ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年09月05日

MBRとGPTについて

MBRもGPTもパーティションのスタイルです。MBRディスクは4つのプライマリパーティションと2TBのパーティションのみをサポートできます。より多くのパーティションを作成する必要がある場合は、4番目のパーティションを拡張パーティションとして設定し、より多くのパーティションまたは論理ドライブを作成することができます。ただし、GPTにはパーティションを定義するための特別な識別子(GUID)があります。GPTを使用すると、ハードディスクに無制限のパーティションを作成できます。これでディスクスペースを充分に活用するのに役立ちます。

SSDをMBRからGPTに変換する理由

MBRディスクは最大2TBのパーティション、4つのプライマリパーティションのみをサポートします。4TBのMBRパーティションを持っていても、2TBしか使用できません。残したサイズは読み込みできないし、表示できません。一方で、GPTディスクにはパーティションサイズの制限はありません。そしてGPTディスク上のパーティションはディスクの最後に保存されている内蔵バックアップがあります。元のパーティションはディスクの最初に保存されています。その中の一つが破壊されたら、残した一つで復元することができます。そしてGPTでは、パーティションの数に制限はありません。上述のメリットに基づいて、ほとんどのユーザーはSSDをMBRからGPTに変換することにします。

AOMEI Partition AssistantによってSSD をMBRからGPTに変換する

AOMEI Partition Assistant proは強力なパーティション管理ソフトウェアです。 このソフトウェアによって、MBRからGPTへ変換することは簡単になります。また、[パーティションをリサイズ]、[パーティションをマージ]、[空き領域を割り当てる]、[windows to go creator]などのユーザーの仕事に広く使用できる機能がたくさんあります。

以下はMBRをGPTに変換する方法の詳細を示しています。

する前に:

システムディスクをMBRからGPTに変換する場合は、マザーボードがUEFIをサポートしていることを確認してください。

ステップ1: AOMEI Partition Assistant proをウンロードし、インストールし、起動します。変換したいSSD MBRディスクを選択し、右クリックします。次に、[GPTディスクに変換]を選択します。

GPTディスクへ変換

ステップ2:[はい]をクリックします。

MBRとGPTの変換を確認

ステップ3:変更を保存するには、ツールバーの[適用]ボタンをクリックします。

MBRとGPTの変換を実行

Windowsの内蔵ツール[ディスクの管理]は、MBRをGPTに変換するのに役立つことを誰も知っています。ただし、ディスクにパーティションがある場合に、このツールを使用してMBRをGPTに変換すると、すべてのデータを削除してから変換する必要があります。それはあなたにとって不便です。だから、AOMEI Partition Assistantが最もいい選択だと思います。