By Asher / 最後の更新 2021年11月05日

MBR?GPT?Windows Serverに適しているのはどれか?

ディスクを最初にマシンにインストールすると、Windows Serverのディスクの管理で「不明」としてマークされます。ディスクを使用するには、ディスクをMBRまたはGPT形式として初期化する必要があります。Windows Serverにどちらが適しているかを尋ねる場合があります。次の内容を読んで、MBRとGPTのどちらが良いかを決めることができるでしょう!

MBRは、Master Boot Recordの略語であり、ずっと前から使用されているディスクレイアウトです。GPT(GUID Partition Tableの略)は、より柔軟なハードディスクパーティション分割方法を提供する最新のディスクレイアウトです。GPTは最新の標準として、MBRに比べて多くの利点があります。例えば、GPTは2TBを超えるディスクをサポートでき、理論的には無制限の数のプライマリパーティションであり、パーティションのサイズに制限はありません。これらが、ほとんどのユーザーがWindows Server(2022、2019、2016、2012、2008など)オペレーティングシステムでMBRをGPTに変換することを選択する理由です。

重要:GPTはMBRよりも優れているため、ServerでGPTへの変換には制限があります。つまり、MBR形式のシステムディスクをGPTに変換する場合、コンピューターはUEF/EFIからの起動をサポートする必要があります。また、32ビットシステムはGPTディスクでは動作しないため、変換前にシステムを64ビットにアップグレードする必要があります。GPTディスクをサポートしていないServerで使用する場合、GPTディスクのデータにアクセスできなくなります。

データを失うことなくMBRをGPTに変換する方法

Windows Serverは、グラフィカルユーザーインターフェイスでMBR/GPTを変換するのに役立つサーバーマネージャーを提供します。「ディスクの管理」を使用すると、空きのディスクをGPTに数秒で変換できます。CMDのDiskpartも同様です。ディスクにパーティションまたはボリュームがある場合、「ディスクの管理」でそのディスクを右クリックすると、「GPTディスクに変換」がグレー表示されます。Windows serverでMBRおよびGPT変換中にディスク上のデータをそのまま保持する方法はありますか?幸いなことに、サーバーマネージャーは、削除する前にすべてをバックアップできるWindows Serverバックアップも提供します。以下の詳細な手順をご覧ください。

 Windows Server Managerでデータ損失なしでMBRをGPTに変換

Windows Server環境ではシステムパーティションを削除できない場合、Windows Server 2008ではMBR形式のデータディスクをGPTに変換することを例とします。データディスクをGPTに変換することは、主にディスク容量を最大限に活用することです。たとえば、4TB HDDがWindows Serverで動作しない場合です。

第一部分.Windows Serverバックアップでディスクボリュームをバックアップ

ボリュームをローカルディスクまたはリムーバブルデバイスにバックアップできます。USBフラッシュドライブや外付けハードディスクなどのリムーバブルデバイスにバックアップする場合は、事前にサーバーに接続してください。

ステップ 1. 「スタート」>「サーバーマネージャー」>「サーバーマネージャー」>「ツール」>「Windows Serverバックアップ」をクリックします。(検索ボックスに「windows server backup」と入力すると、このユーティリティにアクセスできます)。この機能を使用したことがない場合は、まずこの機能(Server Manger\Features)をインストールする必要があります。

ステップ 2. 右側のペインで、「バックアップ(1回限り)ウィザード」をクリックします。ウィザードに従って、バックアップ設定を完了します。

バックアップ一回限りウィザード

ステップ 3. バックアッププロセスが完了したら、「ディスクの管理」に移動して、既存のパーティションまたはボリュームを削除します。

ボリュームを削除

第二部分.Windows Server 2008(R2)でMBRをGPTに変換

ステップ 1. 「ディスクの管理」で、ディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換(V)」を選択します。

GPTディスクに変換

ステップ 2. 数秒で変換プロセスが完了します。もう一度ディスクを右クリックして確認できます。その機能が「MBRディスクに変換」に変更されます。つまり、「ディスクの管理」で空のディスクをMBRに変換することもできます。

