる可能性があり、永遠に回復することはできません。

● 内蔵ツール1:[ディスクの管理]で[ボリュームの削除]を使用

ステップ 1. Winキー+Rキーを合わせて押して、「ファイル名を指定して実行」ボックスを開き、「diskmgmt.msc」と入力してEnterキーを押します。

ステップ 2. [ディスクの管理]で、変換したいダイナミックディスクを右クリックし、表示された画面で[ボリュームの削除]を選択し、未割り当て領域を作成します。

ステップ 3. まだそのディスクにはダイナミックが表示された場合、ディスクを右クリックして[ベーシックディスクに変換]を選択し、ディスクの名前はベーシックになります。

NOTE:ボリューム(パーティション)の削除操作は上記のソフトにより、簡単に実行することもできます。

● 内蔵ツール2:Diskpartでコマンドプロンプトを使用

ステップ 1. 「ファイル名を指定して実行」ボックスを開き、「cmd」と入力しEnterキーを押します。

ステップ 2. この画面で次のコマンドを入力し、各入力後にEnterキーを押してください。

● diskpart

● list disk

● select disk n (nはダイナミックディスクの番号です)

● list volume

● select volume m (mはダイナミックディスク上のボリュームの番号です)

● delete volume (これらの2つのコマンドを繰り返し実行してすべてのボリュームを削除します)

● select disk n

● convert basic

● exit

Diskpart

Diskpartコマンドを使用して、パーティションについての他の操作を実行する記事をお勧めします:

Windows 7 Diskpartの使い方とDiskpartの機能Diskpart.exeを使用してパーティションを拡張

結論

仮想ディスクサービスエラー: the disk is not emptということを修正するには、ディスクパーティション専門ソフトAOMEI Partition Assistant、ディスクの管理、またはDiskpartを利用することができます。どちらもいいと思いますが、自分にとって最も最適な1つを選んだほうがいいです。

AOMEI ダイナミックディスク変換器を使用すると、データを失うことなくダイナミックディスクをベーシックディスクに変換することができます。[ディスクの管理]とDiskpartはデータセキュリティを確保できないので、事前にディスクバックアップを作成してください。