最新の機能をお楽しみください

まだAOMEI Partition Assistantの古いバージョンを使用していますか?今、このソフトの最新版の機能を利用しましょう。

 

AOMEI Partition Assistantバージョン9.4.1の新機能

AOMEI Partition Assistant 9.4に基づいて、AOMEI Partition Assistant 9.4.1は以前のバグを完璧に修正しました。

追加された新機能:

  • NEW!Win11更新チェックツール」を追加:Windows 11へ更新するために、お使いのPCはWindows 11のシステム要件を満たすかチェックします。
  • ディスクデフラグ」を追加:ハードディスクパーティションを分析し、断片化されたデータをデフラグして、ディスクのパフォーマンスを最適化します。
  • ポータブル版を作成」を追加:AOMEI Partition Assistantをリムーバブルデバイスにインストールしたら、インストールせずターゲットパソコンで直接実行できます。ITメンテナンスとサポートエンジニアにとって便利です。
  • アプリ引っ越し」を追加:選択したドライブのアプリを別ドライブに移行することで空き容量を増やします。
  • ファイルを破壊」を追加:パソコンから不要なファイルとプライバシーデータを破壊して、復元できないようにします。
  • システム移行、システムパーティションクローンおよびシステムディスククローン実行中のエラーコード5およびコード11の問題を修正しました。
  • システム移行、システムパーティションクローンおよびシステムディスククローン実行後のシステム起動時の0xc00000eエラーの問題を修正しました。
  • システムパーティションを複数の小さなパーティションに分割した後、コンピューターが起動しないことを修正しました。
  • SSDセキュア消去の処理中に操作をキャンセルすると、プログラムが予期せずクラッシュすることを修正しました。
  • 「パーティションをリサイズ/移動」のインターフェイスにプログラムが異常に表示されることを修正しました。
  • 修正済み:ドライブ文字なしでパーティションを作成できないことを修正しました。
  • 追加:MacコンピューターでWindows ToGoを作成して、MacでWindowsを起動できることになります。
  • Win ToGo機能が最適化されました。
  • 最適化:Windows 10 1903をサポートできることになります。
  • 修正済み:Windows PEまたはネイティブ環境でOSを移行すると、エラーコード5が発生します。
  • 修正済み:フォーマットでexFATを他のファイルシステムに変更すると、エラーコード305が発生します。
  • 修正済み:登録後にインタフェースが更新されないためにプログラムがクラッシュします。
  • MBRとGPTの間でシステム・ディスクを変換します。
  • Windows To Go Creatorは取り外し可能なフラッシュドライブにWindows 8をインストールできます。

AOMEI Partition Assistantバージョン9.4.1のスクリーンショット

   
  • AOMEI Partition Assistantバージョン9.4.1のインターフェース
  • AOMEI Partition Assistantを使用してデータを損失することなくGPTディスクにMBRディスクを変換することができます。
  • AOMEI Partition Assistantを使用して、ブータブルCDを作成します。コンピューターが起動に失敗した場合、これによって、コンピューターを起動することができます。
  • 「SSDにOSを移行」機能を使用して、ソリッド・ステート・ドライブまたは従来のHDDに現在のオペレーティングシステムを移行することができます。
  • Windows To Go機能を使用して、ブータブルUSBドライブを作成することができます。そして、このUSBドライブからWindowsを起動することができます。

この機能を使用して、パーティションやハードディスクを簡単に管理できます:

注意:

AOMEI Partition Assistantの機能の詳細については、AOMEI Partition Assistantガイドをご覧下さい。