ステップ 3. 未割り当て領域を右クリックして、「新しいシンプルボリューム」機能で新しいパーティションを作成して、バックアップされたデータを回復できるようになります。

新しいシンブルボリューム

第三部分3.Windows Serverバックアップでバックアップイメージを復元

メインインターフェイスで、作成したばかりのバックアップが表示されます。今回は「回復ウィザード」をクリックし、ウィザードに従ってファイルの回復を完了します。

回復ウィザード

上述のように、Windows環境ではCドライブを削除できないため、上記の方法はMBRとGPT間でシステムディスクを変換することには適用されません。サーバーインストールディスクまたはWindows回復環境がある場合は、サーバーシステムディスクのバックアップを作成し、GPTに変換した後、それを回復できます。

このプロセスでは、コマンドプロンプトでDiskpartを使用してディスクをMBRからGPTに変換する必要があります。Diskpartで次のコマンドを順番に入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

list disk

select disk n(「n」はGPTに変換したいMBRディスクの番号です。)

clean(MBRディスクにある全てのボリュームを削除します。)

convert gpt

diskpartでgptディスクに変換

AOMEI Partition Assistantでパーティションを削除せずにMBRをGPTに変換

上記の方法は確かに効果的ですが、多くの時間と労力もかかります。だから、プロの変換ツールであるAOMEI Partition Assistant Serverを使用することをお勧めします。このソフトを使用すると、データ損失なしで、システムディスクとデータディスク上のボリュームとパーティションを削除またはフォーマットせずに、Windows Server上のディスクをMBRとGPTの間で変換できます。このソフトウェアは、変換プロセスを最も簡単にします。ユーザーフレンドリーなインターフェースは、コンピューター初心者とエキスパートの両方に適しています。

次のセクションでは、Windows Server 2008、2012、2016、2019、または2022でボリュームを削除せずに、MBR形式のシステムディスクをGPTに変換する方法を示します。ただし、電源などの予期しない問題によるデータ損失を回避するために、事前にシステムをバックアップすることをお勧めします。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Serverをダウンロードして実行し、変換したいディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

Windows Server 2008でMBRをGPTに変換

ステップ 2. 変換を確認するための2つのダイアログが表示され、「はい」をクリックします。

GPTへの変換前の操作確認

確認

ステップ 3. 「適用」をクリックして、保留中の操作を実行します。

Server 2008でMBRディスクをGPTディスクに変換

★ヒント:
システムディスクを変換する場合、再起動が必要です。
GPTディスクから起動するには、レガシーをUEFIに変更する必要があります。
Windows Serverを起動してMBR/GPTを変換できない場合は、まずこのソフトウェアを使用して起動可能なメディアを作成し、そこからServerを起動して、Win PEモードでMBRをGPTに変換できます。

追加:簡単にWindows ServerでGPTをMBRに変換する方法

将来、Windows ServerでGPTをMBRディスクに変換する場合は、同じソフトウェアの同じ機能を使用できます。GPTディスクを右クリックすると、「MBRディスクに変換」を選択します。残りは上記の操作と同じです。

サーバー上でGPTをMBRディスクに変換

ヒント:変換されたディスクがシステムディスクの場合は、MBRに変換した後、UEFI/EFIをレガシーに変更する必要があります。

まとめ

AOMEI Partition Assistant Serverは、特にWindows Server OS用に作成された信頼性の高い、強力なパーティションツールです。そのため、Windows Server 2003(R2)/2012/2016/2019/2022でMBRとGPTをデータ損失なしで変換することができます。さらに、Windows Serverを新しいハードディスクに移動したり、MBRディスクをGPTにクローンしたり、GPTディスクをMBRにクローンしたり、データ損失ないでダイナミックディスクをベーシックディスクに変換したりすることもできます。

ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版とAOMEI Partition Assistant Technician版をお勧めします。AOMEI Partition Assistant Technician版は上記の機能以外、クライアントに有償技術サービスを提供します。上記のバージョンの違いを了解しましょう~