Byゆき / 最後の更新日時 2020年10月22日

MBRディスクと比べてGPTディスクは主に2つの利点があると思います。

比較項目GPTディスクMBRディスク
パーティションサイズ2.2TB以上2.2TB以下
パーティション数無制限4つのプライマリパーティション

そのため、2.2TB以上のパーティションサイズが必要である場合、GPTディスクを選択しなければなりません。GPTは新しいスタイルで、従来のMBRよりはるかに安定します。GPTの自己修正能力はMBRより強いです。今GPTは賢明な選択肢だと思います。

オペレーティングシステム データアクセス システムブート
Windows XP 32-bitGPTをサポートしませんGPTをサポートしません
Windows XP 64-bitGPTをサポートしますGPTをサポートしません
Windows Vista 32-bitGPTをサポートしますGPTをサポートしません
Windows Vista 64-bitGPTをサポートしますGPTをサポートします(UEFIが必要です)
Windows 7 32-bitGPTをサポートしますGPTをサポートしません
Windows 7 64-bitGPTをサポートしますGPTをサポートします(UEFIが必要です)
Windows 8 32-bitGPTをサポートしますGPTをサポートしません
Windows 8 64-bitGPTをサポートしますGPTをサポートします(UEFIが必要です)

現在、ほとんどのWindowsオペレーティングシステムはWindows 7、Windows 8またはWindows 10ですが、また一部の人々はWindows XPを使用しています。Windows XPを除いて、ほぼすべてのWindows 64bit版のOSは、EFI/UEFIモードでGPTディスクから起動することが可能です。

古いGPTディスク上のデータを丸ごと新しいディスクに転送したい場合は、GPTディスクのクローンを実行することができます。クローンはコピーの意味ですが、シンプルなコピーおよび貼り付けではありません。専門的なクローンソフトウェアに助力を頼む必要があります。

Ghostを使用したかもしれません。残念ながらそれはDOS環境だけで実行できます。ここではAOMEI Partition Assistant Standardという無料ディスククローンソフトウェアを強く推薦します。それはAOMEIによって開発され、Windows XP/Vista/7/8/8.1/10に対応します。GPTディスクをサポートするので、GPTディスクを簡単かつ安全にクローン/コピーすることができます。

次は、それはどのようにGPTディスクをクローンするか見てみましょう。まずは、このGPTディスククローンソフトをダウンロードし、インストールし、起動します。

※注:無料版はデータディスクのクローンまたはMBRからMBRへの起動ディスククローンだけをサポートします。GPTからGPTへ、GPTからMBRへまたはMBRからGPTへ起動ディスクをクローンする場合、アドバンスト版にアップグレードしてください。

手順 1. ディスク1を右クリックして「ディスククローン」を選択します。(※あるいは、左側のウィザードの「全てのツール」⇒「ディスククローンウィザード」をクリックします。)

ディスクのコピー

手順 2. そして、ここでは2つのコピー方法があります。方法1「ディスクの高速クローン」を例として選択しましょう。

方法を選択

手順 3. 次にはターゲットディスクを選択します。ここではディスク2をクローン先として選択しましょう。(※もしディスク2は未割り当て領域ではないなら、あるウィンドウがポップアップし、その内容を確認した後「はい」をクリックします。もしディスク2はSSDであるなら、「SSDの性能を最適化」にチェックを入れてください。)

ディスクを選択

手順 4. 次のページに進み、ターゲットディスク上のパーティションを編集できます。

ディスクを編集

手順 5. 注意事項を読んだ後「完了」をクリックして主な画面に戻ります。

注意を読む

手順 6. ディスク2は変更されたことを確認します。問題なければ「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。

適用

なぜ、これはGPTディスククローンを行うための簡単かつ安全な方法だと言いますか?AOMEI Partition Assistantを使用すると、時間を節約したり、データ損失を起こしません。現在、新しいバージョンは「Windows To Go Creator」という新しい機能を持っています。それはポータブルWindows 8/8.1/10を作成できることを意味します。興味があれば、是非お試してください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。