ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月07日

Windows Server OSでデータを失うことなくMBRとGPTを変換する最良の方法は何ですか?ここでServer 2003、2008 R2、2012 R2ユーザと一緒に、対処法を見つけましょう。

WindowsサーバでのMBR VS GPT

ディスクを最初にマシンにインストールすると、Windows Server[ディスクの管理]で「不明」としてマークされます。MBRまたはGPTタイプに初期化する必要があります。さて、どちらがサーバユーザにとっては良いですか?MBRとGPTの基本情報を分かってから、答えが来てきます。

MBRは、マスターブートレコードの略であり、ずっと前から使用されているディスクレイアウトです。

GPTは、GUIDパーティションテーブルの略であり、ハードディスクをパーティション分割するためにより柔軟な原則を提供します。GPTには、MBRと比較して明らかな利点があります。

詳細には、GPTは2TB以上のディスクサイズをサポートしています。無制限のパーティションをサポートします。パーティションのサイズに制限はありません。GPTディスク上のすべてのパーティションには同じパーティションを設定できます。

だから、Windows ServerでMBRをGPTに変換したいと思うユーザが多いです。

重要:GPTはMBRよりも優れているため、サーバでGPTへの変換には制限があります。つまり、MBR形式のシステムディスクをGPTに変換する場合、コンピューターはUEFI/EFIからの起動をサポートする必要があります。また、32ビットシステムはGPTディスクでは動作しません。

したがって、変換する前にシステムを64ビットにアップグレードしてください。逆に、GPTディスクをサポートできないサーバーでGPTをMBPディスク(HDD/SSD)に変換しないと、データにアクセスできません。

とにかく、パソコンのサポート種類、と我々の必要の応じて、MBRとGPTの間の変換を決めます。

Windows Server ManagerはMBR&GPTの変換には何の用がある?

Windows Serverは、グラフィカルユーザーインターフェイスでMBR/GPTを変換するのに役立つサーバーマネージャーを提供します。[ディスクの管理]を使用すると、空きのディスクをGPTに数秒で変換できます。CMDのDiskpartも同様です。

ディスクにパーティションまたはボリュームがある場合、[ディスクの管理]でそのディスクを右クリックすると、[GPTディスクに変換]がグレー表示され、[ダイナミックディスクに変換]オプションが表示されます。

Windows serverでMBRおよびGPT変換中にディスク上のデータをそのまま保持する方法はありますか?幸いなことに、サーバーマネージャーは、削除する前にすべてをバックアップできるWindows Serverバックアップも提供します。以下の詳細な手順をご覧ください。

Windows Server Managerを介してデータ損失なしでMBRをGPTに変換

Windows Server環境ではシステムパーティションを削除できない場合、Windows Server 2008ではMBR形式のデータディスクをGPTに変換することを例とします。

データディスクをGPTに変換することは、主にディスク容量を最大限に活用することです。たとえば、4TB HDDがWindows Serverで動作しない場合です。

1. Windows Serverバックアップを使用してディスクボリュームをバックアップ

ボリュームをローカルディスクまたはリムーバブルデバイスにバックアップできます。USBフラッシュドライブや外付けハードディスクなどのリムーバブルデバイスにバックアップする場合は、事前にサーバーに接続してください。

ステップ1:サーバーマネージャーを開き、[記憶域]→[Windows Serverバックアップ]に移動します(検索ボックスに「windows server backup」と入力すると、このユーティリティにアクセスできます)。この機能を使用したことがない場合は、まずこの機能(Server Manger\Features)をインストールする必要があります。

ステップ2:右側のペインで、[バックアップ一回限りウィザード]をクリックします。ウィザードに従って、バックアップ設定を完了します。

バックアップ一回限りウィザード

ステップ3:バックアッププロセスが完了したら、[ディスクの管理]に移動して、既存のパーティションまたはボリュームを削除します。

ボリュームを削除

2. Windows Server 2008(R2)でMBRをGPTに変換

ステップ1:[ディスクの管理]で、ディスクを右クリックし、[GPTディスクに変換(V)]を選択します。

GPTディスクに変換

ステップ2:数秒で変換プロセスが完了します。もう一度ディスクを右クリックして確認できます。その機能が[MBRディスクに変換]に変更されます。つまり、[ディスクの管理]で空のディスクをMBRに変換することもできます。

ステップ3:未割り当て領域を右クリックして、[新しいシンプルボリューム]機能で新しいパーティションを作成して、バックアップされたデータを回復できるようになります。

新しいシンブルボリューム

3. Windows Serverバックアップ経由でバックアップイメージを回復

メインインターフェイスで、作成したばかりのバックアップが表示されます。今回は[回復ウィザード]をクリックし、ウィザードに従ってファイルの回復を完了します。

回復ウィザード

上述のように、Windows環境ではCドライブを削除できないため、上記の方法はMBRとGPT間でシステムディスクを変換することには適用されません。

サーバーインストールディスクまたはWindows回復環境がある場合は、サーバーシステムディスクのバックアップを作成し、GPTに変換した後、それを回復できます。

このプロセスでは、コマンドプロンプトでDiskpartを使用してディスクをMBRからGPTに変換する必要があります。構文は次のとおりです:

list disk>select disk n>clean>convert gpt

diskpartでgptディスクに変換

うまく行けますが、多くの時間と労力もかかります。だから、プロの変換ツールであるAOMEI Partition Assistant Serverを使用することをお勧めします。

このソフトを使用すると、データ損失なしで、システムディスクとデータディスク上のボリュームとパーティションを削除またはフォーマットせずに、Windows Server上のディスクをMBRとGPTの間で変換できます。

このソフトウェアは、変換プロセスを最も簡単にします。ユーザーフレンドリーなインターフェースは、コンピューター初心者とエキスパートの両方に適しています。

何も削除せずにServer 2008(R2)でMBRとGPTを変換する方法

次の部分では、Server 2008でMBR形式のシステムディスクをGPTパーティションテーブルに変換します。

データを失うことなくWindows Server 2008でMBRをGPTに変換(蓝色背景条)

ステップ1:AOMEI Partition Assistant Serverをダウンロードして実行し、変換したいディスクを右クリックし、[GPTディスクに変換]を選択します。

Windows Server 2008でMBRをGPTに変換

ステップ2:変換を確認するための2つのダイアログが表示されます。

GPTへの変換前の操作確認

確認ステップ3:[適用]をクリックして、保留中の操作を実行します。

Server 2008でMBRディスクをGPTディスクに変換

ヒント:
◈ システムディスク関連の操作を実行する場合、再起動が必要となります。
◈ GPTディスクから起動するには、レガシーをUEFIに変更する必要があります。

サーバー上でGPTをMBRに簡単に変換

将来、Windows ServerでGPTをMBRディスクに変換する場合は、同じソフトウェアの同じ機能を使用できます。GPTディスクを右クリックすると、機能名が[MBRディスクに変換]に変更されます。残りは上記の操作と同じです。

サーバー上でGPTをMBRディスクに変換

ヒント:MBRに変換した後、選択したディスクがシステムディスクの場合、UEFI/EFIをレガシーに変更する必要があります。

評決

AOMEI Partition Assistant Serverは、特にWindows Server OS用に作成された信頼性の高い、強力なパーティションツールです。そのため、Windows Server 2012/2003(R2)/2016でMBRとGPTをデータ損失なしで変換することができます。

  • ITサービスプロバイダーや企業であ る場合、台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版とTechnician版を お勧めする。

  • AOMEI Partition Assistant Technician版は上記の機能以外、クライアントに有償技術サービスを提供する。

  • 上記のバージョンの違いを了解しましょう~